- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー「圭はギア上げた」

男子テニスのロレックス・上海マスターズ(中国/上海、ハード、ATP1000)は12日、シングルス準々決勝が行われ、2連覇と3度目の優勝を狙う第1シードのR・フェデラー(スイス)が第8シードの錦織圭を6-4, 7-6 (7-4)のストレートで破り、ベスト4進出を果たした。

>>上海マスターズ対戦表<<

フェデラーは初戦の2回戦で前週の楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス 2018(日本/東京、ハード、ATP500)を制した世界ランク22位のD・メドヴェデフ(ロシア)、3回戦で同28位のR・バウティスタ=アグ(スペイン)をフルセットで振り切り、8強へ駒を進めていた。

この日は錦織から第1セットを先取。第2セットも先にブレークする好スタートを切ったがタイブレークへもつれ、フェデラーは1−4とリードを許す。その後、フォアハンドのウィナーを決めるなどで6ポイントを連取する猛攻を見せ、1時間51分で接戦に終止符を打った。

男子テニス協会のATPには「タフな試合だった。明らかに圭は、メドヴェデフやバウティスタ=アグよりベースラインで主導権を握っていた。違うタイプの試合だったと思う。正直、試合の序盤はかなり満足のいくものだった。最高のプレーができた」とフェデラーのコメントが掲載されている。

「第2セットは鍵となる場面があった。圭はもう一度ギアを上げようとしていた。何とか勝てて終われたから、そのことはとてもうれしく感じている。今日はお互いが何度もいいショットを打つラリーがあった。この状態を明日も続けたい」

準決勝では、第13シードのB・チョリッチ(クロアチア)と対戦する。チョリッチは準々決勝で世界ランク51位のM・エブデン(オーストラリア)をストレートで下しての勝ち上がり。

準決勝で顔を合わせる両者は4度目の対戦で、フェデラーの2勝1敗。今年のゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)決勝ではチョリッチに敗戦を喫している。

フェデラーは「彼(チョリッチ)は本当に自身のテニスを向上させている。コートへ向かい、かつてのショットよりクリーンにボールをとらえている。きっとタフな試合になるはず。彼は守りがいい。そして色んなコートに対応している」と述べている。






■関連ニュース

・錦織 最終戦10位、8日付
・フェデラー 錦織は「欠かせない」
・フェデラー来日「誇りに思う」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年10月13日12時59分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!