国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

BNPパリバ 過去覇者不在で開幕へ

ダニール・メドベージェフ、ステファノス・チチパス
(左から)メドベージェフとチチパス
画像提供: ゲッティイメージズ
7日から開幕する男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)は5日に組み合わせを発表し、第1シードのD・メドベージェフ(ロシア)らを含めた出場選手のドローが決定した。

>>錦織らBNPパリバOP組み合せ<<

>>土居、日比野らBNPパリバOP組み合わせ<<

今大会は32シードまでが設定されており、シードの32選手すべてが1回戦免除のため2回戦から登場する。

また、過去同大会を制した経験のある世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)や同6位のR・ナダル(スペイン)、同9位のR・フェデラー(スイス)、そして前回覇者のD・ティーム(オーストリア)と前々回王者のJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)が欠場しているため、今大会は出場選手の誰が優勝しても初めてBNPパリバ・オープンのタイトルを獲得することになる。

9月の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で四大大会初制覇を成し遂げた25歳のメドベージェフは、これまで同大会に3度出場しているものの、最高成績は2018年と2019年に記録した3回戦進出。今年は初戦の2回戦で世界ランク55位のJ・ダックワース(オーストラリア)と同57位のM・マクドナルド(アメリカ)のどちらかと対戦することが決まった。

一方、第2シードとして出場するS・チチパス(ギリシャ)はこれまで参加した2度のBNPパリバ・オープンでわずか1勝しかあげておらず、前回大会である2019年は初戦でF・オジェ アリアシム(カナダ)にストレート負けを喫している。今大会は初戦の2回戦で世界ランク61位のP・マルティネス(スペイン)と予選勝者のどちらかと顔を合わせることとなった。

その他日本勢では世界ランク52位の錦織圭、同73位の西岡良仁、同123位のダニエル太郎が本戦に出場する。

BNPパリバ・オープンのシードは以下の通り。(シード勢は1回戦免除のため、2回戦が初戦)

第1シード:D・メドベージェフ
第2シード:S・チチパス
第3シード:A・ズベレフ(ドイツ)
第4シード:A・ルブレフ(ロシア)
第5シード:M・ベレッティーニ(イタリア)
第6シード:C・ルード(ノルウェー)
第7シード:F・オジェ アリアシム
第8シード:H・フルカチュ(ポーランド)
第9シード:D・シャポバロフ(カナダ)
第10シード:J・シナー(イタリア)
第11シード:D・シュワルツマン(アルゼンチン)
第12シード:P・カレノ=ブスタ(スペイン)
第13シード:C・ガリン(チリ)
第14シード:G・モンフィス(フランス)
第15シード:R・バウティスタ=アグ(スペイン)
第16シード:R・オペルカ(アメリカ)

第17シード:L・ソネゴ(イタリア)
第18シード:D・エヴァンス(イギリス)
第19シード:A・カラツェフ(ロシア)
第20シード:J・イズナー(アメリカ)
第21シード:C・ノリー(イギリス)
第22シード:A・デ ミノー(オーストラリア)
第23シード:G・ディミトロフ(ブルガリア)
第24シード:K・ハチャノフ(ロシア)
第25シード:F・フォニーニ(イタリア)
第26シード:L・ハリス(南アフリカ)
第27シード:F・クライノビッチ(セルビア)
第28シード:D・ラヨビッチ(セルビア)
第29シード:N・バシラシヴィリ(ジョージア)
第30シード:C・アルカラス(スペイン)
第31シード:T・フリッツ(アメリカ)
第32シード:S・コルダ(アメリカ)

[PR]男子テニスATPツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ
10/7(木)~10/17(日)

WOWOWオンデマンドで配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>



■関連ニュース

・「大坂の考え同意できない」
・錦織との不平等にジョコ不満
・大坂 なおみ、失格ジョコに言及

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2021年10月6日11時21分)

その他のニュース

10月25日

錦織 1つ上げて48位に浮上 (13時24分)

復帰マレー「誇りに思う」 (13時10分)

【告知】西岡vsキツマノビッチ (12時30分)

19歳ムセッティ 初の最終戦へ (11時32分)

地元Vでツアー2勝目「夢」 (10時40分)

西岡良仁「感覚掴めてきた」 (8時10分)

20歳シナーが今季4勝目達成 (7時18分)

10月24日

西岡良仁、快勝で予選決勝へ (20時36分)

シュワルツマン 快勝で決勝へ (18時31分)

サッカリの途中棄権で決勝へ (16時57分)

チチパスとディミが初戦で激突 (16時07分)

WJP 団体戦イベントが開催 (15時29分)

今年300位台から最終戦出場へ (12時59分)

コンタベイト 5度目の決勝へ (12時22分)

西岡良仁 世界160位と激突へ (11時16分)

チリッチ、ツアー20勝目に王手 (10時02分)

20歳シナー 今季4勝目に王手 (9時09分)

ルブレフ 2年連続の最終戦へ (8時16分)

10月23日

コロナからの復帰戦 4強ならず (16時42分)

バーティ 今季終了を発表 (14時53分)

シナー 今季6度目のツアー4強へ (13時52分)

ナダル 90歳のファンにメッセージ (11時59分)

サッカリ、ハレプ下し4強へ (11時13分)

完勝チリッチ 3度目Vへ照準 (10時33分)

フェデラーモデルの列車が運行へ (9時13分)

シュワルツマン 完勝で4強 (8時14分)

10月22日

8年ぶり大会で第1シード撃破 (21時19分)

16歳でITF大会2勝目 (20時33分)

プロ転向の望月 ヨネックスと契約 (19時04分)

ハレプに敗戦「文句なし」 (18時25分)

逆転負け「チャンスあった」 (17時58分)

ジョルジ 完勝で8強「満足」 (17時38分)

今週の「イチオシ」ラケット (17時25分)

メド「トップに居続ける」 (16時50分)

マレー撃破「尊敬できる存在」 (14時28分)

ルブレフ/ハチャノフ組 4強逃す (13時30分)

ハリス 8強「自信がすべて」 (13時02分)

マレー「スポーツは結果がすべて」 (12時28分)

YouTube 近畿大学テニス部に潜入 (12時07分)

サッカリ 最終戦出場決定 (11時49分)

ハレプ「厳しい戦い」制し8強 (10時34分)

カラツェフ 快勝で8強入り (8時44分)

マレー シュワルツマンに屈し敗退 (7時54分)

ルブレフに逆転勝ちで8強へ (7時20分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!