- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコ、ハレプがITF世界王者に

ノヴァーク・ジョコビッチ、シモナ・ハレプ
ジョコビッチとハレプ
画像提供: ゲッティイメージズ
国際テニス連盟ITFは13日、男子テニスで世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)と女子テニスで世界ランク1位のS・ハレプ(ルーマニア)へ2018年ITFワールド・チャンピオンの称号を与えると発表した。

同賞はシーズンを通しての成績とITFが統括する国別対抗戦 デビスカップとフェドカップの成績から選出されており、昨年はR・ナダル(スペイン)G・ムグルサ(スペイン)が選ばれている。

31歳のジョコビッチは2015年以来3年ぶり6度目、27歳のハレプは初の受賞となった。

今シーズン肘のけがから復帰したジョコビッチは、序盤こそ早期敗退に終わっていたが、5月のBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)で4強入り、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)でベスト8、フィーバー・ツリー選手権(イギリス/ロンドン、芝、ATP500)で準優勝を果たすなど徐々に調子を上げていった。

その後、7月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で3年ぶり4度目の優勝を飾ると、本来の調子を取り戻しW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)、ロレックス・上海マスターズ(中国/上海、ハード、ATP1000)で立て続けにタイトルを獲得。年間最終ランキング1位となりシーズンを終わらせた。

ジョコビッチはITF公式サイトで「ITFチャンピオン再びになれたことを光栄に思う。この結果はとても誇り。今年は身体的に難しかったときもあったがトップに戻ることができてとてもうれしい。また、6度目の選出でP・サンプラス(アメリカ)に並ぶことができて満足している」と語った。

一方、ハレプは今季1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)決勝で敗れたが、5月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で悲願の四大大会初優勝を飾った。

しかし、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)から2大会連続の初戦敗退を喫すと、チャイナ・オープン(中国/北京、ハード、プレミア・マンダトリー)は途中棄権。VTBクレムリン・カップ(ロシア/モスクワ、室内ハード、プレミア)、BNPパリバ WTAファイナルズ・シンガポール(シンガポール、室内ハード)は背中の負傷で棄権していた。

それでも、2年連続で年間最終世界ランク1位でシーズンを終えるなど、安定した成績をおさめた。

ハレプは「初めてITFチャンピオンに選ばれとても光栄。今年はローランギャロスで初めてグランドスラムタイトルを獲得し、世界1位で終えることができた。このように認められることは重要なこと。来シーズンへのモチベーションになる」と公式サイトに語っている。

ジョコビッチは今後、今月27日に開幕するエキシビションムバダラ・ワールド・テニス・チャンピオンシップ(アラブ首長国連邦/アブダビ、ハード)にナダル、K・アンダーソン(南アフリカ)らと参加する。

ハレプは2019年1月7日から行われるシドニー国際(オーストラリア/シドニー、ハード、プレミア)に出場予定。同大会には大坂なおみA・ケルバー(ドイツ)S・スティーブンス(アメリカ)らも出場する。

錦織圭 復活〜世界の頂を目指して〜」
右手首の故障からの復活、そしてトップ10へ返り咲いた日本のエース錦織圭。2019年、まだ見ぬ頂を目指す彼の強さ、そして想いを描き出す。

【放送予定】
12月15日(土)よる6:00
■詳細・配信スケジュールはこちら>





■関連ニュース

・ナダルとジョコ、激突なるか
・錦織 カリフォルニアで練習
・大坂 ハレプらが全豪前哨戦へ

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年12月14日14時42分)

その他のニュース

6月17日

「今は続けたい」とマレー (19時08分)

錦織7位 17日付日本勢ランク (17時22分)

ガルシア 1日2試合を制し初V (16時24分)

「感謝」7度目挑戦で悲願の初V (14時54分)

添田豪 CH決勝進出ならず (13時46分)

大坂 1位キープで次戦へ (11時52分)

チリッチ 芝へ向けコーチ招へい (10時55分)

快勝で今季2度目V 「満足」 (10時07分)

錦織7位 6/17世界ランク (8時19分)

6月16日

チチパス 初戦は世界29位と (18時34分)

地元V狙い決勝へ「うれしい」 (17時31分)

日比野 ストレート負けで4強逃す (16時47分)

今季2度目Vへ「ベスト尽くす」 (15時29分)

添田豪、快勝でCH4強へ (14時01分)

マレー 復帰戦のドロー決定 (12時04分)

フェデラー 初戦は世界56位に (10時55分)

棄権ラオニッチ「申し訳ない」 (10時05分)

6月15日

大坂らバーミンガム組み合わせ (21時41分)

アンダーソンら芝前哨戦出場一覧 (18時30分)

サーフェス変更も逆転勝ち (18時08分)

内山靖崇「残念」CH4強ならず (17時39分)

チョリッチMPしのぎ逆転4強 (16時58分)

ベルテンス 2試合制し4強 (15時52分)

添田豪 11本エースでCH8強 (14時51分)

MPしのぎ4強入り 激闘制す (13時51分)

フェデラーら レーバー杯参戦 (12時02分)

快勝ラオニッチ「良かった」 (11時22分)

ガスケ 1日2試合制し4強へ (10時52分)

6月14日

錦織に続きティームもハレ欠場 (20時09分)

好調ガリン 今季4度目8強 (19時10分)

モンフィス 激闘の末に敗れる (18時01分)

ズべレフ撃破 復活の兆し (17時09分)

完勝「全てがうまくいった」 (15時00分)

ハチャノフ 完敗で初戦敗退 (13時35分)

ズべレフ 今季初の芝は黒星 (12時02分)

チチパス 風に苦戦で初戦敗退 (11時29分)

錦織 ハレ大会を欠場 (10時33分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!