国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコ「テニスは絶滅の危機」

ノヴァーク・ジョコビッチ
ジョコビッチ
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は6日、男子シングルス3回戦が行われ、第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が世界ランク47位のA・ポピリン(オーストラリア)を4-6, 6-3, 6-4, 7-6 (7-3)の逆転で破り、4年連続16度目のベスト16進出を果たした。試合後の会見でジョコビッチはテニスクラブは絶滅の危機に瀕していると明かし警鐘を鳴らした。

>>シナー、ジョコビッチら ウィンブルドン組合せ<<

>>ガウフ、ルバキナら ウィンブルドン組合せ<<

37歳のジョコビッチは先月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で右ひざを負傷し準々決勝を前に棄権すると、その後手術を敢行。

ウィンブルドン出場は危ぶまれていたが参戦を決め、1回戦で世界ランク123位のV・コプリバ(チェコ)、2回戦ではワイルドカード(主催者推薦)で出場した世界ランク277位のJ・ファーンリー(イギリス)を下し3回戦進出を決めた。

この日、ジョコビッチは53本、ポピリンは52本のウィナーを記録し大きな差は付かず。しかし、アンフォーストエラーを31本の犯したポピリンに対し18本に抑えたジョコビッチは先行こそ許したものの、その後の3セットを連取し3時間5分で勝利した。

試合後の会見でジョコビッチは、テニスクラブが絶滅の危機に瀕していると明かし次のようにコメントした。

「僕たちのスポーツの革新という点でグランドスラム以外では若い観客を引き付ける方法を考え出さなければならない。テニスは好調だが、例えばF1を見て、マーケティング、スポーツの成長、世界中のレースとその人気度に関して何をしてきたかを考えると、僕らもそれぞれのツアーでもっと頑張る必要があると思う。グランドスラムは常に好成績を収めるだろう。だが、ツアー大会はもっと頑張る必要があると思う。テニスには歴史があり、世界的なスポーツであることは幸運だ」

「PTPA(プロテニス選手協会)が3、4年前に実施した調査によるとテニスはクリケットと並んで世界で3、4番目に視聴率の高いスポーツであることが示された。1位はサッカーで2位はバスケットボール。その次がテニスとクリケットだ。しかし、テニスは人気を利用したり、商業化したり、利益を得るという点では全てのスポーツの中で9位か10位だ。成長の余地は大きいと思う」

「僕たちはスポーツとしてかなり小数派だ。共同で検討し、改善しようとすべきことはたくさんある。このスポーツで生計を立てている選手の数を増やす必要があるね。この地球上でこのスポーツで生計を立てている選手が、男女のシングルスとダブルス合わせて350人~400人しかいないという事実について、皆さんがメディアで書いているのをめったに見ない。それは僕にとってとても気になることだ」

「確かに、グランドスラム優勝者についてはあれこれ話はする。それには常に焦点が当てられているが、ベースレベルはどうだろうか。僕たちはまだその点で非常にお粗末な仕事をしている。テニスは非常にグローバルなスポーツで、ラケットを手に取りプレーしたい何百万人もの子供たちに愛されているが、身近なものではない。それほど低価格でできるものではない」

「特に僕の国のように強力な連盟がなく、グランドスラムや歴史、大きな予算がない国ではそうだ。だから、僕たちは全員が協力し、テニスとは何なのか...その基礎となるような、新しい土台を作らなければならないと思う。クラブレベルでね。今、パデルが成長し、台頭している。人々はそれを楽しんでいる一方で“テニスはテニスだ。テニスはすべてのラケットスポーツの王だ”と言う。それは本当だと思う。でも、クラブレベルで、テニスは絶滅の危機に瀕している」

「もし、僕たちが何かをしなければ、テニスクラブが全てパデルやピックルボールに変わってしまうだろう。なぜなら、その方が経済的だからね。テニスコートが1つあれば、その場所にパデルコートを3つ作ることができる。テニスクラブのオーナーにとっては、そちらの方が経済的にずっと良い。これらは僕が共有したいと思っていたことの一部。僕たちはこれらすべての課題と問題に取り組む必要がある。それらはしばらく前から存在しているからね。僕たちは適切な方法で対処してこなかったと思う」

