ラオニッチ 25本エースで8強

ゲッティイメージズ
8強入りしたラオニッチ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのリベマ・オープン(オランダ/スヘルトーヘンボス、芝、ATP250)は13日、シングルス2回戦が行われ、元世界ランク3位のM・ラオニッチ(カナダ)が世界ランク85位のR・バウティスタ=アグ(スペイン)を4-6, 6-2, 7-5の逆転で破り、今季2度目のベスト8進出を果たした。

>>大坂 なおみvsアンドレースク 1ポイント速報<<

>>大坂 なおみ、サスノビッチらリベマOP組合せ<<

現在世界ランク197位で33歳のラオニッチは今季、2月のABNアムロ世界テニス・トーナメント(オランダ/ロッテルダム、室内ハード、ATP500)で8強入りするも3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)2回戦を前に負傷により棄権した。

その後欠場が続いたものの約3ヵ月ぶりの公式戦となった今大会の1回戦では世界ランク37位のJ・トンプソン(オーストラリア)を6-3, 6-4のストレートで下し初戦を突破した。

そして2回戦、ラオニッチは25本のサービスエースを決めファーストサービスが入ったときに89パーセントの高い確率でポイントを獲得。第1セットでは1度のブレークを許し先行されるも第2セットで2度、ファイナルセットで1度のブレークを奪い、1時間47分で勝利した。

準々決勝では第1シードのA・デ ミノー(オーストラリア)と対戦する。デ ミノーは初戦となる2回戦、ラッキールーザーで本戦入りした世界ランク81位のZ・ベルグス(ベルギー)を7-5, 6-4のストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第2シードのT・ポール(アメリカ)、第7シードのS・コルダ(アメリカ)、世界ランク87位のA・ブキッチ(オーストラリア)が8強に駒を進めた。


【ディアドラ】最新テニスウエア・シューズ
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・元世界3位ラオニッチ 復帰戦の芝で快勝
・ラオニッチ 今季3度目の負傷棄権
・ラオニッチ 3年ぶりツアー8強

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年6月14日11時26分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadora ゲームシャツ   【4】diadora ショーツ


次へ 次へ

【5】NEWERA 長袖TEE   【6】diadora ビーアイコン


>>   テニスショップを見る

ディアドラテニスシューズ

その他のニュース
もっと見る(+5件)