国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【2022引退選手③】元世界3位デル=ポトロ

フアン・マルティン・デル=ポトロ
涙を流すデル=ポトロ(アルゼンチンOP)
画像提供: ゲッティイメージズ
男子プロテニス協会のATP公式サイトは22日、今シーズンで現役を引退した選手を掲載。tennis365.netは来シーズン開始まで、今季引退を表明した選手を特集する。3人目は今年2月のアルゼンチン・オープン(アルゼンチン/ブエノスアイレス、レッドクレー、 ATP250)をもって一線を退いた元世界ランク3位のJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)をピックアップ。

>>【2022引退選手①】元世界5位ツォンガ<<

>>【2022引退選手②】元世界5位アンダーソン<<

17年間にわたるプロ生活に終止符を打ち、アルゼンチン・オープンで現役を引退した34歳のデル=ポトロ。膝の手術を4度受けるなどキャリアを通して怪我に苦しんだものの、ATPツアーで22度のタイトルを獲得し、2009年には全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で四大大会初制覇を成し遂げている。

デル=ポトロがツアー初優勝を果たしたのは2008年。7月にシュツットガルトで初タイトルを掲げると同年で4度のツアー優勝を飾る。世界ランク50位でスタートした2008年シーズンを9位で締めくくった。

そして翌年の2009年も好調をキープすると2度のツアー優勝を飾って全米オープンへ。準決勝でR・ナダル(スペイン)を6-2, 6-2, 6-2のストレートで破ったデル=ポトロは決勝で当時5連覇中だったR・フェデラー(スイス)と対戦。4時間に及ぶ激闘を3-6, 7-6 (7-5), 4-6, 7-6 (7-4), 6-2のフルセットで制して四大大会初優勝を飾った。

その後も多くのトロフィーを掲げたデル=ポトロ。2018年にはBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)でキャリア最後の優勝を飾り、8月13日付の世界ランキングではキャリアハイの3位を記録。同年の全米オープンでは2度目の決勝進出を果たしたものの、N・ジョコビッチ(セルビア)に敗れ準優勝。これが最後の四大大会となった。

また、オリンピックではメダルを2度獲得。2012年 ロンドンオリンピック(イギリス/ロンドン、芝)のシングルスで銅メダル、2016年 リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジェネイロ、ハード)のシングルスで銀メダルを獲得している。

現役最後の大会は今年2月のアルゼンチン・オープン。約2年8カ月ぶりの復帰戦となったが、1回戦でF・デルボニス(アルゼンチン)に1-6,3-6のストレートで敗れている。

ATP公式サイトにはデル=ポトロが引退する際のコメントが掲載されている。

「壮大で忘れられない日だった、僕のキャリアの中で最高の日の1つとして永遠に覚えているよ。このスポーツが僕に与えてくれた最も美しい感情のひとつを経験したし、いつも胸にしまっておくよ」

「僕はこのスポーツのためにすべてを捧げた人間であり、各大会、各国で常に自分の人生を捧げてきた。そして、多くの子供たちが、僕のような道を歩んでくれることを願っているよ」




■関連ニュース

・デルポ「人生は続いていく」
・33歳デル=ポトロ 引退を示唆
・デル=ポトロ 2月2大会出場

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年12月25日16時17分)

その他のニュース

4月15日

チチパス 2年ぶり3度目の優勝 (0時04分)

【1ポイント速報】ルードvsチチパス (0時00分)

4月14日

錦織圭 マドリッドOP欠場 (22時15分)

アルカラス 負傷で2週連続欠場 (20時49分)

ナダル「人生の一部を過ごした場所」 (19時48分)

内山 5年ぶりV「更に上を目指す」 (19時03分)

単敗退ズベレフ 5年ぶり複V王手 (18時03分)

誤審が影響「全く違う結果になった」 (16時28分)

【初中~中級】男子ダブルス大会開催 (15時44分)

幻の焼き芋 貰える!混合ダブルス大会開催 (15時25分)

内山靖崇 4年半ぶり6度目の優勝 (14時55分)

【1ポイント速報】内山靖崇 2年7ヵ月ぶり決勝戦 (12時34分)

ジョコ撃破 6度目の対戦で初 (12時10分)

シナー敗退、重要場面で誤審の不運 (10時43分)

大坂なおみ 2年ぶりクレー 相手決定 (9時11分)

ジョコ 準決勝で敗退「がっかり」 (7時18分)

4月13日

内山靖崇 2年半ぶりCH決勝へ (22時25分)

大坂なおみら全選手がBJK杯振り返る (20時56分)

杉山愛監督「世界一は夢じゃない」 (20時32分)

大坂なおみ パリ五輪出場に意欲 (19時36分)

日本 11月開催BJKファイナルズ出場決定 (19時09分)

青山/柴原ペアは敗北、日本3勝1敗で予選突破 (17時58分)

「大坂はGSを1つ、2つ獲れる」 (17時40分)

【1ポイント速報】BJK杯「日本vsカザフスタン」2日目 (16時54分)

日比野「自然に涙が出ました」 (16時49分)

日比野 激闘制し3連勝、ファイナル進出決定 (15時21分)

チチパス 失セット0で4強へ (12時09分)

ティアフォー 4ヵ月でコーチと別れ (11時09分)

熱戦制したシナー、ルーネ撃破で4強 (9時28分)

ジョコ 不調乗り越え9年ぶり4強 (8時37分)

4月12日

【会見全文】大坂なおみ「特別な感情」 (21時13分)

杉山監督「2人とも素晴らしかった」 (19時06分)

大坂なおみ「とても緊張した」 (18時44分)

日比野「攻守のバランス良かった」 (17時22分)

大坂なおみ 相手エース撃破!日本勝利に王手 (17時15分)

【1ポイント速報】BJK杯「日本vsカザフスタン」初日 (15時25分)

日比野菜緒が完勝で日本が先勝! (15時20分)

“指揮者”ジョコがブーイングに応戦 (11時56分)

大会史上最長3時間30分の死闘制す (11時33分)

好調シナー 今季3度目MSで8強 (10時27分)

大坂ら日本代表5選手にインタビュー (9時10分)

ジョコ 昨年負けた相手に雪辱果たす (0時06分)

【動画】シナーが誤審でブレークを逃した場面 (0時00分)

【動画】ジョコビッチ撃破!ルード勝利の瞬間 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!