- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ティーム BIG3は「特別」

ドミニク・ティーム
ベスト4進出を果たしたティーム
画像提供: ゲッティ イメージズ
テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は6日、男子シングルス準々決勝が行われ、第4シードのD・ティーム(オーストリア)が第10シードのK・ハチャノフ(ロシア)を6-2, 6-4, 6-2のストレートで破り、4年連続4度目のベスト4進出を果たした。

>>フェデラーvsナダル 1ポイント速報<<

>>ジョコvsティーム 1ポイント速報<<

この日、1時間47分で勝利したティームは試合後の会見で「ここで4度目の準決勝。これまでも言ってきたけど、グランドスラムで優勝するのは信じられないくらい難しい。まだ優勝していない僕らにとって、順当にいくと15回以上の優勝経験のある選手を2人は倒さなければいけない」と四大大会制覇への厳しさを語った。

準決勝では、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。ジョコビッチは準々決勝で第5シードのA・ズベレフ(ドイツ)を下し、1セットも落とさずに4強へ駒を進めている。

「明日はコートに立って、全力を尽くし、できる限りのことをするつもり。この挑戦は、とても大きい。ノヴァーク(ジョコビッチ)は、いい状態。恐らく彼のテニス人生において最高のプレーをしているのでは。自分は今、準決勝に史上最高の3選手と共にいる」

ティームはジョコビッチと9度目の対戦で、2勝6敗と負け越している。

ティームとジョコビッチの反対のボトムハーフからは、第2シードのR・ナダル(スペイン)と第3シードのR・フェデラー(スイス)が準決勝へ進出している。

ナダルからクレーで4度勝利をあげているティームは「ラファ(ナダル)とクレーで対戦するのが、どれほど難しいかについて話す必要もない。4度の勝利は、自分にとって驚くべき4日間。ラファについてはあまり考えていない。もしラファとの対戦があるとしたら、それは明日(準決勝)が信じられない日となるはずだから」と述べた。

「彼(BIG3)らの成功を見たら分かると思うけど、3人全てが何か特別なものを持っている。早いラウンドでは特に。多くの選手がこれまでの成績から、コートに立つと彼らを倒せると信じていないから。精神的な部分も一理あるけど、彼らが驚くようなテニスをしているから」

「全仏オープンテニス」
5/26(日)〜6/9(日)、WOWOWにて連日生中継![第1日無料放送]

WOWOWメンバーズオンデマンドでは、未放送の試合をお楽しみいただけるピックアップコートも連日ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・会見強制移動「理解できる」
・錦織「早く終わらないかな」
・錦織「フレッシュは無理」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年6月7日19時50分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!