- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラーが今季初の決勝進出◇エストリル・オープン

エストリル・オープン男子部門(ポルトガル、賞金総額58万5千ドル、クレー)は、土曜日に準決勝を行い、世界1位で第1シードのR・フェデラー(スイス)がノーシードから勝ち上がったD・グレメルマイヤー(ドイツ)を、苦しみながらも2-6, 7-5, 6-1の逆転で下し、今季初の決勝進出を決めた。

フェデラーがこれだけの期間、決勝進出がなかったのは、2000年以来のこと。フェデラーは年初に単核症を患い、調子を落としていた。

試合後フェデラーは「彼(グレメルマイヤー)は素晴らしい試合をしていた。」と、敗者の健闘を称えた。

フェデラーは日曜日の決勝で第2シードのN・ダビデンコ(ロシア)と顔を合わせる。現在世界4位のダビデンコは、準決勝で、ノーシードのF・セラ(フランス)を6-2, 6-2で圧倒した。

26歳のフェデラーは今大会前に出場した4大会のうち、2大会でベスト4入りを果たしていたが、ドバイの大会ではA・マレー(英国)に1回戦負けを喫し、インディアンウェルズの大会では当時世界ランク98位のM・フィッシュ(アメリカ)に敗れるなど、番狂わせを起こされてきた。

一方、フェデラーと同じく26歳のダビデンコは、現在11連勝中と絶好調で、先月のマイアミの大会では世界6位のA・ロディック(アメリカ)、同2位のR・ナダル(スペイン)を撃破して優勝している。

両者の対戦はこれまで11度あり、フェデラーが全勝している。

日曜日は、フェデラーが今季初優勝し、ツアー54勝目を達成するのか、それともダビデンコがフェデラーから初勝利を挙げることができるのか。決勝に注目が集まる。

今大会の優勝賞金は5万9千100ユーロでおよそ9万4千ドル。

(2008年4月20日11時18分)
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!