- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織を「居心地悪く」ジョコ

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は大会12日目の7日、男子シングルス準決勝が行われ、第6シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第21シードの錦織圭を6-3, 6-4, 6-2のストレートで破り、2年ぶりの決勝進出を果たした。

>>大坂vsセリーナ 1ポイント速報<<

>>ジョコvsデルポ 1ポイント速報<<

>>ジョコら全米OP対戦表<<

>>大坂ら全米OP対戦表<<

今年7月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で完全復活を印象付ける優勝を飾った元世界1位のジョコビッチ。前哨戦のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)では史上初となる「ATPマスターズ1000」全9大会制覇の『ゴールデン・マスターズ』を達成など勢いに乗っており、この日も錦織から主導権を握って試合を支配した。

序盤からミスを重ねる錦織だったが、第1セットの第4ゲームでは徐々にボールをとらえるタイミングが合い始めた。

しかし、このゲームでジョコビッチは1ポイントを取るごとに声を出し、錦織に流れを与えなかった。以降も2本のブレークポイントをしのいで2セットを連取すると流れを引き寄せ、2時間23分で勝利を手にした。

オンコートインタビューで「戦略がうまくいった」と述べていたジョコビッチは、会見で「彼(錦織)の居心地を悪くさせて、チャンスがくるだろうと思っていた。それができた。大切な場面ではサービスで切り抜けられたと思った。リターンもよかった。終始彼にプレッシャーをかけられたし、彼を走らせた。リズムを奪い、同じことをさせなかった。本当に本当に良い試合だった」と手応えを得ていた。

ジョコビッチは「興奮し過ぎてもよくないし、冷静過ぎてもだめ。正しいバランスを見つけなければいけない。自分自身のことをよく知っている。圭とは何度も対戦した。試合をいい状態でスタートさせ、いい準備をし、前向きで、正しい戦術で、それを実行する。実際、それを実行するのが難しい。でも、それは経験が役に立つ」と続けた。

3年ぶり3度目の優勝に王手をかけたジョコビッチは、決勝で第3シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)と対戦する。2009年覇者のデル=ポトロは準決勝で第1シードのR・ナダル(スペイン)の途中棄権により9年ぶり2度目の決勝進出となった。

「テニスの頂点の大会。ベストなプレーをしたい。何か特別なものがある。2週間に亘る5セットマッチの大会。これまでもグランドスラムで多くの成功をおさめられたことは運がよかった。何度も決勝を戦えた。全米やウィンブルドンでプレーするのは本当に好き」

「手術やけが、ツアー離脱、復帰を目指してランキングを戻そうとしていた。ウィンブルドンの優勝は、全米オープン・シリーズへ向けて確実に手助けになった」

「全米オープンテニス」をWOWOWにて連日独占生中継!新規ご加入の方がもれなくもらえるプレゼントもあり!(応募締め切り:9月15日24時まで)

【放送予定】
8月27日(月)〜9月10日(月)

■詳細・配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・錦織との不平等にジョコ不満
・錦織 酷暑「ルールあっても無理」
・錦織 フェレールの引退惜しむ

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年9月8日17時04分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!