ジョコ「僕は全仏V候補ではない」

ゲッティイメージズ
ジョコビッチ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのゴーネット・ジュネーブ・オープン(スイス/ジュネーブ、レッドクレー、ATP250)は24日、シングルス準決勝が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)は世界ランク44位のT・マハーチ(チェコ)に4-6, 6-0, 1-6のフルセットで敗れ準決勝敗退となり、今季初のツアー決勝進出とはならなかった。試合後の会見でジョコビッチは26日に開幕する全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)に向けて「僕は優勝候補ではない」と述べた。

>>錦織 圭vsディアロ 1ポイント速報<<

>>錦織 圭、西岡 良仁、ダニエル 太郎ら全仏OP組合せ<<

今シーズンいまだ獲得タイトルが0となっている世界ランク1位で37歳のジョコビッチ。次週には連覇のかかる全仏オープンが控えるなか今大会への出場を決めた。

迎えた今大会は初戦の2回戦で世界ランク85位のY・ハンフマン(ドイツ)、準々決勝で第6シードのT・フリークスポール(オランダ)を下し4強入りした。

そしてこの日の準決勝、ジョコビッチは第1セットの第4ゲームで先にブレークを奪いリードしたものの、第6ゲームからマハーチに5ゲームを連取され先行される。

第1セット終了後にジョコビッチはメディカルタイムアウトを取り、ドクターの診察を受けるなど体調がすぐれない様子をみせるも試合を続行。すると第2セットではマハーチが精彩を欠き、ジョコビッチは1ゲームも奪われずに6ゲームを連取して1セットオールに追いつく。

しかし、迎えたファイナルセット、ジョコビッチはサービス時のポイント獲得率が44パーセントに留まりマハーチに3度のブレークを許すと、自身は1度もブレークを奪えず、2時間6分で準決勝敗退となり、全仏オープンに不安を残す結果となった。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトにジョコビッチのコメントを掲載し全仏オープンに向けて次のように語った。

「(全仏オープン連覇について)もちろん心配している。今年は全く良いプレーができていない。いい試合も何試合かあったけど、それが現実だ。受け入れるしかない。一戦一戦こなして、自分がどこまで行けるか見ていきたい。僕は優勝候補ではないし、やるべきことがたくさんあるんだ」

また、試合途中でメディカルタイムアウトを取ったことについては「今日は胃も調子も最悪だった。昨夜も今日もあまり良いものではなかった。正直なところ、この試合についてどう考えればいいのかわからない。このことは忘れてパリに向かうよ」と語った。

なお、勝利したマハーチは決勝で第2シードのC・ルード(ノルウェー)と世界ランク56位のF・コボッリ(イタリア)のどちらかと対戦する。

[PR]全仏オープンテニス 5/26(日)~6/9(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWでは大会第1日を無料放送&ライブ配信!
WOWOWオンデマンドでは日本人選手の試合を全試合ライブ配信予定!


■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ディアドラ】2024最新ウエア・シューズ
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・ジョコ 世界44位に屈し準決勝敗退
・1100勝ジョコ 歴代3番目の記録
・ジョコ 37歳に、生涯獲得賞金は280億円超え

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年5月25日10時02分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadoraポロアイコン   【4】NEWERA長袖TEE


次へ 次へ

【5】diadoraトルネオ2   【6】diadoraパワースカート


>>   テニスショップを見る

ディアドラキャンペーン

その他のニュース
もっと見る(+5件)