なお、勝利したジョコビッチは4回戦、第15シードで世界ランク15位のH・ルーネ(デンマーク)と対戦する。ルーネは3回戦で同220位のQ・アリス(フランス)を1-6, 6-7 (4-7), 6-4, 7-6 (7-4), 6-1の逆転で下しての勝ち上がり。

同日には第4シードのA・ズベレフ(ドイツ)、第5シードのD・メドベージェフ、第14シードのB・シェルトン(アメリカ)らが16強に駒を進めた。

[PR]ウィンブルドンテニス
7/15(月・祝)までWOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンドでは日本人選手の全試合をライブ配信予定!


■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ディアドラ】この夏「必ず」手に入れたいアイテム登場!
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・マレー 思わぬ形でウィンブルドン終了
・フェデラー観戦の試合に勝利し16強
・最後のウィンブルドンでシード撃破

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年7月7日10時12分)

その他のニュース

7月18日

ズベレフ「かなり痛み感じてた」 (15時57分)

ノアがデ杯日本代表スポンサーに (14時43分)

錦織圭 五輪に向けパリへ出発 (13時13分)

前週準Vの島袋将、完勝で初戦突破 (9時42分)

世界121位が世界8位撃破の金星 (8時53分)

ナダル/ルード組、接戦制し4強 (7時55分)

7月17日

選手を誹謗中傷から守るAI導入へ (15時39分)

39歳ワウリンカ 初戦敗退 (14時05分)

野口莉央、予選から3連勝で初戦突破 (12時22分)

世界102位の大坂、全米OP本戦漏れ (11時15分)

全米OP 錦織は主催者推薦でのみ出場可能に (10時27分)

昨年王者撃破で‘18年王者が初戦突破 (10時02分)

望月 第7シードに屈し初戦敗退 (8時20分)

ナダル「成功を祈る」ボルグ息子へ (7時25分)

ナダル、ボルグに完勝で初戦突破 (0時50分)

【1ポイント速報】ナダルvsボルグ (0時00分)

7月16日

ダニエル太郎 激闘の末に初戦敗退 (22時44分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsスカトフ (19時00分)

西岡良仁86位浮上、日本勢トップに (18時43分)

四大大会2大会連続準Vで初トップ5へ (17時50分)

「ラファの誘いに答えるのは簡単」 (16時49分)

「マイシン」日本リーグから撤退 (15時32分)

全チームに賞金!テニス365団体戦開催 (14時51分)

アルカラスはBIG3にないオーラがある (12時34分)

小国から史上初の世界1位が誕生 (11時18分)

”サーブロボット” 2年ぶりツアー白星 (9時13分)

ナダル狂騒曲 月曜昼に異例の超満員 (8時11分)

7月15日

ナダル 2連覇アルカラスを祝福 (18時44分)

島袋将「先に繋がる良い1週間」 (17時36分)

四大大会で若手が台頭「良いこと」 (16時35分)

シナー1位 ジョコとアルカラス続く (13時04分)

大坂なおみ102位へ トップ100目前 (12時27分)

「ジョコは今でもスーパーマン」 (11時40分)

四大大会4度目V「勝ち続けたい」 (10時52分)

島袋将 第3シードに惜敗し準優勝 (8時30分)

ジョコ 偉業逃すも「最後ではない」 (7時20分)

BIG3以上の早さで四大大会4勝目 (6時39分)

小田/三木ペア 5大会連続準V (5時47分)

ウィンブルドン混合V「信じられない」 (4時52分)

準Vジョコ「彼が勝者にふさわしい」 (2時23分)

アルカラスV 史上6人目の快挙達成 (1時27分)

アルカラスがウィンブルドン2連覇 (0時39分)

【動画】ナダルとルードが圧倒!ダブルス1回戦のハイライト! (0時00分)

【動画】ナダルに熱狂!異例の客入りとなった満員の観客席! (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!