国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

試合中の抗議活動に「予感した」

ココ・ガウフ
19歳のココ・ガウフ
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は7日、女子シングルス準決勝が行われ、第6シードのC・ガウフ(アメリカ)が第10シードのK・ムチョバ(チェコ)を6-4, 7-5のストレートで破り、同大会で自身初の決勝進出を果たした。試合後の会見でガウフは環境活動家の抗議により試合が中断したことについて言及し「そうなる予感がした」と明かした。

>>【動画】観客席で叫ぶ人物たち、試合は一時中断<<

19歳で世界ランク6位のガウフが同大会に出場するのは5年連続5度目。昨年のベスト8進出が最高成績となっていた。今大会では準々決勝で第20シードのJ・オスタペンコ(ラトビア)をストレートで破り、大会初の準決勝の舞台に進んだ。

準決勝の第1セット、序盤から2度のブレークに成功したガウフはゲームカウント5-1と大きくリード。しかし、ここからムチョバに2度のブレークをを許し。ゲームカウント5-4まで迫られる。それでも第10ゲーム、ムチョバのミスが重なりこのセット3度目のブレークを果たし先行する。

続く第2セット、第2ゲーム開始直前に観客席で試合を妨害する行為が発生。「END FOSSIL FUEL(化石燃料を終わらせろ)」と書かれたT・シャツを着た環境活動家のが叫び始めたことで試合は一時中断。大会関係者が退場させようと試みたものの抵抗されたために、約50分間の中断を余儀なくされた。

再開後、ガウフは第8ゲームでブレークに成功し、第9ゲームでサービング・フォー・ザ・マッチを迎える。しかし、1度のマッチポイントを活かせず、粘りをみせたムチョバにブレークバックを許す。ガウフは第12ゲームでも4度のマッチポイントを逃したものの、40本のラリー戦を制し得たこのゲーム5度目のマッチポイントをものにし、2時間3分で勝利した。

試合後の会見でガウフは環境活動家の抗議により試合が中断したことについて次のように述べた。

「彼らが何に抗議したのか正確には分からない。環境についてだったことは知っている。でも、もっといい方法があると思う。大会が環境のためにより良いことをしているのは知っている。自分の試合でそんなことが起こらない方がいい? 100パーセント、そうだね。ここに座って嘘をつくつもりはないわ(笑)。でも、それが現実なの」

「今大会はそうなる予感がした。全仏オープンでもそうだったし、ウィンブルドンでもそうだった。だから、間違いなくここで起こるだろうと思っていたわ。ただ、自分の試合ではそうならないことを願っていた」

「でも、それが現実なんだ。このような瞬間は歴史に残ると思う。さっきも言ったように、自分の試合では起きない方がいいと思うけどデモ隊には腹を立てなかった。スタジアムはエンターテインメントを中断させるだけだったからね」

「平和的な方法で行われたのだから、あまり怒ることはできない。もちろん、6-4, 1-0で勝っていて、この勢いを持続させたかったときにこんなことは起こってほしくない。でも、彼らが自分たちの声を届けるために必要なことだと思ったのなら、怒る気にはなれないわ」

勝利したガウフは決勝で第2シードのA・サバレンカと対戦する。サバレンカは準決勝で第17シードのM・キーズ(アメリカ)を0-6, 7-6 (7-1), 7-6 (10-5)の逆転で下しての勝ち上がり。

[PR]8/28(月)~9/11(月) 全米オープンテニス WOWOWで連日独占生中継!
WOWOWオンデマンドでは日本人選手の試合を全試合ライブ配信予定


■WOWOWオンデマンドはこちら>




■関連ニュース

・19歳 全米OP決勝へ 大坂 なおみに感謝
・全米OP準決勝、抗議活動で中断
・土壇場から大逆転「魔法のよう」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年9月8日18時48分)

その他のニュース

6月22日

内島萌夏 パリ五輪出場権獲得 (15時21分)

ナダルの従弟がツアー予選出場 (13時56分)

ルード、チチパスらがウィンブルドン複出場 (12時24分)

西岡、今季芝初戦は予選から (11時06分)

3試合連続フルセット 苦しみながらも4強 (10時01分)

ルーネとフリッツ撃破し4強へ (8時18分)

マレー 背中負傷について声明 (7時19分)

6月21日

世界4位ルバキナ 腹痛で途中棄権 (22時03分)

錦織圭 芝コートで調整開始 (21時11分)

複世界9位が五輪出場できず不満 (18時15分)

シナー 世界1位維持へ視界良好 (16時02分)

ジョコ 手術から2週間でコートへ (15時02分)

チチパス下し8強「最高の気分」 (13時25分)

世界1位のまま引退した28歳がプレーへ (12時20分)

新王者 また異次元ショット「非現実的」 (11時02分)

世界2位撃破「大変な試合だった」 (9時03分)

アルカラス 痛恨の2回戦敗退 (8時18分)

加藤未唯 失格騒動の因縁ペアと再戦 (7時05分)

6月20日

加藤未唯ペア 相手棄権で4強 (22時05分)

ウィンブルドン女王が芝で転倒し棄権 (20時56分)

元世界8位 10か月ぶり実戦復帰へ (19時03分)

ジョコ パリ五輪出場権を獲得 (16時03分)

ズベレフ8強「より良いプレーを」 (15時09分)

シナー/フルカチュの豪華ペア 8強へ (13時30分)

接戦制しディミ撃破 コルダ8強 (11時58分)

「僕の夢」4年に一度の舞台立てず (10時52分)

エース9本と“不発”ラオニッチ敗退 (10時00分)

メド撃破 ジャンが熱戦制し8強 (8時19分)

マレー 背中負傷で途中棄権 (7時26分)

【動画】シナー 異次元のショット披露 (0時00分)

6月19日

四大大会V経験者4名に主催者推薦 (21時34分)

大坂なおみ ウィンブルドン出場決定 (18時33分)

芝で転倒し叫び声、靭帯捻挫 (18時15分)

ズベレフ 世界474位に大苦戦 (16時12分)

加藤/シュアイ組 完勝で芝8強へ (14時23分)

前週Vのデミノー 中一日で挑むも初戦敗退 (11時42分)

マレー 現役5人目 1000試合に到達 (11時01分)

“世界1位”としての初戦に逆転勝ち (10時01分)

昨年王者アルカラス 芝初戦白星 (8時00分)

大坂なおみ撃破「手強い相手」 (6時54分)

【動画】世界2位アルカラス撃破!ドレイパー勝利の瞬間! (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!