- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マッケンローがツアー復帰戦で優勝◇SAPオープン

(アメリカ、カリフォルニア州サンノゼ)

テニス史上最高の選手の1人といわれるJ・マッケンロー(アメリカ)がツアー復帰戦で見事優勝を飾った。47歳のマッケンローは、J・ビョークマン(スウェーデン)と組んで出場したSAPオープンの決勝で、P・ゴールドスタイン(アメリカ)/J・トーマス組を7-6(2), 4-6, 10-7で下し、自身72個目となるダブルスタイトルを獲得した。

実に1994年以来となるツアー大会出場を果たしたマッケンローだが、元世界ナンバーワンのラケットさばきは健在で、初戦から巧みな技で対戦相手を翻弄する。頭に白髪が増え、多少動きが遅くなったとはいえ、7度のグランドスラム優勝を誇る猛者は若手の前に大きく立ちはだかった。「最初はどうなることかと心配だったけれど、初日に良い感触を得てからは(優勝の)チャンスもあると思っていたよ。ダブルでの成功の秘訣は、良いチームワークを発揮できるパートナーを見つけることだね。今回はそれが上手く行ったよ。(ビョークマンとは)互いを奮い立たせてベストなプレーをすることができたよ。」

勝利インタビューでマッケンローは、「今日の対戦ペアは第1シードと第3シードを倒してきていたけれど、僕らも第2シードと第4シードのペアを倒してきた。だから大接戦になることは試合前から予想していたのさ。最終セットはタイブレイクになったけれど、最後は勝つべきチームが勝ったという感じだね。」と、語っていた。

またパートナーのビョークマンは、「(優勝という結果に)驚いていないよ。彼(マッケンロー)は頭を使った賢いプレーをするんだ。僕が感動したのは、彼が若手のパワーテニスを完璧にいなしていたことさ。普通に考えれば優勝するのはとても難しいことなんだけれど、今大会で僕らは素晴らしいテニスをしていた。」と語り、マッケンローのプレーに感嘆していた。

マッケンローは今年、テレビ解説やシニアツアーへの参戦など多忙なスケジュールを組んでおり、次のATPツアーへの参加は現段階では考えていないという。「もしかしたら、アメリカの若手と組んで出るかもしれない。これからのことはシニアツアーに参加しながら考えるとするさ。」とコメントするにとどまっている。

(2006年2月20日21時18分)
その他のニュース

7月19日

地元V狙うブザルネスク8強 (23時25分)

テニスが変わるレッスンとは (19時07分)

ジョコ時代終焉払拭の復活V (15時45分)

チェッキナートは辛勝で8強 (14時00分)

ジョコ復活記念キャンペーン (12時30分)

839位マレー 次戦はシティOP (11時43分)

シード勢 早期敗退が相次ぐ (10時52分)

7月18日

シュワルツマン 初戦敗退 (22時22分)

東レ2018にトップ10から3選手 (19時48分)

連覇狙うフェレール 初戦突破 (19時32分)

全米OP 賞金総額59億円に (18時34分)

錦織 チャンとエキシビション出場 (17時51分)

NextGen最終戦ランキング (16時05分)

ベルダスコ 3年連続の2回戦へ (14時00分)

最終戦ランク 錦織トップ10へ (11時01分)

アンダーソン 自己最高位更新 (10時01分)

7月17日

メイヤー 2年連続初戦敗退 (19時11分)

土居美咲 ホノルル複でV (18時34分)

藤原里華、複でブシャール撃破 (17時28分)

ダニエル 逆転で敗れ初戦敗退 (16時21分)

守屋宏紀 CH初戦突破ならず (14時00分)

セリーナ 153位のランクアップ (11時00分)

大坂18位 日本勢世界ランク (10時00分)

7月16日

日比野菜緒 ホノルルでV (19時35分)

錦織20位 日本勢世界ランク (17時02分)

ジョコ TOP10返り咲き (15時32分)

Vジョコ「長い道のりだった」 (14時03分)

錦織 世界ランク20位へ浮上 (12時01分)

ルール改定の話し合い求む (11時08分)

ペヤ/メリチャー組が初優勝 (10時28分)

上地 ウィンブルドン複5連覇 (9時52分)

ジョコ 3年ぶりに芝食べる (7時22分)

ジョコ 苦しい時期乗り越えV (2時10分)

ジョコ 3年ぶり4度目V (0時30分)

【1ポイント速報】ジョコvsアンダーソン (0時29分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!