- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ALL GS 50勝達成セリーナ

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)は30日、女子シングルス3回戦が行われ、過去2度の全仏制覇をしている第1シードの女王S・ウィリアムズ(アメリカ)が逆転劇を演じた。この日、第27シードのV・アザレンカ(ベラルーシ)に3-6, 6-4, 6-2の逆転勝ちをおさめた。今回の勝利は、全仏オープンでの通算勝利数が50勝目。これでセリーナは、グランドスラム4大会全てでの通算勝利数50勝達成となった。

現地30日の目玉試合として、センターコートであるフィリップ・シャトリエに組まれた、この試合。

現女王セリーナと元女王アザレンカ。この2人が3回戦で顔を合わせるのは、好カードでもあり、あまりにも早いラウンドでの対決となった。

第1セットを落としたセリーナは、第2セットに入ってからもアザレンカの強打におされた。反撃の糸口を見出そうとするが、リズムが掴めない状況。

しかしポイントをとった時には声を出し、自分自身に喝を入れたセリーナのショットにキレが生まれ始め、第2セットの第8ゲームでブレークに成功。結果、第2セットをとり、勝敗はファイナルセットへ。

第3セットに入ると、アザレンカのパワーテニスに再びおされ第1ゲームでブレークを許すも、第3ゲームから5ゲーム連取する猛攻で、セリーナが逆転勝利をおさめた。

両者21本の凡ミスを犯したこの試合、セリーナは10本のサービスエースと41本のウィナーを決めていた。

両者は今回が通算19度目の対戦で、セリーナはアザレンカとの戦績を16勝3敗とした。

4回戦でセリーナは、ノーシードのS・スティーブンス(アメリカ)と対戦する。

2002・2013年の全仏女王セリーナは、これまでキャリア通算66度のツアー優勝、近年は世界ランク1位の座に君臨している。

また、過去の全仏オープンで波乱に見舞われており、2012年はV・ラッツァーノ(フランス)に敗れて初戦敗退、昨年は2回戦でG・ムグルザにストレート負けを喫して2回戦で姿を消していた。

一方、敗れた現在世界ランク27位のアザレンカは、元世界ランク1位の実力者。グランドスラムでは2012・2013年の全豪オープンで2連覇。これまで全豪オープンを含むとツアー通算17勝している。

>>全仏オープン女子ドロー表<<




■関連ニュース■ 

・セリーナ 空振りで会場も爆笑
・セリーナ 勝因は1杯のコーヒー
・セリーナ「マレーの姿勢が好き」


■最新ニュース■ 

・錦織 ガバ戦は第2試合
・ガバ、錦織は「長く続かない」
・ツォンガ 4回戦勝てば錦織か
(2015年5月31日4時34分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!