- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

元王者フェデラーは10年ぶりに8強逃す、さらにナダル戦実現せず<全米オープン>

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は2日、男子シングルス4回戦が行われ、第7シードで元世界ンランク1位のR・フェデラー(スイス)は第19シードのT・ロブレド(スペイン)に6-7 (3-7), 3-6, 4-6の完敗を喫し、2003年以来10年ぶりにベスト8を前に敗退した。

32歳のフェデラーは1998年にプロへ転向して以降、2セットダウンからの大逆転勝ちを8度収めていた。観客はフェデラーの逆転勝利に期待を寄せたが、9度目の大逆転とはならなかった。

フェデラーは45本のウィナーを決めるも43本の凡ミスを犯し、ロブレドに4度のブレークを許してしまった。この試合でフェデラーはロブレドにバックハンドを狙われ、得意のフォアハンドでは簡単なミスを犯すなど精彩を欠いたプレーを続け、2時間24分で4回戦敗退となった。

またフェデラーが勝利していた場合、準々決勝で第2シードのR・ナダル(スペイン)と対戦する可能性があったが、それは実現しなかった。

元世界ランク1位のフェデラーが全米オープンでベスト8を前に敗退するのは2003年以来10年ぶりとなり、その時は4回戦でD・ナルバンディアン(アルゼンチン)に敗れていた。

これまでの全米オープンでフェデラーは2004年から2008年まで5連覇しており、昨年は準々決勝でT・ベルディフに敗れた。

今季フェデラーは不調と囁かれており、7度の優勝を誇るウィンブルドンでは2回戦で当時世界ランク116位のS・スタコフスキ(ウクライナ)に敗れる大番狂わせに見舞われた。

さらに、ベット・アット・ホーム・オープン準決勝では当時世界ランク114位のF・デルボニス(アルゼンチン)、地元で行われたクレディ・アグリコル・スイス・オープン2回戦では同55位のD・ブランズ(ドイツ)に敗れてしまう波乱が起きた。

そして、昨年優勝を飾ったW&Sマスターズでは準々決勝でライバルであるナダルと対戦し、第1セットを取るも逆転負けを喫した。加えて大会後に発表された世界ランキングでは、2003年2月以来、約10年ぶりにトップ5から転落し7位に後退した。

一方、フェデラーに過去10連敗を喫していたロブレドは、今回フェデラーから初勝利をあげた。

31歳のロブレドは怪我により長期間に渡って休養していたが、昨年の7月に復帰を果たし、今季は2011年1月以来となる約2年ぶりの優勝。その後も4月に行われたハッサン2世グランプリでもタイトルを獲得し、復活の兆しをみせている。

元世界ランク5位のロブレドは準々決勝で、ナダルと第22シードのP・コールシュライバー(ドイツ)の勝者と対戦する。

《全米オープン対戦表》


■関連記事■

《フェデラーがアガシとの2戦、さらにGS初優勝語る<全米オープン>》

《フェデラー、ラケット問題に結論「試していただけ」<W&Sマスターズ>》

《完全復活狙うフェデラー、初戦は1時間33分<全米オープン>》

《ナダルがフェデラーとの最大ライバル対決制す<W&Sマスターズ>》

《大番狂わせ、ナダルに続きフェデラーも<ウィンブルドン>》

《フェデラーがトップ100圏外に敗れる波乱、キャリア通算12度目<ベット・アット・ホーム・オープン>》


■関連動画■

《今季ハードコートで無敗のナダルが決勝に挑む!ATP男子ツアーマガジン Vol.184》

《新たな伝説を目指す王者ジョコビッチ!ATP男子ツアーマガジン Vol.183》

《フェデラーが黒塗りラケットで再始動!ATP男子ツアーマガジン Vol.181》
(2013年9月3日11時14分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

8月8日

通算5勝目「素敵な数字」 (22時10分)

大坂なおみ 39位に浮上 (20時28分)

錦織297位、西岡54位に (19時42分)

西岡「もっと試合をしたい」 (18時35分)

前週準V西岡、初戦はペール (15時25分)

ズベレフ、ギプス外して練習 (14時59分)

錦織圭着用ウエアが新発売 (12時31分)

東レ チケット一般発売を開始 (12時02分)

キリオス、シティOP単複制覇 (11時24分)

元女王 カナダ入国不可で欠場 (10時57分)

青山/チャン組、今季初Vならず (10時18分)

キリオス 7勝目「感慨深い」 (9時13分)

ダニエル太郎、本戦出場ならず (8時33分)

キリオス 西岡撃破で3年ぶりV (8時10分)

西岡良仁 4年ぶりVならず (7時32分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsキリオス (6時00分)

8月7日

大坂、全米前哨戦会場で練習 (23時50分)

西岡「まさかの決勝進出」 (22時21分)

ズベレフ 糖尿病の子供を支援 (21時58分)

SBC女子2ndR 優勝は阿部宏美 (19時03分)

SBC男子2ndR 優勝は伊藤竜馬 (18時25分)

メド 全米OP以来のV「特別」 (16時34分)

西岡 500初決勝「楽しみたい」 (14時03分)

西岡良仁 ルブレフ撃破でV王手 (11時37分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsルブレフ (9時43分)

ダニエル太郎 快勝で本戦王手 (8時57分)

世界1位メド 今季初V王手 (7時27分)

8月6日

キリオス MP5本しのぎ4強 (21時36分)

西岡「マジできつかった」 (21時05分)

SBC女子 2ndラウンド8強揃う (20時43分)

SBC男子 2ndラウンド8強揃う (20時20分)

第40回全小 女子は駒田唯衣がV (17時59分)

第40回全小 男子は川村准椰がV (17時22分)

メドらモントリオール組み合わせ (13時18分)

西岡が2年半ぶりツアー4強 (11時14分)

大坂なおみ 初戦は世界37位 (9時33分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsエヴァンス (8時40分)

キリオスが今季6度目の8強 (8時03分)

大坂、敗戦も「自信がある」 (7時01分)

ナダルがモントリオール欠場 (5時58分)

8月5日

YouTube 成蹊高校テニスを取材!前編 (22時09分)

第40回全小 女子4強出揃う (19時47分)

第40回全小 男子4強出揃う (19時26分)

第1シードのサッカリ 初戦敗退 (16時47分)

同性愛を告白「幸せ感じる」 (15時11分)

大坂 ガウフに屈し8強逃す (12時39分)

【1ポイント速報】大坂vsガウフ (11時04分)

ダブルフォルト23本記録も8強 (10時01分)

ラドゥカヌ 2度のTB制し8強 (8時11分)

元世界1位マレー WC獲得 (7時33分)

西岡、準々決勝はエヴァンス (6時32分)

ジョコ、モントリオール欠場 (5時35分)

西岡良仁 シティOPで初8強 (3時28分)

【1ポイント速報】西岡vsハチャノフ (1時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!