- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコvsティーム 決勝詳細

ノヴァーク・ジョコビッチ
(左から)ジョコビッチとティーム
画像提供: tennis365.net
テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は2日、第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と第5シードのD・ティーム(オーストリア)の男子シングルス決勝が、日本時間2日の17時30分(現地2日の19時30分)以降に開始予定。

>>ジョコビッチvsティーム 1ポイント速報<<

両者は11度目の対戦でジョコビッチの6勝4敗。直近の対戦は昨年のNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)で、ティームが勝利している。

グランドスラムでは4度目の対戦で、ティームの2勝1敗。昨年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)準決勝ではジョコビッチをフルセットで撃破した。

ジョコビッチが勝利すると、史上最多の全豪オープン8度目のタイトル獲得。四大大会では17度目の優勝となる。これはR・フェデラー(スイス)の20、R・ナダル(スペイン)の19に続く歴代3位。

ティームが勝利すると2014年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランド スラム)で優勝を飾ったM・チリッチ(クロアチア)に続く歴代150人目の四大大会タイトル、また1995年の全仏オープンで優勝したT・ムスター(オーストリア)に次ぐオーストリア人で史上2人目のグランドスラムタイトル獲得者となる。

ジョコビッチが優勝した場合、3日発表の世界ランクでナダルを抜き1位に返り咲く。

一方のティームがタイトルを獲得した場合は自己最高の3位となる。ジョコビッチは変わらず2位となり、ナダルが1位をキープする。

準決勝でジョコビッチは第3シードのフェデラー、ティームは第7シードのA・ズベレフ(ドイツ)を下しての勝ち上がり。

「全豪オープンテニス」
2020シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープン。今年の行方を占うトッププレーヤーたちの熱い戦いに世界中が注目する!

【放送予定】
1月20日(月)〜2月2日(日)WOWOWにて連日生中継[大会第1・2日無料放送

■詳細・放送スケジュールはこちら>





■関連ニュース

・ティーム「ジョコ優勝候補」
・錦織との不平等にジョコ不満
・フェデラー「引退考えてない」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2020年2月2日14時59分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!