- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織は第2試合 決勝進出なるか

男子テニスツアーの楽天ジャパン・オープン(日本/東京、ハード)は4日、シングルス準決勝に第4シードの錦織圭(日本)が登場し、決勝進出をかけてB・ベッカー(ドイツ)と対戦する。

両者は過去に2度対戦しており、錦織とベッカーの対戦成績は1勝1敗となっている。今回が3度目の対戦となる。

錦織は今大会、1回戦でI・ドディグ(クロアチア)、2回戦でD・ヤング(アメリカ)、準々決勝でJ・シャーディ(フランス)を下しての勝ち上がりとなっている。

過去同大会で錦織は、2012年の決勝でM・ラオニチ(カナダ)を下して大会初の優勝を飾っており、昨年は準々決勝でN・アルマグロ(スペイン)に敗れてベスト4進出を前に姿を消した。

《昨年同大会の記事はこちら》

また、今大会のダブルスに錦織は内山靖崇(日本)と組んで主催者推薦枠で出場。1回戦でM・フィルステンベルク(ポーランド)/ TH・フェイ(フィリピン)組を下すも、M・グラノジェルス(スペイン)/ M・ロペス(スペイン)組との準々決勝を錦織の体力面を考慮し棄権となった。

《ダブルス棄権の記事はこちら》

一方、錦織と対戦する33歳のベッカーは、今大会の1回戦でJ・ニエミネン(フィンランド)、2回戦で伊藤竜馬(日本)、準々決勝でJ・ソック(アメリカ)を下して錦織との準決勝に駒を進めた。

過去同大会では、2006年の準決勝でR・フェデラー(スイス)に敗れるもベスト4進出を決めており、昨年は予選を勝ち抜いて本戦出場。本戦1回戦では、アルマグロに敗れて2回戦進出とはならなかった。

錦織とベッカーの試合は10月4日の第2試合に組まれており、12時から開始するラオニチとG・シモン(フランス)の第1試合終了後に行われる予定。




■関連記事■ 

・錦織「決勝、優勝と目指す」
・錦織 準決勝は世界62位
・錦織「集中力切らさなかった」
・錦織「全部良いです」
・ナダル 逆転許し復帰Vならず


■関連動画■ 

・スウェーデンの黄金期を築いた2人のライバル関係に迫る!
・アメリカの次世代スター選手と期待されている22歳を特集!
(2014年10月4日12時16分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!