国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

Yoshi‘sCUP 第1回優勝は松岡隼

長浜功明/Yoshi's CUP
「Yoshi‘sCUP」出場者と西岡良仁
画像提供: 長浜功明/Yoshi's CUP
男子テニスで世界ランク81位の西岡良仁が主催する「Yoshi‘sCUP」が12日に大会2日目が行われ、松岡隼(桜田倶楽部)が富田悠太(チェリーTC)を7-5,6-4のストレートで破り、優勝を果たした。

>>「Yoshi‘sCUP」大会公式サイト<<

>>大会映像はこちらからチェック<<

この大会は西岡が「世界で羽ばたける日本人テニスプレーヤー育成」を目標とし、有望な高校生プレーヤーを対象にしたイベントで、ジュニア選手を対象にしたものでは日本で初となる賞金がついている大会。第一生命保険と朝日放送共同のプロジェクトの一環としてスタートし、クラウドファンデイングで一般の支援により開催が実現し、11日と12日の2日間にわたり行われた。

大会1日目は、出場8選手が2グループに分かれたラウンドロビン(総当たり戦)が行われ決勝トーナメントに進出する4選手が決定。2日目は準決勝・決勝とラウンドロビンで敗れた4名が対戦する順位決定トーナメントが行われた。

順位決定トーナメントでは、抜群の安定感を見せた本田尚也(文星藝術大学付属高校)が5位、6位山本夏生(相生学院高校)、7位眞田将吾(四日市工業高校)、8位服部怜矢(ノアTA垂水)という結果となった。

そして決勝トーナメントの準決勝第1試合では、かつてともに練習を行っていた松岡と三城貴雅(荏原SSC)が激突。前日にタイブレーク2試合と苦しい戦いをした松岡が、それを修正し高い集中力を見せる。要所で良いサービスを叩き込み、3ゲーム目で早くもブレークすると、フォアハンドやネットプレーで組み立て、6-2で決勝進出を果たした。

もう一方は宮崎県から参戦した大岐優斗(佐土原高校)と、唯一の中学生である富田との対戦。第1ゲームで大岐がスタートダッシュを見せブレークする。このまま優位に進めると思いきや、富田が次第に相手のスピードに慣れ始め、6ゲーム目でブレークバックする。その後はお互いブレーク合戦となる中、ゲームカウント5-5の第11ゲームで富田がキープに成功。さらに硬軟織り交ぜたストロークと、チャンスとみるやネットをとる積極的なプレーで大岐のサービスをブレークし、7-5で決勝へ進んだ。

決勝は、気合みなぎる松岡がスピードボールで攻め、富田がそれをスピンやフラット系など、ショットバリエーション使って返球し、ミスを誘うという展開に。第1セット、お互い1ブレークずつのイーブンで迎えた5-5、松岡が富田のサービスをラブゲームでブレークし、そのまま7-5で第1セットを先行する。第2セット、松岡はサービスとフォアの早い展開、富田は球種の変化やネットアプローチなど、お互いの良さを出し合う中、3-3で得た唯一のブレークを松岡が守りきり、6-4で優勝を果たした。

表彰式では優勝の松岡に100万円の報奨支援金、西岡が独自の視点で選んだ『西岡賞(報奨支援金)』には大岐が選ばれ、2人に目録が手渡された。

優勝を果たした松岡は試合後「大会前からずっと優勝を狙っていたのでそれを達成できてうれしいです。接戦になったら気持ちだと思っていたので、気持ちで引かないようにしました。サポートしていただくお金は来年の年始の海外遠征で使わせていただき、なるべく早くグランドスラムジュニアに出場したいと思っています」とコメント。

また、準優勝の富田は「レベルの高い人ばかりの大会で、準優勝でしたが、本当にいい経験ができたので、これからもここで得たものを生かし、どんな相手でも1球1球全力で戦っていきたいと思っています。もし来年呼んでいただけたら絶対優勝したいです」と思いを語った。

そして大会ディレクターを務めた西岡は「裏方をやるのは初めての経験でしたが、個人的にいい経験でしたし、サポートしてくださった方が、みなさん優秀な方ばかりで、全てがうまくいったと思います。選手たちは色々な目的を持って、この大会に臨んでくれましたし、真面目に真剣に戦ってくれました。たくさんのことを得て帰ってくれるでしょうし、負けてしまった子もくじけずに、これを糧にして頑張って欲しいです」と若手選手にエールを送った。

