国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【2022引退選手⑥】元世界1位バーティ

アシュレイバーティ
2022全豪OP優勝後のバーティ
画像提供: ゲッティイメージズ
tennis365.netは来シーズン開始まで、今季引退を表明した選手を特集。6人目となる今回は今年3月に突如現役を退いた女子元世界ランク1位のA・バーティ(オーストラリア)をピックアップ。

>>【2022引退選手①】元世界5位ツォンガ<<

>>【2022引退選手②】元世界5位アンダーソン<<

現在26歳のバーティは今年3月にSNSを更新し、突然引退を表明。2カ月前の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で念願となる母国での四大大会制覇を成し遂げたばかりで、当時世界ランクは1位でシングルスマッチ305勝を数えていたが、「もう限界」とコメントし引退。テニス界に衝撃が走った。

シングルスで15個、ダブルスで12個のタイトルを獲得したバーティ。ダブルスでは2018年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)をC・バンデウェイ(アメリカ)とのペアで、シングルスでは2019年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)と2021年のウインブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)、2022年の全豪オープンで優勝するなど、単複合わせてではあるが、四大大会すべてを制してきた。

2014年の全米オープンを最後に一時ツアーを離脱しクリケットに神経を注いだバーティだったが、2年後にテニスへ復帰。その後もテニスツアーを回りながらもゴルフのチャリティーマッチなどにも積極的に参加し、その腕前を披露してきた。2021年にはプロゴルファー、ギャリー・キシックと婚約を発表。今年の引退後もゴルフのエキシビションマッチなどに出場している。

バーティは引退に際し「とても幸せだし、準備はできている。肉体的にも感情的にも、トップレベルで挑戦するために必要なものはもう持っていないの」とコメント。

「自分の力を最大限に発揮するためには、どれだけの努力が必要なのか私は知っている。チームにも何度も言った。『私にはもう、そんな力はないんだ』とね。私はこの美しいテニスというスポーツに、自分の持っているものをすべて捧げてきた。私にとってはそれが成功だと思う」

「昨年のウインブルドンは、私自身、そしてアスリートとしての私を大きく変えてくれた。1つの目標のために、人生をかけて懸命に働く。ウィンブルドンで優勝できたことは私の夢が叶った瞬間だった。テニスで望んでいた唯一の真の夢が叶い、視点が本当に変わった。ウィンブルドンの後、直感的にそう思ったの。チームともよく話していた。私の中にはまだ満足できていない、満たされていない部分が少しあった。自分の幸せは結果に左右されないという変化が、キャリアの2段階目に差し掛かった時に私の中にあった」

「全豪オープンへの挑戦。それは私にとって、自身のテニスキャリアがいかに素晴らしい旅であったかを祝うための最も完璧な方法であったと感じている。1人の人間として、これが私の望み。私は、いつもやりたいと思っていた他の夢を追いかけたいと思った」

世界ランク1位として引退した女子選手は2008年のJ・エナン(ベルギー)以来2人目のこと。バーティはテニスに対する愛も語っている。

「テニスが好きで好きでたまらない。でも、これからはアスリートとしてのアシュレイ・バーティではなく、1人の人間としてのアシュレイ・バーティとして人生の次の段階を楽しむことが大切だと思う」

バーティ不在となった2022年シーズンは、21歳のI・シフィオンテク(ポーランド)がその座を引き継ぎ、世界ランク1位として君臨。全仏オープンや全米オープンを制し、圧倒的な存在として女子テニス界を牽引している。




■関連ニュース

・【2022引退選手③】元世界3位デル=ポトロ
・【2022引退選手④】元世界18位のセッピ
・【2022引退選手⑤】元世界6位シモン

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年12月28日12時21分)

その他のニュース

4月15日

前週Vの内山靖崇 74上げ167位に (14時59分)

大坂なおみ 1つ上げ192位 (14時01分)

チチパス父「息子の力疑ったことない」 (10時46分)

準Vルード「追いかけ続ける」 (9時57分)

チチパスV「信じられない」トップ10復帰へ (8時39分)

ダニエル太郎 初戦は世界62位と対戦 (7時04分)

チチパス 2年ぶり3度目の優勝 (0時04分)

【1ポイント速報】ルードvsチチパス (0時00分)

4月14日

錦織圭 マドリッドOP欠場 (22時15分)

アルカラス 負傷で2週連続欠場 (20時49分)

ナダル「人生の一部を過ごした場所」 (19時48分)

内山 5年ぶりV「更に上を目指す」 (19時03分)

単敗退ズベレフ 5年ぶり複V王手 (18時03分)

誤審が影響「全く違う結果になった」 (16時28分)

【初中~中級】男子ダブルス大会開催 (15時44分)

幻の焼き芋 貰える!混合ダブルス大会開催 (15時25分)

内山靖崇 4年半ぶり6度目の優勝 (14時55分)

【1ポイント速報】内山靖崇 2年7ヵ月ぶり決勝戦 (12時34分)

ジョコ撃破 6度目の対戦で初 (12時10分)

シナー敗退、重要場面で誤審の不運 (10時43分)

大坂なおみ 2年ぶりクレー 相手決定 (9時11分)

ジョコ 準決勝で敗退「がっかり」 (7時18分)

4月13日

内山靖崇 2年半ぶりCH決勝へ (22時25分)

大坂なおみら全選手がBJK杯振り返る (20時56分)

杉山愛監督「世界一は夢じゃない」 (20時32分)

大坂なおみ パリ五輪出場に意欲 (19時36分)

日本 11月開催BJKファイナルズ出場決定 (19時09分)

青山/柴原ペアは敗北、日本3勝1敗で予選突破 (17時58分)

「大坂はGSを1つ、2つ獲れる」 (17時40分)

【1ポイント速報】BJK杯「日本vsカザフスタン」2日目 (16時54分)

日比野「自然に涙が出ました」 (16時49分)

日比野 激闘制し3連勝、ファイナル進出決定 (15時21分)

チチパス 失セット0で4強へ (12時09分)

ティアフォー 4ヵ月でコーチと別れ (11時09分)

熱戦制したシナー、ルーネ撃破で4強 (9時28分)

ジョコ 不調乗り越え9年ぶり4強 (8時37分)

4月12日

【会見全文】大坂なおみ「特別な感情」 (21時13分)

杉山監督「2人とも素晴らしかった」 (19時06分)

大坂なおみ「とても緊張した」 (18時44分)

日比野「攻守のバランス良かった」 (17時22分)

大坂なおみ 相手エース撃破!日本勝利に王手 (17時15分)

【1ポイント速報】BJK杯「日本vsカザフスタン」初日 (15時25分)

日比野菜緒が完勝で日本が先勝! (15時20分)

“指揮者”ジョコがブーイングに応戦 (11時56分)

大会史上最長3時間30分の死闘制す (11時33分)

好調シナー 今季3度目MSで8強 (10時27分)

大坂ら日本代表5選手にインタビュー (9時10分)

ジョコ 昨年負けた相手に雪辱果たす (0時06分)

【動画】シナーが誤審でブレークを逃した場面 (0時00分)

【動画】ジョコビッチ撃破!ルード勝利の瞬間 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!