国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【2022引退選手⑦】元世界1位フェデラー

ロジャー・フェデラー
ロジャー・フェデラー(レーバー杯)
画像提供: ゲッティイメージズ
tennis365.netは来シーズン開始まで、今季引退を表明した選手を特集。7人目となる今回は今年9月に現役を退いた男子元世界ランク1位で、ATPツアー史上最も偉大な選手の一人であるR・フェデラー(スイス)をピックアップ。

>>フェデラー引退発表【全文】<<

現在41歳のフェデラーはひざの負傷の影響もあり昨年6月のウインブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)を最後にツアーを離脱。復帰することができないままラケットを置く決断を下し、今年9月に現役を退く意向を示した。

その後9月23日から25日にかけて開催されたレーバーカップ(イギリス/ロンドン、室内ハード)を最後の舞台に選択。初日に組まれたダブルスでR・ナダル(スペイン)とペアを組み出場し、J・ソック(アメリカ)/ F・ティアフォー(アメリカ)組に惜しくも敗れたものの華麗なテニスを披露した。

フェデラーはキャリアを通じて103個のツアータイトルを獲得。グランドスラムではナダルの22勝、N・ジョコビッチ(セルビア)の21勝に次ぐ歴代3位の20勝をマーク。さらに、史上6人目のキャリア・グランドスラム(四大大会全てで優勝)達成、ウィンブルドン最多となる8度の優勝、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)最多の5連覇、ATPマスターズ1000では歴代3位となる28度の優勝、世界ランキング1位の最長連続記録237週など数多くの記録を残してきた。また、「芝の王者」と称され、芝コートではツアー通算歴代最多の111勝を挙げている。マッチ成績は1,251勝275敗。

スイス代表としても多くの功績を残したフェデラー。オリンピックでは2008年の北京オリンピック(中国/北京、ハード)でS・ワウリンカ(スイス)とペアを組みダブルスで金メダル、2012年のロンドンオリンピック(イギリス/ロンドン、芝)ではシングルスで銀メダルを獲得。2014年にはデビスカップ優勝に貢献した。

テニス史に多くの記録や歴史を刻んでおり、ジョコビッチ、ナダル、A・マレー(イギリス)らと共に「ビッグ4」と呼ばれ、史上最高のテニスプレーヤーの一人である。その人気はテニス界においても絶大であり、スポーツ界全体においても偉大な選手として憧れの的となっている。

フェデラーは引退を決意した今年9月15日に自身のツイッターを投稿し、「皆さんも知っての通り、この3年間僕は怪我や手術という困難に挑戦してきました。完全に戦える状態に戻すために努力してきました。しかし僕は自分の身体の能力と限界も知っていますし、今自分へのメッセージは明確です。僕は41歳です。24年間で1,500試合以上プレーしてきました。テニスは、僕が夢見た以上に寛大に僕を扱ってくれました。そして今、僕は自分の競技生活に終止符を打つ時だと認識しなければなりません」とコメント。

「これはほろ苦い決断である。なぜなら、これまでのツアーが自分に与えてくれた全てのことを恋しく思うはずだから。しかし同時に祝福することもとても多い。自分自身のことを地球上で最も幸運な人間の1人だと思っている。テニスをプロとしてプレーする特別な才能を与えられたし、想像以上のレベルでそれができた。そして考えられるよりはるかに長きに渡って」

「ここまでの24年間のツアー生活は信じられない冒険だった。時にはそれが24時間だったように感じたりするなかで、既に一生を生きたかのようにとても深く魔法のようでもある。40以上の国々でみなさんの前でプレーできたという計り知れない幸運に恵まれた。笑いもしたし泣いたりもしたし、喜びも苦しみも感じ、そして何よりも信じられないほど生きていると感じていた。世界を転戦する中でこれからもずっと友人としていられるような多くの素晴らしい人々と知り合った。彼らはいつも世界のあちこちで、忙しいスケジュールの中でも時間を作って自分の試合を見に来てくれて応援してくれた。本当にありがとう」

「最後にテニスというスポーツへ。あなたを愛しているし、あなたから離れることは一生ありえない」

>>【2022引退選手③】元世界3位デル=ポトロ<<

>>【2022引退選手⑥】元世界1位バーティ<<




■関連ニュース

・フェデラー 涙で引退試合終える
・錦織 フェデラー引退「正直悲しい」
・フェデラーが現役引退を発表

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年12月31日13時19分)