最終結果は以下の通り。

優勝:松岡隼(桜田倶楽部)
準優勝:富田悠太(チェリーTC)
3位:大岐優斗(佐土原高校)
4位:三城貴雅(荏原SSC)
5位:本田尚也(文星藝術大学付属高校)
6位:山本夏生(相生学院高校)
7位:眞田将吾(四日市工業高校)
8位:服部怜矢(ノアTA垂水)

優勝を飾った松岡隼

[PR]ナダル出場!「ムバダラ・ワールド・テニス・チャンピオンシップ」
12月16日(木)~18日(土)WOWOWオンデマンドで独占配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織「またコイツに負けた」
・錦織、腰痛で今季終了を発表
・大坂 なおみ 日本人初の受賞

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2021年12月13日7時35分)

その他のニュース

5月20日

賞金総額2万円!団体戦が開催 (14時22分)

【告知】全仏オープン予選1回戦 (13時47分)

伊ペアが母国でV「夢のよう」 (12時55分)

22勝目ズベレフ 世界4位へ浮上 (11時28分)

大坂なおみ 世界ランク134位に浮上 (10時35分)

初Vならず「もっといいプレーを」 (8時58分)

ズベレフ「いいプレーできれば、誰にでも勝てる」 (7時32分)

ダニエル太郎、初戦は世界54位に (6時26分)

ズベレフ完勝Vでマスターズ6勝目 (5時36分)

5月19日

ティーム&シュワルツマン 全仏OP予選へ (22時48分)

日本勢7名出場!全仏OP予選組合せ決定 (21時45分)

ダニエル太郎 予選勝ち抜き本戦へ (19時54分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 予選決勝 (19時10分)

17歳の西村佳世が大東建託OP優勝 (18時07分)

2度目Vかマスターズ初制覇か (16時31分)

失セット0で決勝へ 6度目V王手 (15時28分)

初級~女子ダブルス大会開催、焼き芋貰える! (13時59分)

試合が多くできる!混合ダブルス大会  (13時48分)

全仏OP3連覇へ レジェンドお墨付き (11時48分)

綿貫陽介が全仏OP欠場 (10時10分)

まさかのミスに審判も爆笑 (8時42分)

2大会連続準V「何度負けても…」 (7時15分)

頂上決戦制しV 史上3人目の快挙も達成 (6時00分)

5月18日

世界2位シナー 全仏OPへ練習再開 (22時49分)

阿部宏美/永田杏里ペアが優勝 (22時05分)

ナダル&フェデラーを広告に起用 (20時04分)

ダニエル太郎 完勝で予選決勝へ (19時11分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 リヨン予選1回戦 (17時30分)

松井/上杉ペア 2大会連続の準優勝 (17時10分)

ジョコvsマレー 実現の可能性 (16時32分)

ベッカーに並ぶ歴代7番目の記録 (15時32分)

チチパス兄弟、全仏ダブルスに出場 (15時02分)

ティーム&シュワルツマン 全仏会場で練習 (12時06分)

ジョコ 全仏OP前週の大会参戦 (11時05分)

西岡 リヨン初戦はモンフィスに (9時20分)

“ダークホース”ジャリーが決勝へ (8時02分)

逆転勝ちズベレフが決勝へ (6時57分)

錦織圭 全仏OP前週の大会を欠場 (6時05分)

【動画】強い!女王シフィオンテク 3度目の優勝に大はしゃぎ! (0時00分)

5月17日

ナブラチロワとエバートの記録に並ぶ (22時58分)

17歳の西村佳世が4強入り (21時00分)

松井/上杉ペア 2大会連続決勝へ (18時09分)

シュワルツマン不満、活躍に見合わず (16時57分)

収入ランク、テニス選手はトップ50入らず (15時54分)

西岡良仁ら 能登半島地震の支援に参加 (15時25分)

26歳の躍進 カギは「ウナギ」にあり (14時58分)

ワウリンカとマレーは2回戦で敗退 (14時01分)

「WTA1000」 2大会連続同カードの決勝に (12時01分)

ローマ4強 ズベレフがV候補筆頭に (11時12分)

マレー、ラケット変更理由明かす (10時08分)

ガウフに快勝、女王が今季4勝目に王手 (8時40分)

マスターズ1000で2名のチリ人が4強の快挙 (7時32分)

ダニエル太郎 元世界9位に屈し8強逃す (3時14分)

西岡良仁 1回戦で途中棄権 (2時55分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsナカシマ (1時08分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsバウティスタ=アグ (0時40分)

トップ10に連勝!激闘制し4強入り (0時09分)

【動画】まさかのミスに審判も味方も爆笑 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!