- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ラドワンスカ優勝 若手を撃破

女子テニスツアーの東レ・パン・パシフィック・オープンテニス(東京/有明コロシアム、ハード)は27日、シングルス決勝が行われ、2011年覇者で第7シードのA・ラドワンスカ(ポーランド)が第8シードで18歳のB・ベンチッチ(スイス)を6-2, 6-2のストレートで下し、4年ぶり大会2度目のタイトル獲得、さらに今季初優勝を飾った。

>>東レPPO対戦表<<

両者は今年行われたAEGON国際女子の決勝で1度だけ対戦しており、その時はベンチッチが勝利していたが、今回ラドワンスカはリベンジに成功しての優勝となった。

この試合、両者激しいラリー戦から粘りを見せ、サービスキープが続く展開となるが、ネットプレーやドロップショットと多彩なプレーで積極的に攻めたラドワンスカが第6ゲームでブレークに成功。その後ベンチッチを突き放し、第1セットを先取する。

第2セットでは、ラドワンスカが序盤で4ゲーム連取。なかなかゲームを取りきれないベンチッチは苛立ちを見せる場面もあり、最後まで攻めの姿勢を変えなかったがミスを連発。最後はラドワンスカが強烈なショットを放ち、ストレートで勝利を手にした。

世界ランク13位のラドワンスカは、昨年のモントリオール大会以来タイトル獲得には至っていなかったが、今大会では1セットも落とさずに勝ち進み、4年ぶり大会2度目の優勝を果たした。

一方、敗れた18歳のベンチッチは、今年6月に念願のツアー初優勝。その後8月のロジャーズ・カップ女子ではツアー2勝目をあげ、今回は3度目のタイトル獲得を狙っていたが、元世界ランク2位のラドワンスカに完敗して準優勝に終わった。


■関連ニュース■ 

・ラドワンスカ 決勝はリベンジ戦
・ラドワンスカ 元2位の力発揮
・18歳ベンチッチ 初の決勝へ
(2015年9月27日13時38分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!