国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダル全仏欠場&引退意向【発表全文】

ナダル
ナダル(2022年全仏OP)
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスで世界ランク14位のR・ナダル(スペイン)は18日にラファエル・ナダル・アカデミーで会見を開き、今月28日に開幕する全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)を欠場すると発表した。また、会見の中でナダルは「来年がおそらく私のプロツアーでの最後の年になります」と発言した。

>>【動画】ナダル 復帰に向けてクレーコートで練習<<

36歳のナダルは1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)2回戦で左股関節付近を痛めながらM・マクドナルド(アメリカ)と対戦し、ストレート負け。その後、全治6〜8週間を要することを発表しツアーを離脱すると、3月20日付のATP世界ランキングでは約18年ぶりにトップ10から陥落した。

しかし、その後も復帰の目途は立たず、先月のロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)とバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)、ムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)を欠場。

現在行われているBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)も今月5日に「ここ数日で改善されたとはいえ、何ヵ月も高いレベルのトレーニングができなかった。再びプレーするためのプロセスには時間が必要であり、それを受け入れてやるべき事を続けるしかない」とし、欠場していた。

ナダルは今回の会見で18年連続で出場を続けた全仏オープンの欠場を発表。また、活動をしばらくの間休止することと、来年が現役最後の年になる可能性が高いことを発表した。

会見でナダルは以下のように発言した。

「今日ここにいる理由は、3つ伝えることがあるからです」

「まず1つ目は、私は全仏オープンでプレーすることができません。この4ヵ月間、毎日できる限りの努力をしてきましたが、オーストラリアで起きた問題の解決策を見つけることができずとても難しい数ヵ月でした」

「今は、全仏オープンに出場するために必要なレベルで戦う準備ができていると思えません。私は今、全仏オープンに出場できるような選手ではないし、出場したところで自分にとって不本意な立場に置かれてしまうだけです」

「2つ目は、グランドスラムや重要な大会で何度か優勝することができたので結果的にはとても良かったのですが、実際にはパンデミックの後、身体がうまく練習を続けられなくなってしまったので、毎日の練習を楽しむことができなくなってしまいました」

「そのため、練習や大会を楽しむことができませんでした。また、練習していても痛みに耐える日が多かったのです。そこで、『少し休んでみようか』ということになりました」

「いつ練習コートに戻れるかわかりません。2ヵ月かもしれないし1ヵ月半かもしれない。3ヵ月か、4ヵ月かわからないけれど、しばらくの間、活動を休止することにしました。私は未来をたくさん考えるのが好きな人間ではありません」

「ただ自分の気持ちに従って、自分の身体のために、そして自分の幸せのために本当に正しいと思うことに従っているだけなのです。あることを言った後に、別のことをするような立場になりたくありません」

「私の目標・抱負は、来年を楽しく過ごすために、自分自身を休ませることです。来年がおそらく私のプロツアーでの最後の年になります。これは私の考えであって、もちろん何が起こるか分からないので、100%そうなるとは言い切れません」

「しかし私の考えとモチベーションは、来年中に私のテニスキャリアにとって重要だったすべての大会を楽しみ、別れを告げ、競争心と楽しさを持ってコートにいるということです。それは、今は不可能なことです」

「今のままでは、これを実現することはできないだろうと私は本当に思っています。立ち止まっても、実現できるかどうかはわかりません。でも、立ち止まった方が可能性は高くなると思っています」

ナダルはキャリアでグランドスラムを22度優勝。ツアーでは合計92回のタイトルを掲げた。

特に全仏オープンでは圧倒的な強さを見せており、2005年に初出場で初優勝という快挙を19歳で成し遂げて以来、昨年までの出場18大会で14度優勝を果たした。全仏オープンでの通算成績は1度の試合前棄権を除いて112勝3敗。勝率は驚異の97パーセントを誇る。

昨年も決勝でC・ルード(ノルウェー)を6-3, 6-3, 6-0のストレートで下し優勝を飾っていた。




■関連ニュース

・ナダル 復帰に向けクレーで練習
・ナダル 負傷の近況を報告
・昨年王者ナダル 全豪2回戦敗退

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2023年5月19日1時17分)

その他のニュース

3月5日

元世界21位が引退、五輪でメダルも獲得 (19時19分)

柴原瑛菜 シングルス初優勝 (18時08分)

西岡 3時間死闘の末に予選敗退 (12時37分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsシャン (11時55分)

ナダルとラオニッチ 初戦で激突 (11時50分)

ダニエル太郎 初戦は世界84位 (10時53分)

大坂なおみ 初戦は予選勝者に (10時24分)

ルブレフ 賞金&ポイント没収なし (7時36分)

望月慎太郎 シュワルツマン撃破 (6時47分)

綿貫陽介 BNPパリバOP予選欠場 (5時51分)

3月4日

西岡良仁 日本勢トップに返り咲き (18時05分)

カップルで同週V!ATP&WTA500制覇 (17時11分)

同国対決制しツアー初V「本当によくやった」 (15時23分)

2週連続Vでキャリアハイ19位へ (13時50分)

西岡、綿貫、望月がIW予選に出場 (11時51分)

日比野と本玉 揃って予選決勝へ (10時59分)

アルカラスがナダルに逆転勝ち (10時14分)

ジョコ 同胞ヨキッチと旧交温める (8時59分)

優勝後に大移動、恋人の決勝に間に合うか (7時39分)

3月3日

BNPパリバOP 日比野と本玉が予選出場 (17時52分)

地元の期待背負い決勝へ 単複2冠に王手 (16時42分)

デミノーが連覇 通算8勝目 (15時25分)

18歳新星に主催者推薦 BNPパリバOP (14時21分)

ATPが150万円、チチパスは225万円を寄付 (12時10分)

ナダル&アルカラス 復帰はエキシビションから (11時07分)

ルブレフ失格に「マイナーリーグだ」 (10時16分)

好調のアンベールが今季2勝目 (9時11分)

【動画】現役最後の試合を終え、涙を流すジョンソン (0時00分)

【動画】カップルで同週V!熱い抱擁で喜びを分かち合うデミノーとボールター (0時00分)

3月2日

復帰迫るナダルがディミトロフと練習! (17時14分)

逆転勝利の要因に”まさかの例え” (16時19分)

連覇に王手「彼の1日も早い回復を」 (15時25分)

優勝候補撃破も大ブーイング (13時20分)

メド撃破し決勝進出「完璧な試合」 (12時07分)

相手失格も擁護「彼はそんな男じゃない」 (10時37分)

失格に物議「確認すべき」 (9時30分)

世界5位が線審を怒鳴りつけ失格 (8時31分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!