- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ロディックが3度目の優勝を狙う◇SAPオープン

(アメリカ、カリフォルニア州サンホセ)

先週末行われたデビスカップ1回戦で、チェコ共和国を下してアメリカの準々決勝進出の立役者となったA・ロディック(アメリカ)が、SAPオープン(賞金総額41万6千ドル)にトップシードで出場し、同大会3度目の優勝を狙う。

チェコとの対戦では、ロディックはシングルス2試合に出場しT・ベルディフ(チェコ共和国)とI・ミナールに勝利する活躍を見せて、アメリカが4勝1敗でクレーコート戦を制す原動力となった。ロディックはこの大会では2004年、2005年に連覇を達成しているが、昨年は準決勝での新鋭A・マレー(英国)に敗れた。今年はF・ダンチェビッチ(カナダ)との1回戦が火曜日に予定されている。また、そのデビスカップでアメリカが唯一喫した黒星が、J・ブレーク(アメリカ)が敗れたベルディフ戦だった。そのブレークは今大会に第2シードで出場し、I・クニツィン(ロシア)と1回戦を行う。

第3シードは昨年同大会でツアー初優勝を飾ったマレー。昨年はロディックを準決勝で下した後、決勝でL・ヒューイット(オーストラリア)を倒し、堂々の優勝を飾った。現在19歳のマレーは、年明けのドーハで準優勝をおさめたものの、全豪オープン4回戦でR・ナダル(スペイン)にフルセットで敗れた際に足を痛めてしまい、その後に予定していたザグレブの大会を欠場することに。今大会は約3週間ぶりの試合となる。現在ランキング13位のマレーは、K・キム(アメリカ)と1回戦を戦う。「僕はまだトップ10にはたどり着いていない。そこに行くには、あと数試合はトップ選手からの勝利が必要なんだ。その後トップ10にい続けるには、年間を通しての安定感が必要になる。」と語り、マレーは今後の課題を認識している様子。

第4シードは、デビスカップでチリを3勝2敗で下したロシアのエース、M・サフィン(ロシア)で、2004年準優勝のM・フィッシュ(アメリカ)が第5シードと続く。月曜日の1回戦にシード選手の出場予定はない。

(2007年2月13日10時06分)
その他のニュース

1月20日

ナダル 12年ぶり出場「楽しみ」 (16時00分)

ヨネックス 新シューズ発売 (14時34分)

ティアフォー コロナ影響語る (13時22分)

大会への不満動画流出を釈明 (11時04分)

メド 昨季序盤の不調理由明かす (9時12分)

大坂 THのアンバサダー就任 (7時26分)

1月19日

アザレンカ 選手に向け声明 (18時17分)

故マラドーナ氏の教え明かす (16時36分)

躍進後の変化「慣れるしか」 (15時05分)

全豪欠場へ「5セットは危険」 (13時55分)

内山「72時間缶詰め」から外出 (11時48分)

父の母国へ支援「基本のこと」 (9時24分)

錦織、隔離措置の現状を報告 (7時52分)

1月18日

YouTube 内山70時間以上も缶詰め状態 (21時46分)

ナダル 歴代初の800週を更新 (16時30分)

錦織41位、西岡56位キープ (15時41分)

フェデラーの会社と契約解消へ (14時38分)

大坂3位 サバレンカ自己最高位へ (13時46分)

錦織41位 18日付世界ランク (12時00分)

ジョコ 全豪OP強さの秘訣とは (11時00分)

全豪OP 完全隔離選手が72名に (10時06分)

ダニエル太郎 搭乗者陽性で隔離 (8時12分)

1月17日

ナダルとの練習は「厳しい」 (15時57分)

便の同乗者が感染者に「不運」 (15時56分)

世界7位コーチが豪で感染確認 (14時09分)

ビッグ3 対トップ10勝率で独占 (13時04分)

ダニエル太郎 豪に到着を報告 (11時43分)

西岡良仁 豪の検査陰性を報告 (10時51分)

全豪OPの対応に不満明かす (9時55分)

全豪OP またも陽性者が発覚 (9時41分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!