- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 復帰戦は「散々だった」

錦織圭
世界ランク9位の錦織圭
画像提供: ゲッティ イメージズ
2019シーズン最初のグランドスラムとなる「全豪オープンテニス」が2019年1月14日(月・祝)開幕!トップ10返り咲きを果たし、悲願のグランドスラム初制覇を狙う錦織圭にWOWOWがインタビュー!

WOWOWでは、2019シーズン最初のグランドスラム(四大大会)、全豪オープンテニスの熱戦の模様をオーストラリアのメルボルンより連日生中継でお届けする。20代最後のシーズンとなる錦織圭にとって、2019年は「勝負の年」。ケガからの復帰だった2018年とは違い、トップ10内からスタートする2019年は上を目指す一年になる。

拠点のフロリダで新シーズン開幕に向けて練習を行う錦織圭にWOWOWがインタビューを行った。

==================================================
Q:錦織選手にとって2018年はどんな一年でしたか?

「体感的には、すごく長い一年でした。いろんなことがあった一年で、初めは特に苦戦した半年間でしたし、それを乗り越えられた後半でした。いつもよりアップダウンもあり、闘うことも多かったので、いろんなことを経験できた一年だったのかなと思います」

Q:乗り越えられたのは何が要因だったのでしょう?

「トップ10に戻りたい気持ちなど、テニスができる幸せも今年は多く感じました。半年間休み、テニスから離れた時期を長く感じたので、テニスが100%できるという楽しさは改めて感じることができ、逆にいい休みになりました。今までずっと続けて前線でやってきた中で、ある意味いい休養も取れたので、またテニスが楽しくプレーできています」

Q:ケガを乗り越えて、今年得たものはありますか?

「いろいろありますね。ケガのおかげでまたいろんなことと対面して、乗り越えていく力もできてきました。難しい一年ではありましたが、ケガをしたことによって得られた強さだったり、サーブを変えるきっかけになったり、トレーニングも新たに取り組めたり、ケガのおかげで出会えたこともたくさんあったので、いいきっかけにできたと思います」

Q:ファイナルズまで行けたことについて自分自身の感想はいかがですか?

「最初の頃は、どこまで戻ってこられるか、なかなか先が見えなかったので、不安がいっぱいでした。特に1試合目は、宙に浮いているような散々な結果だったのでテニスはあまり良くなかったです。でも、そこから少しずつ自分の調子も戻していけて、まずはモンテカルロで準優勝して、自信が徐々につき始めました。本当に今年は少しずつでしたね。ちょっとずつの自信だったり経験値だったりが、階段を上っていくように取り戻していけたので、体感的に長い道のりだったと感じました」

Q:オフはどんなことをしましたか?

「あんまりこれと言ったことはしていませんが、1回だけ友達と温泉に行って1泊して帰ってきました。それ以外は、ゆっくりしていたり、日本では買い物が好きなので、いろんなところに行ったりしていました」

Q:オフが終わって、来年に向けてどんなことに取り組んでいますか?

「ショットの見直しなど、まだまだ伸びるところを細かい球出しでやっていくということはやってきています。まだまだ足りないところはたくさんありますし、サーブもそういった意味ではまだまだ強くしていかなければいけない。そういった見直しは重点的に12月にやっています」

Q:自分で一番のびしろがあると思うところはどこですか?

「ディフェンスですかね。走らされたときにいいディフェンスができるようにしたいですね。マレーやジョコビッチもナダルも、すごくいいディフェンスがあって攻撃に変えていけているので、ああいう守りの強さというのも欲しいなと思います。まだまだ伸ばしたいショットはあります。10までは行きませんがそのくらいはあると思います」

Q:全豪オープンに向けての気持ちはいかがですか?

「楽しみですね。オーストラリアでプレーするのは好きなので。最近一番よくなっているグランドスラムの一つでもありますし、サポートもどのグランドスラムよりも多く感じるので、いい結果を残したいです」

Q:ハワイオープンに出場することになった経緯とみどころは?

