- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダルとフェデラーが再結成へ

ロジャー・フェデラー/ラファエル・ナダル
第1回でペアを組んだナダルとフェデラー
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスのエキシビション レーバー・カップが2019年9月20日から22日にかけて、スイス・ジュネーブで開催される。高い注目を集めるこの第3回レーバー・カップにR・ナダル(スペイン)R・フェデラー(スイス)とチームを組む。

これはB・ボルグ(スウェーデン)率いるチーム・ヨーロッパが、連勝記録を更新し再びタイトルを獲得するための大きな戦略。

史上最強のライバルであり、最高の選手と言えるフェデラーとナダルは、初開催となった2017年のプラハ大会にも出場しており、その時に両者がペアを組んで勝利をおさめたダブルスは有名。

チーム・ヨーロッパのキャプテンであるボルグは、2019年に可能な限り強いチーム・ヨーロッパを作るため、フェデラーとナダルを共に指名している。

「ジュネーブでのレーバー・カップにフェデラーとナダルの両方を指名することは、キャプテンとしてこれ以上のことはない」とボルグは語る。

フェデラーはまた、自身の祖国であるスイスで開催される大会を楽しみにしながら3度目となるトロフィーを掲げることを視野に入れている。

「レーバー・カップの成功に我々は驚いている。この2年間でどちらかのチームに参加してくれた全ての選手達にとって、とても特別なものになっている。キャプテンのボルグが自分とラファの両方をチームへ招いてくれたことに興奮している。プラハではとても楽しんだし、祖国スイスでまた彼とチームを組んで再びタイトルを獲得するチャンスに恵まれたことはとても特別なことになるだろう」

J・マッケンロー(アメリカ)はチーム・ワールドの勝利へ非常にモチベーションを高めている。

「我々は負けないためにも必死で戦う必要がある。これまでの直接的な経験からラファと対戦することがどれほど大変かは分かっている。彼がチーム・ヨーロッパの一員となることは我々のチームにとって非常に大きなこと」

3日間にわたるこの大会は、ボルグをキャプテンとしたヨーロッパからの男子トップ選手6人のチームと、マッケンローをキャプテンとするその他の地域からの男子トップ選手6人によるチーム対抗戦で、これまでプラハとシカゴで満員の観客の中で行われた。

オーストラリアのレジェンドであるR・レーバー(オーストラリア)から名前をとったこの大会は、ジュネーブに特別に建設された17,000席のスタジアムで、センセーショナルな黒いコートで開催される。

錦織圭 復活〜世界の頂を目指して〜」
右手首の故障からの復活、そしてトップ10へ返り咲いた日本のエース錦織圭。2019年、まだ見ぬ頂を目指す彼の強さ、そして想いを描き出す。

【放送予定】
12月15日(土)よる6:00
■詳細・配信スケジュールはこちら>


■関連ニュース

・ナダルとジョコ、激突なるか
・錦織ら 全豪OP本戦出場一覧
・錦織 ハワイのユニクロに登場

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年12月14日12時16分)

その他のニュース

6月17日

「今は続けたい」とマレー (19時08分)

錦織7位 17日付日本勢ランク (17時22分)

ガルシア 1日2試合を制し初V (16時24分)

「感謝」7度目挑戦で悲願の初V (14時54分)

添田豪 CH決勝進出ならず (13時46分)

大坂 1位キープで次戦へ (11時52分)

チリッチ 芝へ向けコーチ招へい (10時55分)

快勝で今季2度目V 「満足」 (10時07分)

錦織7位 6/17世界ランク (8時19分)

6月16日

チチパス 初戦は世界29位と (18時34分)

地元V狙い決勝へ「うれしい」 (17時31分)

日比野 ストレート負けで4強逃す (16時47分)

今季2度目Vへ「ベスト尽くす」 (15時29分)

添田豪、快勝でCH4強へ (14時01分)

マレー 復帰戦のドロー決定 (12時04分)

フェデラー 初戦は世界56位に (10時55分)

棄権ラオニッチ「申し訳ない」 (10時05分)

6月15日

大坂らバーミンガム組み合わせ (21時41分)

アンダーソンら芝前哨戦出場一覧 (18時30分)

サーフェス変更も逆転勝ち (18時08分)

内山靖崇「残念」CH4強ならず (17時39分)

チョリッチMPしのぎ逆転4強 (16時58分)

ベルテンス 2試合制し4強 (15時52分)

添田豪 11本エースでCH8強 (14時51分)

MPしのぎ4強入り 激闘制す (13時51分)

フェデラーら レーバー杯参戦 (12時02分)

快勝ラオニッチ「良かった」 (11時22分)

ガスケ 1日2試合制し4強へ (10時52分)

6月14日

錦織に続きティームもハレ欠場 (20時09分)

好調ガリン 今季4度目8強 (19時10分)

モンフィス 激闘の末に敗れる (18時01分)

ズべレフ撃破 復活の兆し (17時09分)

完勝「全てがうまくいった」 (15時00分)

ハチャノフ 完敗で初戦敗退 (13時35分)

ズべレフ 今季初の芝は黒星 (12時02分)

チチパス 風に苦戦で初戦敗退 (11時29分)

錦織 ハレ大会を欠場 (10時33分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!