その他のニュース

5月30日

ボールボーイ勘違いでやり直しの珍事 (12時07分)

大坂なおみ「多くのことを達成できる」 (10時45分)

アルカラス 苦戦も全仏OP3回戦へ (9時38分)

異例の忠告、女王が観客に苦言 (8時26分)

女王辛勝、大坂なおみに「驚いた」 (6時38分)

大坂なおみ 惜敗に涙も「最悪ではない」 (5時20分)

大坂なおみ 女王に屈し全仏OP2回戦敗退 (3時34分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsシフィオンテク (0時22分)

錦織圭 全仏OP2回戦は雨天順延 (0時21分)

【告知】錦織圭vsシェルトン (0時10分)

5月29日

チチパス「あまり機会がない」 (22時31分)

錦織圭 全仏OP2回戦は雨天中断 (19時57分)

カップルで混合出場「私はあまり走らなくていい」 (13時55分)

坂本怜 ジュニア世界ランク1位に浮上 (12時51分)

ジョコ、ナダル戦に言及「負けはしたけど…」 (11時40分)

連覇かかるジョコ 初戦突破「まだ始まったばかり」 (10時06分)

フルセット死闘制したゴファン、ズベレフ戦へ (8時31分)

19歳の松岡隼 プロツアーで初の準V (7時24分)

ジョコビッチ 20年連続で全仏OP初戦突破 (6時24分)

内島萌夏、四大大会シングルス初勝利 (5時55分)

全豪OP女王サバレンカ 盤石の初戦突破 (5時30分)

5月28日

ジョコ Vなしで全仏OPは4度目 (23時23分)

歴代最多69大会連続出場で引退 (21時58分)

ビッグカップルが復縁、破局から一転 (20時54分)

世界2位シナー「錦織と対戦したい」 (19時43分)

加藤未唯 全仏OP連覇へ 混合複出場 (18時13分)

観客にボール直撃「混乱していた」 (17時21分)

喜び爆発!ツアー初勝利が全仏OPに (13時45分)

復活の元女王 10ヵ月白星で初戦突破 (12時59分)

【YouTube】杉村太蔵が元デ杯代表と激突!得意のサーブ&ボレーで攻略なるか?!毎トー優勝へ向け3セットマッチ (11時52分)

メド 全仏OP2年ぶり初戦突破 (11時19分)

モンフィス、ツォンガ抜き仏男子歴代最多に (10時37分)

ナダル 今後は?「自分の気持ちを確認する」 (9時13分)

日比野菜緒 全仏OP初戦敗退 (8時05分)

西岡 オジェのサーブ「どうしても崩せない」 (6時54分)

ズベレフ「最も特別な試合の1つ」 (5時53分)

大坂なおみ戦へ「準備必要」 (5時04分)

ナダル「感謝してもしきれない」 (2時57分)

引退示唆ナダル 全仏初の初戦敗退 (1時51分)

ズベレフ 全仏OPでナダル撃破 (1時30分)

【1ポイント速報】ナダルvsズベレフ (0時15分)

【動画】シナーvsガスケ 全仏OP2回戦のハイライト! (0時00分)

5月27日

錦織圭 全仏OP2回戦は世界15位 (23時36分)

西岡良仁 全仏OP初戦敗退 (23時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsオジェアリアシム (23時05分)

大坂なおみ 2回戦はシフィオンテク (22時03分)

シナー勝利も「100%じゃない」 (21時02分)

苛立ち見せ打ったボールが観客直撃 (20時01分)

37歳ガスケ初戦突破 チョリッチにストレート勝ち (13時16分)

苦しむ元女王、全仏V後は3年連続初戦敗退 (12時35分)

錦織 “5セットキング”は継続、現役最高勝率記録 (11時01分)

錦織「様子見て決める」棄権の可能性も示唆 (9時21分)

錦織 4時間超え死闘「紙一重」で勝利 (8時37分)

ジョコ「期待は低く、望みは高い」 (7時49分)

ワウリンカ、マレー撃破で全仏OP初戦突破 (6時36分)

大坂なおみ「どの試合も勝てる」 (6時00分)

錦織圭 3年ぶり全仏OPで初戦突破 (5時35分)

【1ポイント速報】錦織圭vsディアロ 全仏OP1回戦 (1時05分)

望月慎太郎 世界8位に屈し初戦敗退 (0時33分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎、望月慎太郎 全仏OP1回戦 (0時20分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!