「ハワイはブリスベンの途中でもありますし、ハワイでトレーニングできる場所も見つけたのがきっかけです。いい調整になると思いました。まだシーズンは始まっていないので、テニス感を取り戻していければいいかなと思います」

==================================================

錦織圭は悲願のグランドスラム初制覇なるか!?
WOWOWでは「全豪オープンテニス」を1月14日(月・祝)から1月27日(日)まで連日生中継。
大会第1日(1月14日(月・祝))は無料放送でお届け。
詳しくは、WOWOW TENNIS ONLINE(wowow.co.jp/tennis)へ!
http://www.wowow.co.jp/sports/tennis/

◆◆◆WOWOW番組情報◆◆◆

■「全豪オープンテニス」
【放送日】2019年1月14日(月・祝)〜27日(日)連日生中継[WOWOWプライム][WOWOWライブ] ※第1日無料放送

■「新シーズン開幕へ!錦織圭・大坂なおみ 勝負の年」 
開幕直前のテニス2019シーズンを松岡修造がプレゼン!錦織圭、大坂なおみらの活躍が期待される新シーズンの見どころを一挙紹介する。
【放送日】12月22日(土)午後3:50 [WOWOWプライム] ※無料放送

■「ハワイオープンテニス」
錦織圭出場予定!新シーズンに向け始動する日本のエースが参戦する南国ハワイでのエキシビションマッチの模様を放送。
【放送日】12月25日(火)夜8:00 [WOWOWライブ]

■「テニス2019シーズン開幕!ブリスベン&ホップマンカップ」
錦織圭が出場を予定するATPツアーの開幕戦ブリスベンと、ロジャー・フェデラーやセレナ・ウイリアムズらが出場予定の男女混合国別対抗戦ホップマンカップをお届け。
【放送日】12月29日(土)〜2019年1月6日(日)連日生中継 [WOWOWプライム][WOWOWライブ]※12月29日(土)〜2019年1月2日(水)無料放送

■「錦織圭 復活〜世界の頂を目指して〜」
右手首の故障からの復活、そしてトップ10へ返り咲いた日本のエース錦織圭。2019年、まだ見ぬ頂を目指す彼の強さ、そして想いを描き出す。
【放送日】12月31日(月)午前9:00 [WOWOWライブ]

その他、12月31日はテニス関連番組盛りだくさんでお届け!


■ 関連ニュース

・錦織らハワイOP組み合わせ
・錦織の張り 3つの流儀とは
・フェデラー 錦織を称賛「尊敬」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年12月21日20時20分)

オススメ記事
その他のニュース

11月15日

フェデラー「戦術明確だった」 (12時16分)

ジョコ、フェデラーに脱帽 (11時10分)

ナダル 最年長の年間最終1位 (10時39分)

フェデラー「完璧に機能」 (7時26分)

フェデラー決勝Tへ ジョコ撃破 (6時46分)

11月14日

【速1ポイント報】フェデラーvsジョコビッチ (23時04分)

奈良ら安藤証券OP8強へ (20時40分)

松田絵理香 全豪JrWC獲得 (20時08分)

「ほぼ負け」からナダル勝利 (12時16分)

「本当に悪かった」とズベレフ (11時31分)

チチパス圧勝、決勝Tへ進出 (10時48分)

ナダル 崖っぷちから大逆転勝利 (7時16分)

11月13日

【1ポイント速報】チチパスvsズべレフ (23時03分)

安藤証券OP 日比野ら2回戦へ (20時05分)

全豪JrWC 松田絵理香が決勝へ (18時26分)

フェデラー「満足」ジョコ戦へ (16時26分)

ジョコ撃破で初の決勝T進出 (11時27分)

元世界4位が現役引退を発表 (10時57分)

ジョコ「脱帽、祝福したい」 (9時21分)

ジョコビッチ 死闘の末に惜敗 (8時23分)

フェデラー 快勝で1勝1敗 (1時09分)

11月12日

【1ポイント速報】ジョコビッチvsティーム (23時02分)

全豪ジュニアWC 12日の結果 (20時51分)

ナダル初撃破「最終戦は特別」 (13時32分)

チチパス「最も重要な勝利」 (12時04分)

ナダル「がっかり」 初戦黒星 (11時05分)

ナダル 完敗で黒星スタート (9時13分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!