- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 2018年6月を振り返る

錦織圭
2018年6月の錦織圭
画像提供: tennis365.net
【2018年 振り返り】

6月1日、テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で第19シードの錦織圭は3回戦で元世界ランク6位のG・シモン(フランス)に圧勝し、4年連続5度目のベスト16進出を果たした。

4回戦では、クレーでの戦いを得意とするD・ティーム(オーストリア)と激突。第1・第2セットで錦織は本来の力を発揮できずに2セットダウンの崖っぷちに追い込まれた。第3セットもティームに流れが傾きかける中、終盤でミスを誘い出してセットカウント1−2としたが、2時間28分で敗れた。

試合後、錦織は「ミスが多かった。悔しいです。足が動いていなかった」と振り返っていた。

勝利したティームは「かなりいいプレーができて、素晴らしいスタートが切れた。もちろん、第3・第4セットも互角だったと思う。(第3セットからは)試合が彼(錦織)のペースになり、とても危険な状態に陥ってしまった」とコメントしていた。

クレーシーズン後、錦織はゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)に臨み、2回戦で若手のK・カチャノフにストレート負けを喫した。

【錦織 2018年6月】

<ゲリー・ウェバー・オープン>
2回戦 2-6, 2-6 K・カチャノフ
1回戦 6-3, 7-6 (7-3) M・バッヒンガー(ドイツ)

<全仏オープン>
4回戦 2-6, 0-6, 7-5, 4-6 D・ティーム
3回戦 6-3, 6-1, 6-3 G・シモン
2回戦 6-3, 2-6, 4-6, 6-2, 6-3 B・ペール(フランス)
1回戦 7-6 (7-0), 6-4, 6-3 M・ジャンヴィエ

大坂なおみ 開花〜完璧主義者が描く未来〜」
日本人男女で初となるグランドスラムシングルス優勝を成し遂げた大坂なおみ。突出した才能が開花した2018年を豊富な独自取材を元に振り返る。

【放送予定】
12月8日(土)よる6:00
■詳細・放送スケジュールはこちら>






■ 関連ニュース

・「錦織に呼吸させなかった」
・錦織の相手ロペス 誤審に怒り
・錦織の張り 3つの流儀とは

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年12月2日17時36分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!