国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 日本から移動「疲れた」

錦織圭
初戦突破を果たした錦織
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)は2日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク67位の錦織圭が同68位のS・クエリー(アメリカ)を6-4,6-3のストレートで破り、東京オリンピック(日本/東京、有明テニスの森、ハード)後の初戦を白星で飾って2回戦進出を果たした。試合後には「日本から来て本当に疲れていた」とコメントした。

>>錦織らシティOP対戦表<<

>>錦織vsブブリク 1ポイント速報<<

前週まで行われた東京オリンピックでは7月29日の準々決勝で世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)にストレート負けを喫していた錦織。この試合ではファーストサービスが入ったときに76パーセントの確率でポイントを獲得するなどクエリーにブレークを許すことないプレーを披露。第2セット第6ゲームでは4度のブレークチャンスをしのぐ粘りを見せ、11度目となった対戦を1時間25分で制して通算成績を7勝4敗とした。

男子プロテニス協会のATP公式サイトには錦織のコメントが掲載されている。

「僕らは何度も対戦してきた。サム(クエリー)との対戦は簡単ではない。素晴らしいサービスを持っているし、特にこのサーフェスでは彼の方がよりプレーする時間があった。それでもブレークできたゲームではとても良いリターンができていたし、今日の自分のプレーには満足している」

「第2セット第6ゲームの時が今日の試合で1番苦しかったところだった。あそこで彼にブレークを許していたら、あのセットは彼が手にしていたと思う。いくつかの厳しいポイントを防ぐことができた。ちょっとラッキーだったけど、あのゲームのあとはよりリラックスできて良いプレーができるようなったと思う」

また、東京オリンピックから続く疲労についても言及した。

「日本から来て本当に疲れていたし、今日の試合までに準備できるか分からなかった。でも、コートに立ったら特に問題もなく良いテニスをすることができた。初戦というのはいつも簡単なものではない。100%を期待してはいなかったけど、このような試合を続けていければと願っている」

2015年以来6年ぶり2度目のシティ・オープン優勝を狙う錦織は2回戦で第9シードのA・ブブリク(カザフスタン)と対戦する。両者は初の顔合わせ。今大会は上位16シードが1回戦免除のためブブリクは2回戦からの登場。

今大会の第1シードはR・ナダル(スペイン)、第2シードはF・オジェ アリアシム(カナダ)、第3シードはA・デ ミノー(オーストラリア)、第4シードはG・ディミトロフ(ブルガリア)、第5シードはJ・シナー(イタリア)、第6シードはD・エヴァンス(イギリス)、第7シードはC・ノリー(イギリス)、第8シードはR・オペルカ(アメリカ)

その他の日本勢では、世界ランク56位の西岡良仁が同192位のJ・ソック(アメリカ)と対戦したものの右足を負傷し途中棄権。同123位の内山靖崇は同88位のA・セッピ(イタリア)と顔を合わせたが、逆転負けを喫し姿を消した。

[PR]男子テニスATPツアー500 ワシントンD.C.
8/2(月)~8/8(日)
WOWOWオンデマンドで配信!
全米オープンテニス
8/30(月)~9/13(月)
WOWOWで連日独占生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・「大坂の考え同意できない」
・錦織との不平等にジョコ不満
・大坂 なおみ、失格ジョコに言及

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2021年8月3日22時57分)

その他のニュース

9月18日

35歳ガスケ CH4年ぶり4強 (9時37分)

元1位イバノビッチらが受賞 (8時04分)

9月17日

YouTube 「テクニ TF-X1」 (16時04分)

望月慎太郎 完敗でCH8強ならず (15時55分)

好調2選手が分析でトップに (14時25分)

イズナー 米開催「うれしい」 (12時35分)

ルブレフら ロシア勢が躍進 (11時20分)

好調ベンチッチ 快勝で8強入り (10時19分)

18歳新星、第2シード撃破で8強 (8時59分)

キリオス、レーバー杯へ意気込み (7時51分)

9月16日

内山靖崇 逆転勝ちで8強へ (19時36分)

元世界16位 CH8強ならず (16時15分)

メド、スタッフに感謝「誇り」 (15時27分)

元世界1位ハレプ 結婚式挙げる (14時52分)

ムラデノビッチ 快勝で8強 (14時00分)

ジョコ戦を回想「言葉失った」 (13時07分)

レーバー杯 ユニクロがウエア提供 (12時14分)

プイユ 逆転勝ちで初戦突破 (11時40分)

ガスケ完勝 レンヌCH8強 (10時10分)

二宮組 ストレート勝ちで4強 (8時30分)

マレー、レンヌCH16強逃す (7時53分)

9月15日

杉田祐一 ツアー離脱を発表 (19時52分)

メド 全米Vラドゥカヌを称賛 (18時05分)

ナダル 4年半ぶりに6位へ後退 (16時03分)

第1シード 逆転負けで初戦敗退 (15時57分)

第1シードが世界103位に敗退 (14時24分)

ジョコ 男女の全米王者を称賛 (13時25分)

錦織 54位へ浮上も西岡は後退 (12時54分)

元世界5位 快勝で初戦突破 (12時18分)

錦織 サンディエゴOP出場へ (11時27分)

望月慎太郎 CH初戦突破 (11時10分)

全米Vと準V メット・ガラ出席 (10時20分)

内山、日本人対決制し初戦突破 (8時30分)

アルカラス 21歳以下最終戦へ (7時58分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!