国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

綿貫陽介 日本史上4人目の金王手

綿貫陽介
決勝進出を果たした綿貫陽介
画像提供: ゲッティイメージズ
第19回アジア競技大会のテニス部門は28日に男子シングルス準決勝が行われ、第2シードの綿貫陽介が第7シードのホン・ソンチャン(韓国)を6-2, 6-1のストレートで破り決勝進出を果たすとともに銀メダル以上を確定させ、同種目での日本人男子選手史上4人目となる金メダル獲得に王手をかけた。

>>綿貫陽介 アジア大会 決勝 1ポイント速報<<

25歳で世界ランク77位の綿貫は今大会に第2シードとして出場。シード勢は1回戦免除のため初戦となった2回戦でM・アルファラシ(カタール)、3回戦で第16シードのR・ラマナサン(インド)、準々決勝で第9シードのD・イェフセエフ(カザフスタン)を下し、準決勝進出を果たした。

迎えた準決勝の第1セット、綿貫は第1ゲームでいきなりブレークを奪うと、第5ゲームでもブレークに成功。自身のサービスゲームは全てキープし、先行する。

続く第2セット、勢いに乗る綿貫は第1ゲームから一気に4ゲーム連取を果たすと、このリードを最後まで守り切り決勝進出を決め、銀メダル以上を確定させた。

綿貫は決勝で、第1シードのジャン・ジジェン(中国)と第13シードのK・スルタノフ(ウズベキスタン)の勝者と対戦する。

同大会の男子シングルスで金メダル獲得となれば1966年の石黒修、1974年の坂井利郎、2014年の西岡良仁 以来となる日本人男子選手史上4人目の快挙となる。

なお、今大会の同種目優勝者には2024年のパリオリンピック出場資格が与えられる。

[PR]9/28(木)本大会で引退表明している土居 美咲が世界ランキング6位 マリア・サッカリと対戦!
東レ パン パシフィック オープンテニス WOWOWで連日生放送・ライブ配信!

10/16(月)~10/22(日)「木下グループジャパンオープンテニス」連日生放送・ライブ配信!


■WOWOWオンデマンドはこちら>




■関連ニュース

・土居 美咲「うわぁ勝っちゃった!」
・「大坂 なおみはテニス界にとって...」
・錦織・マレーら参戦【ジャパンOP出場選手】

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年9月28日12時41分)

その他のニュース

6月15日

ダブルス新ルール 改善し試験導入は継続 (16時44分)

17歳新星にWC 芝ツアー初参戦 (15時53分)

31本エース 逆転勝ちで芝4強へ (14時03分)

デミノー、ラオニッチに快勝で4強 (12時56分)

大坂なおみ 次戦は17日開幕の独大会 (11時42分)

大坂撃破「本当に勝ちたかった」 (10時39分)

世界15位ルーネ、ジャパンOP出場へ (9時34分)

大坂なおみ 元世界4位に屈し4強ならず (2時59分)

6月14日

【1ポイント速報】大坂なおみvsアンドレースク (22時00分)

ナダル 7月クレーに19年ぶり出場 (17時31分)

ウィンブルドン賞金 10年で2倍に (16時24分)

フェデラー 特別上映会に出席 (14時09分)

世界400位が第1シード撃破の金星 (13時03分)

ベレッティーニ8強 シャポ撃破 (12時14分)

ラオニッチ 25本エースで8強 (11時26分)

ナダル ウィンブルドンを欠場 (10時17分)

6月13日

コレあの素材で出来てます テニスクラファン実施中 (18時55分)

錦織圭と大坂なおみ 五輪出場権獲得 (17時52分)

西岡良仁 2年ぶりトップ100陥落 (17時07分)

世界232位が元王者破る番狂わせ (15時58分)

ナダルとフェデラーに共通する価値観 (14時47分)

大坂と自身「似たようなキャリア」 (13時36分)

ナダルとアルカラス 五輪で複出場 (10時34分)

女王 ぶっつけ本番でウィンブルドンへ (9時09分)

大坂なおみ 芝のプレーに「自信」 (8時24分)

大坂なおみ 54分完勝で芝6年ぶり8強 (0時13分)

6月12日

【1ポイント速報】大坂なおみ リベマOP2回戦 (23時11分)

得意の芝で元世界6位が復帰 (16時18分)

元世界3位ラオニッチ 復帰戦の芝で快勝 (14時28分)

ズベレフ 疲労の蓄積で母国大会欠場 (12時39分)

柴原瑛菜 ラドゥカヌに屈し初戦敗退 (12時16分)

マレー 今季芝初戦で黒星 (11時37分)

島袋 ノリーにフルセットで敗れる (10時59分)

【動画】大坂なおみ撃破の瞬間!アンドレースクが熱戦制し4強 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!