- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

大坂 今季「新しい経験だらけ」

女子テニス最終戦のBNPパリバ WTAファイナルズ・シンガポール(シンガポール、室内ハード)は26日、レッド・グループの予選ラウンドロビン第3戦が行われ、第3シードの大坂なおみは第8シードのK・ベルテンス(オランダ)と対戦したが3-6の時点で途中棄権。この結果、3連敗で今大会敗退が決定し、今シーズン終了となった。

>>ファイナルズ組み合わせ表<<

大坂はベルテンスに勝利すると決勝トーナメント進出の可能性が残されていたが、この日は先にブレークを許す展開に。そして、第1セットを落とすと涙を流し、途中棄権を申し入れた。

女子テニスのWTA公式サイトには「何かを証明できた。それは確か」と大坂のコメントが掲載されている。

今シーズン、大坂は飛躍。3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、プレミア・ マンダトリー)でツアー初優勝を飾ると、9月の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で日本人初の四大大会制覇、さらに10月には世界ランキングで錦織圭伊達公子に並ぶ日本人歴代最高タイの4位を記録した。

初づくしの今シーズンを「新しい経験だらけだった」と振り返り、戸惑いもあったことを明かした。

今大会は初戦と第2戦でミスを重ねて惜敗。勝利を逃し決勝トーナメント進出とはならなかったが、日本女子で3人目のWTAファイナルズ出場を果たしていた。

「そんな経験を積むことができたことに、とても感謝している。成長できたと感じている。そう言えると願いたい。シーズン通して、レベルを維持することに集中したい。それがハードコートだけではなく、どのサーフェスでもいいプレーをすべきだと思っている。それができると思う」

今後は、11月25日に開催される東日本大震災のチャリティーイベント「日清食品ドリームテニスNAGOYA2018」に参加予定。

「きっと休養をとるだろうけど、いつでも休養を取ると初日はとてもうれしい。ただ寝転がって何もしないでいるから。でも2日目には飽きてしまい、またテニスがしたいと思い始めてしまう」

レッド・グループからは第5シードのS・スティーブンス(アメリカ)とベルテンス、ホワイト・グループからは第6シードのE・スイトリナ(ウクライナ)と第7シードのKa・プリスコバ(チェコ)が決勝トーナメントへ進出した。

WTAファイナルズ・シンガポールは8選手が2グループに分かれてリーグ戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出。リーグ戦1位通過者は、もう一方のリーグ戦2位通過者と準決勝で対戦する。

【レッド・グループ】
A・ケルバー(ドイツ) 1勝2敗
大坂なおみ 0勝3敗
S・スティーブンス 3勝0敗
K・ベルテンス 2勝1敗

【ホワイト・グループ】
C・ウォズニアッキ(デンマーク) 1勝2敗
P・クヴィトバ(チェコ) 0勝3敗
E・スイトリナ 3勝0敗
Ka・プリスコバ 2勝1敗

WTAファイナルズ独占生中継! ダゾーンでタダで観よう!(無料トライアル1カ月)
【配信予定】10/21(日)〜10/28(日)
■詳細はこちら>






■関連ニュース

・錦織は「大きな子ども」と大坂
・大坂に完敗 女王ハレプは落胆
・錦織 大坂のVは「シビれた」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年10月27日7時00分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!