- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコ「テニスを愛してる」

ノヴァーク・ジョコビッチ
8強入りを果たしたジョコビッチ
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は8日、男子シングルス4回戦が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が世界ランク66位のU・アンベール(フランス)を6-3, 6-2, 6-3のストレートで破り、3年連続11度目のベスト8進出を果たした。

>>錦織vsフェデラー 1ポイント速報<<

>>錦織らウィンブルドン対戦表<<

初の対戦となったこの試合、ジョコビッチは5度のブレークに成功するなど21歳のアンベールを圧倒。サービスゲームではブレークチャンスを与えることなく、1時間42分で勝利を決めた。

試合後の会見で、記者にビッグ3(ジョコビッチ、フェデラー、ナダル)が今大会、比較的難しくなく勝ち上がっている、と指摘されたジョコビッチは「そのことに対する説明は特にない。僕らはここにたどり着くために本当に激しい練習をしていると思う。これまでの経験が自信に繋がっているし、僕らがコートに持ち込むこれまでのテニス人生で成し遂げてきたことなどが役立っていて、それがほとんどの選手へプレッシャーとなっている。僕らにとって何度も経験しているセンターコートでの試合は、また新たな試合なだけ。それが恐らくあそこで居心地良く居られて、安定してベストのプレーを何とかできることの大きな理由の1つだと思う」

「今はトレーニング、準備、回復へ多くの時間を要する。それが本当のライフスタイル。多くのことを捧げていることが報われている。トップ3の僕らもそれぞれ違うと思う。ただ、テニスを愛し、それへ多くを捧げているというのは共通していると思う。僕らはいつも高い目標をもっている。誰1人としてただ楽しむだけのためだったり、ツアーにいるためだけにプレーしてはいない。世界のトップになるためにここにいる。お互いの闘争心が年々大きくなっていると思うし、僕らが未だに戦っているレベルに導いているんだと思う。自分がそのビッグ3の1人でいることは素晴らしいし、未だに成功しているのとは最高のこと。もちろんこれまでも何度も話していたが、新しい選手も現れている。若い選手達が世界のトップの座を我々にとって代わるだろう。そんなことがいつ起こるか?あまりすぐにではないと願うが、いつかは起こるだろう」

続けて「2人(フェデラー、ナダル)と同じ時代にいれたことを光栄にそしてうれしく思っている。これまでも何万回も言ったが、そんな彼らがいたから今の僕がある。彼ら2人とのライバル関係のお陰。未だに僕らが現役を続けていることや未だにテニスというスポーツの歴史を作っているという事実は、前向きなメッセージやテニスというスポーツの価値を高めるものだと思う。例えばレブロン・ジェームズ(NBA選手)やセリーナ(ウィリアムズ)。スポーツ自体を高めているものの一部になれていることは素晴らしいこと。それは同時に多くの責任も与えられている。正しい行いをするようにしている」と語った。

ウィンブルドン2連覇と5度目の優勝を狙うジョコビッチは、4強入りをかけて準々決勝で第21シードD・ゴファン(ベルギー)と対戦する。ゴファンは4回戦で世界ランク37位のF・ベルダスコ(スペイン)を下しての勝ち上がり。

同日には第2シードのR・フェデラー(スイス)、第3シードのR・ナダル(スペイン)、第8シードの錦織圭第23シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)、第26シードのG・ペラ(アルゼンチン)、世界ランク65位のS・クエリー(アメリカ)がベスト8へ駒を進めている。

「ウィンブルドンテニス」
歴史と伝統を誇るウィンブルドンテニス。グランドスラム通算20勝のフェデラー、昨年の覇者ジョコビッチがさらなる記録へ挑む。錦織圭の試合も連日生中継!

【放送予定】
7月1日(月)〜14日(日)WOWOWにて連日生中継※7月7日(日)除く[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織 アンダーサーブやるかも
・錦織8強「我ながら評価」
・錦織 フェデラー戦「勝てる」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年7月9日17時02分)

その他のニュース

7月21日

MP2本しのぎ激闘の末V (18時00分)

元世界2位 最終戦について語る (17時06分)

キャリア7度目Vへ王手 (14時35分)

けがと出産乗り越え決勝進出 (14時07分)

イズナー 4度目Vへ王手 (13時03分)

ハンブルグ ドロー発表 (12時04分)

元引退選手に敗れ決勝ならず (11時02分)

ジャリー 快勝で初の決勝進出 (10時15分)

7月20日

BIG3がトップでいる理由 (18時03分)

20歳新星に敗退で4強逃す (16時29分)

「今大会でベストな試合」 (14時26分)

元女王 コーチ関係解消を発表 (13時35分)

祖父の記録目指し4強入り (12時21分)

ジェレ 辛勝で初の4強入り (11時37分)

ガスケ 激闘の末に4強ならず (10時48分)

イズナー 逆転で5度目の4強 (10時08分)

7月19日

全米賞金GS史上最高額に (15時19分)

第1シードは2回戦で敗退 (12時31分)

世界121位に苦戦もガスケ8強 (11時15分)

ニューポートは雨で順延 (11時00分)

地元チョリッチは初戦敗退 (7時08分)

7月18日

ジョコ 初Vハレプを称賛 (21時56分)

元世界4位ガルシア 8強逃す (21時40分)

「毎試合良くなっている」 (20時52分)

フォニーニ 体調不良で途中棄権 (19時57分)

HEAD GRAVITY販売 (17時30分)

大坂ら 全米OP出場予定選手 (17時01分)

好調の21歳アンベール 8強へ (15時59分)

内山 綿貫破りCH初戦突破 (15時09分)

松井俊英が現役最年長ランクイン (12時39分)

ティームら ハンブルグ出場一覧 (11時06分)

同国対決制し8強 ベルダスコ撃破 (9時11分)

イズナー 25本エースで初戦突破 (7時36分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!