- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

大坂に完敗 女王ハレプは落胆

大坂なおみ
(左から)ハレプと大坂なおみ
画像提供: tennis365.net
女子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、プレミア・マンダトリー)は16日、シングルス準決勝が行われ、第1シードのS・ハレプ(ルーマニア)は世界ランク44位の大坂なおみに3-6, 0-6のストレートで敗れ、2015年以来3年ぶり2度目の決勝進出とはならなかった。

>>大坂vsカサキナ 1ポイント速報<<

BNPパリバ・オープンで2015年に優勝、四大大会では3度の準優勝を飾っている世界ランク1位のハレプは、この日、第1セットを落とすと失速。第2セットではファーストサービスのポイント獲得率が29パーセントまでに下がり、第1セットの第7ゲームから9ゲームを連取されて準決勝敗退となった。

女子プロテニス協会のWTAインサイダーのツイッターには、ハレプのコメントが掲載されている。

「試合に集中できてなかった。(第1セットの)3−4まではまぁまぁだったけど、それから(集中が)切れた。なぜか分からない。集中力を失った。彼女(大坂)の方が準備、プレー、試合に勝つことへの心構えができていた。私は違った」

「試合を戦うために、できる限りのことはやった。言い訳を探していない。何が起きたかを説明しただけ。私は準備できていなくて、間違った戦い方をした」

一方、2016年の東レ パン パシフィック オープンテニス(東京/有明コロシアム、ハード、WTAプレミア)以来2度目のツアー決勝進出を果たした20歳の大坂は、第20シードのD・カサキナと優勝を争う。大坂と同い年のカサキナは、準決勝で第8シードのV・ウィリアムズ(アメリカ)を逆転で破っての勝ち上がり。






■関連ニュース

・女王、大坂なおみに太鼓判
・大坂に脱帽「素晴らしかった」
・大坂「もっと上へ進みたい」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年3月17日22時06分)

オススメ記事
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!