国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレーのペア 物議の棄権も「自分を優先」

ラドゥカヌ、マレー
(左から)ラドゥカヌとマレー
画像提供: ゲッティイメージズ
女子テニスで世界ランク135位のE・ラドゥカヌ(イギリス)は現地7日(日本時間8日)、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)の会見に登場。A・マレー(イギリス)とのペアで出場予定であった同大会の混合ダブルスを棄権したことについて「自分自身、シングルス、そして自分の体を優先しなければならなかった。正しい決断だったと思う」と述べた。

>>【動画】マレー涙、最後のウィンブルドンで大歓声に包まれる<<

>>【動画】フェデラーら出演、マレーへ感動のビデオ<<

2021年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)女王である21歳のラドゥカヌは今大会、シングルスで3年ぶり2度目のベスト16に進出を果たした。

しかし、6日に出場予定であったマレーとの混合ダブルス1回戦はラドゥカヌが右手首の不調を訴え棄権した。

37歳で男子の元世界ランク1位であるマレーは今季での引退を表明しており、今大会が最後のウィンブルドンであると発言してきた。シングルスは欠場したものの、4日には男子ダブルスに兄のJ・マレー(イギリス)と出場。初戦敗退となったが、試合後にはセレモニーが行われた。

そして、最後はラドゥカヌとのペアで混合ダブルスに出場し母国のファンに別れを告げる予定であったマレーだったが、ラドゥカヌの棄権により出場は叶わず、思わぬ形でマレーの最後のウィンブルドンは終了した。

この棄権に対しては、自身の身体を優先することは当然だとラドゥカヌを擁護する声もある一方で、同大会で2度の優勝経験がある母国の英雄マレーの最後のウィンブルドンでの試合であっただけに批判の声もあがり、物議を醸した。

そんな中、ラドゥカヌは7日に行われた女子シングルス4回戦に出場。しかし、予選勝者で世界ランク123位のL・サン(ニュージーランド)に2-6, 7-5, 2-6のフルセットで敗れた。

試合後の会見でラドゥカヌは混合ダブルスの棄権について言及した。

「(混合ダブルスの棄権は)間違っていたとは思わない。体調は良かったけれど、朝起きたら体が硬くなっていた。自分自身、シングルス、そして自分の体を優先しなければならなかった。正しい決断だったと思う。その決断は変わらない。(マレーとの混合ダブルスは)ずっとやりたかったことなので、難しい決断だった」

「もちろん、彼から最後の試合を奪いたくはなかった。しかし、同じような状況に置かれた多くの選手が、自分の体を優先して同じことをしたと思う。私は今も正しい決断をしたと思っている」

「当然、彼は最後の試合なのでがっかりしていた。でも、彼は素晴らしいチャンピオン。彼がオリンピックに出場して、そこでもう一度別れを告げられることを願っている」

ラドゥカヌが述べたように、マレーは今後、27日に開幕するパリオリンピック(フランス/パリ、レッドクレー)に出場を予定している。

[PR]ウィンブルドンテニス
7/15(月・祝)までWOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンドでは日本人選手の全試合をライブ配信予定!


■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ニューエラ】最新テニスキャップ・Tシャツ
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・錦織 圭 パリ五輪前哨戦に出場へ
・ジョコ「テニスは絶滅の危機」
・波紋 ウクライナ選手が元露選手と握手拒否

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年7月8日20時37分)

その他のニュース

7月18日

ズベレフ「かなり痛みを感じてた」 (15時57分)

ノアがデ杯日本代表スポンサーに (14時43分)

錦織圭 五輪に向けパリへ出発 (13時13分)

前週準Vの島袋将、完勝で初戦突破 (9時42分)

世界121位が世界8位撃破の金星 (8時53分)

ナダル/ルード組、接戦制し4強 (7時55分)

7月17日

選手を誹謗中傷から守るAI導入へ (15時39分)

39歳ワウリンカ 初戦敗退 (14時05分)

野口莉央、予選から3連勝で初戦突破 (12時22分)

世界102位の大坂、全米OP本戦漏れ (11時15分)

全米OP 錦織は主催者推薦でのみ出場可能に (10時27分)

昨年王者撃破で‘18年王者が初戦突破 (10時02分)

望月 第7シードに屈し初戦敗退 (8時20分)

ナダル「成功を祈る」ボルグ息子へ (7時25分)

ナダル、ボルグに完勝で初戦突破 (0時50分)

【1ポイント速報】ナダルvsボルグ (0時00分)

7月16日

ダニエル太郎 激闘の末に初戦敗退 (22時44分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsスカトフ (19時00分)

西岡良仁86位浮上、日本勢トップに (18時43分)

四大大会2大会連続準Vで初トップ5へ (17時50分)

「ラファの誘いに答えるのは簡単」 (16時49分)

「マイシン」日本リーグから撤退 (15時32分)

全チームに賞金!テニス365団体戦開催 (14時51分)

アルカラスはBIG3にないオーラがある (12時34分)

小国から史上初の世界1位が誕生 (11時18分)

”サーブロボット” 2年ぶりツアー白星 (9時13分)

ナダル狂騒曲 月曜昼に異例の超満員 (8時11分)

7月15日

ナダル 2連覇アルカラスを祝福 (18時44分)

島袋将「先に繋がる良い1週間」 (17時36分)

四大大会で若手が台頭「良いこと」 (16時35分)

シナー1位 ジョコとアルカラス続く (13時04分)

大坂なおみ102位へ トップ100目前 (12時27分)

「ジョコは今でもスーパーマン」 (11時40分)

四大大会4度目V「勝ち続けたい」 (10時52分)

島袋将 第3シードに惜敗し準優勝 (8時30分)

ジョコ 偉業逃すも「最後ではない」 (7時20分)

BIG3以上の早さで四大大会4勝目 (6時39分)

小田/三木ペア 5大会連続準V (5時47分)

ウィンブルドン混合V「信じられない」 (4時52分)

準Vジョコ「彼が勝者にふさわしい」 (2時23分)

アルカラスV 史上6人目の快挙達成 (1時27分)

アルカラスがウィンブルドン2連覇 (0時39分)

【動画】ナダルとルードが圧倒!ダブルス1回戦のハイライト! (0時00分)

【動画】ナダルに熱狂!異例の客入りとなった満員の観客席! (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!