- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ティーム「ジョコ優勝候補」

ドミニク・ティーム
ドミニク・ティーム
画像提供: ゲッティ イメージズ
テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は31日、男子シングルス準決勝が行われ、第5シードのD・ティーム(オーストリア)が第7シードのA・ズベレフ(ドイツ)を3-6, 6-4, 7-6 (7-3), 7-6 (7-4)の逆転で下して大会初の決勝進出を果たし、四大大会初優勝に王手をかけた。

>>ジョコvsティーム 1ポイント速報<<

この日、3時間42分の熱戦を制したティームは会見で「1つの場面での鍵はなかった。グランドスラムの準決勝で2人の選手がいい状態でプレーをすると、そうなると思う。(第3セットの第10ゲームでズベレフに握られた)2本のセットポイントをセーブして、そのセットを取った。タイブレークが決め手だった。ラッキーなことに彼は1・2ポイントを簡単にくれた。それで勝利できた」と振り返った。

決勝では、第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。2年連続8度目の全豪オープン制覇を狙うジョコビッチは準決勝で第3シードのR・フェデラー(スイス)をストレートで下しての勝ち上がり。

ティームは決勝へ向けて「何度も決定打を打たなければいけない。ロンドンではライン際に打てた。その時のプレーを繰り返せるように努めたい。彼が優勝候補。ここで7度も優勝し、決勝では負けていない。ベストのプレーができるように頑張りたい」と意気込んだ。

2018・2019年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)に続き四大大会で3度目の決勝の舞台に立つティームは「僕らは信じられないレジェンドをいつも倒さなければいけない。初めて全仏オープンの決勝へ進んだ時とは違う。日曜日の夜は、すぐにゾーンへ入れるようにしたい」と語った。

両者は11度目の対戦で、ティームの4勝6敗。昨年のNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)ではジョコビッチに勝利している。

「全豪オープンテニス」
2020シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープン。今年の行方を占うトッププレーヤーたちの熱い戦いに世界中が注目する!

【放送予定】
1月20日(月)〜2月2日(日)WOWOWにて連日生中継[大会第1・2日無料放送

■詳細・放送スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織との不平等にジョコ不満
・フェデラー 心配でナダルへ連絡
・ナダル、ボール直撃でお詫び

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2020年2月1日2時28分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!