- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織の張り 3つの流儀とは

錦織圭
錦織圭が使用するラケット
画像提供: tennis365.net
14日、男子テニスの最終戦 Nitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)のオフィシャル・ストリンガーを2003年から務めているフランスのラケットスポーツメーカーTecnifibre(テクニファイバー)が取材に応じた。錦織圭のラケットを担当するステファン氏が「ニシコリ スタイル」を語った。

>>錦織vsティーム 1ポイント速報<<

>>錦織らファイナルズ組み合わせ表<<


ストリンギング・ゾーン


テクニファイバーのストリンギング・チームリーダーであるステファン氏は今大会で錦織、K・アンダーソン(南アフリカ)D・ティーム(オーストリア)らのラケットを担当。1本あたり約12分で仕上げ、1時間4本ペースでスケジュールを組んでいる。


(手前から)ステファン氏とマックス氏


ステファン氏は錦織の張りに対する要望は「たくさんある」と口にした。

錦織の張りには3つの流儀がある。

1.オンコート・スタンバイ用に4本を事前準備

当日張りを希望する錦織は、R・フェデラー(スイス)との初戦で7本を張りに出した。5本は同じテンション数(張りの強度)、1本は違うテンション数、もう1本はまた違うテンション数を要望。

試合前ラケットをピックアップする際には、さらに4本をストリンガーへ渡す。その4本はオンコート・スタンバイ用と言われ、錦織が試合中に主審へ張りを依頼した際にステファン氏はATPから指示を受けてすぐに張れるよう準備をしておくためである。

ステファン氏は「他の選手はオンコート・スタンバイ用のラケットをボールボーイに渡すのが通常。でも、錦織の場合は事前に4本ストリンガーに渡しておく。それは『ニシコリ スタイル』だね」と言う。

「事前に7本も張るのに、さらに4本出すのは他にいない。錦織は試合前に4本を預けるため、プライベートのストリンガーではなくオフィシャルストリンギングを利用している」




2.テンション数(張りの強度)

アンダーソンとの第2戦で錦織は縦40−横38を5本、縦39−横37を1本、縦38−横36を1本で依頼していた。

ステファン氏は、錦織が各大会に臨む際は新しいストリンガーやマシンで張るため2・3本を違うテンション数で試し、それに応じて大会での基本のテンション数を決めていると話す。

また、手首の負担を軽減させるため「2015年と、手首のけがから復帰した今年を比べると、今は以前よりテンション数は低くなっている」と明かした。

2015年のATPファイナルズでは縦57−横55だった。

「ここまでテンションを変える選手は過去にいない」とステファン氏は語る。

使用するストリングも錦織は復帰後に変えた。これまでは縦ポリエステル・横ナチュラルだったが、現在は縦ナチュラル・横ポリエステルに変更している。




錦織からのオーダーシート


3.ステンシル
使用するラケットメーカーのステンシルインクをつける際、錦織は薄く塗るのを好む。その理由は、濃く塗ると塗料が固まりボールを打った時にガットが動かなくなるため。スナップバック(動いたガットが元の位置に戻ること)するように薄いステンシルカラーを求めている。




選手たちを支えるストリングの張りに情熱を注ぐステファン氏は、最後にストリンガーのやりがいを語った。

「自分が張ったラケットの選手が勝つことがうれしい。あと、試合が終わって『ありがとう』や『今回のラケットは最高だった』などのコメントをもらうことも喜びだよ」


ステファン氏

Nitto ATPファイナルズは8選手が2グループに分かれてリーグ戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出。リーグ戦1位通過者は、もう一方のリーグ戦2位通過者と準決勝で対戦する。

【グループ・グーガ・クエルテン】
(1)N・ジョコビッチ(セルビア) 2勝0敗
(3)A・ズベレフ(ドイツ) 1勝1敗
(5)M・チリッチ(クロアチア) 1勝1敗
(8)J・イズナー(アメリカ) 0勝2敗

【グループ・レイトン・ヒューイット】
(2)R・フェデラー 1勝1敗
(4)K・アンダーソン 2勝0敗
(6)D・ティーム 0勝2敗
(7)錦織圭 1勝1敗

錦織 圭選手を応援しよう!
現在開催中の男子テニスATPワールドツアー「男子テニス Nitto ATPファイナルズ」をWOWOWメンバーズオンデマンドにて配信!

【配信予定】
11月11日(日)〜11月18日(日) ※大会第1日目無料配信
■詳細・配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・ティーム「錦織に呼吸させなかった」
・錦織「やっぱちっちぇーな」
・フェデラー 錦織を称賛「尊敬」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年11月15日19時25分)

その他のニュース

8月22日

錦織ら全米OPシード発表 (7時35分)

大坂ら全米OPシード順一覧 (7時18分)

内山靖崇 全米OP本戦へ王手 (7時02分)

8月21日

錦織 ジョコら楽天出場一覧 (20時15分)

ティアフォー相手棄権 3回戦へ (16時04分)

3カ月でコーチ契約解消へ (14時20分)

シャポバロフ「会心の勝利」 (14時16分)

ジョコら全米OP会場で練習 (11時57分)

ダニエル太郎ら予選1回戦敗退 (11時54分)

日比野 逆転で予選2回戦へ (11時51分)

元世界8位 今季限りで引退へ (11時45分)

松岡修造、全米OPを語る (10時54分)

ベルディヒ 復帰戦は2回戦敗退 (8時27分)

8月20日

チョン 全米OP予選2回戦へ (18時09分)

インカレ 単複決勝の結果一覧 (17時07分)

マレー 2週連続の初戦敗退 (16時29分)

フェデラーら全米会場で練習 (14時55分)

錦織 最終戦ランクは8位 (11時19分)

清水綾乃 全米OP予選2回戦へ (11時15分)

杉田ら全米OP予選2回戦へ (8時51分)

8月19日

インカレ 今村と山尾が決勝へ (21時56分)

インカレ 佐藤南帆が単複決勝へ (21時34分)

メドヴェデフ 初のトップ5へ (19時16分)

錦織7位 西岡は59位へ浮上 (16時45分)

西岡59位へ 自己最高目前 (15時21分)

テニス365とウインザーが提携 (15時13分)

キーズV トップ10返り咲き (14時46分)

大坂1位 全米は第1シード (13時29分)

メドヴェデフ「最高の1週間」 (12時01分)

錦織 世界ランク7位へ後退 (11時13分)

メドヴェデフ マスターズ初V (7時29分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!