- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織のツアー初優勝をATP特集

錦織圭
2008年の錦織圭
画像提供: ゲッティイメージズ
男子プロテニス協会のATPは23日に公式サイトで、世界ランク26位の錦織圭がツアー初優勝を飾った2008年のデルレイビーチ・オープン(アメリカ/デルレイビーチ、ハード、ATP250)を特集した。

当時世界ランク244位の錦織は下部大会を中心に転戦しており、2週間前にはチャレンジャーの予選3回戦で敗退していた。

ATPには、当時を振り返る錦織らのコメントが掲載されている。

「あの時、コーチにデルレイビーチには出場したくないと言っていた。なぜなら、その大会はレベルが違うし、勝てるはずもなかったから。それでもコーチに出場するよう強く勧められた」

18歳の錦織は予選を勝ち抜き、本戦2回戦では12度のブレークピンチをすべて切り抜けてフルセットで勝利。準決勝ではS・クエリー(アメリカ)に4本のマッチポイントを握られる崖っぷちから逆転勝ち。

錦織は「自分はチャレンジャーで、彼(クエリー)は自分より素晴らしい選手だった。自分には全くプレッシャーもなく、失うものはない状態でプレーしていた。だから、窮地でも自由にプレーしていたし、きっと自分の方が攻撃的なテニスをする勇気がよりあったと思う」

決勝で錦織は当時世界ランク12位のJ・ブレイク(アメリカ)を3-6, 6-1, 6-4の逆転で破り、悲願のタイトル獲得を果たした。

ブレイクは「優勝する大きなチャンスだと思った。決勝戦で予選勝者との対戦だったから。彼(錦織)は素晴らしいプレーで僕を倒した。陣営へ戻ると、兄からあの選手(錦織)はきっと素晴らしい選手になるはずだと言われたのを覚えている」と振り返った。

クエリーは「彼(錦織)はブレイクも倒した。ちょっとショックだった。でも振り返ると、大きなショックではなかった。彼は素晴らしいキャリアを築いている」

当時、錦織は『プロジェクト45』を組み、松岡修造の世界ランク46位を抜くことを目標としていた。

この結果、錦織は1992年の松岡修造以来2人目となる日本人男子選手のATPツアー・チャンピオンとなり、1998年に16歳で初優勝を飾った元世界ランク1位のL・ヒューイット(オーストラリア)以来の最年少優勝者となった。

2010年から錦織のコーチについているD・ボッティーニは「本当に凄いことだった。体格もあまり大きくなかったと記憶している。とても痩せていながら、大柄な選手たちと対戦していた。それは本当に素晴らしかった。とても凄いことだった」と当時について語った。

錦織は、同年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で1937年の山岸二郎以来、オープン化以降日本人男子として初の4回戦に進出。さらに、2011年の上海ロレックス・マスターズ(中国/上海、ハード、ATP1000)準決勝進出で、松岡の日本人男子最高位の記録を塗り替えた。

昨年8月から右手首のけがでツアーを離れていた錦織は、現在世界ランキングを26位まで落としているが、2015年3月には自己最高の4位を記録。これまでツアー11大会でタイトルを獲得しており、2014年の全米オープンでは準優勝を飾った。

今年は、2月のRBCテニスチャンピオンシップス・ オブ・ダラス(アメリカ/ダラス、室内ハード、ATPチャレンジャー)で復帰後初優勝を飾り、ツアー復帰戦のニューヨーク・オープン(アメリカ/ニューヨーク、室内ハード、ATP250)では4強入り。今後は26日に開幕のアビエルト・ メキシコ・テルセル(メキシコ/アカプルコ、ハード、ATP500)に出場予定。






■関連ニュース

・錦織ら アカプルコ出場者一覧
・錦織 7カ月ぶり世界ランク上昇
・フェデラー 錦織は「欠かせない」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年2月23日18時36分)

その他のニュース

9月25日

奈良くるみは初戦で逆転負け (10時24分)

9月24日

西岡良仁 快勝で深セン初戦突破 (19時40分)

ティーム「危険な選手」破りV (18時05分)

大坂、激動13時間25分の戦い (17時14分)

日比野 ブシャールに3連勝 (16時02分)

フェデラーら活躍で欧州V2 (12時29分)

錦織12位 24日付世界ランク (11時47分)

錦織破った世界166位は準V (11時26分)

大坂 最終戦ランク3位へ浮上 (10時48分)

大坂 世界ランク8位へ後退 (10時25分)

9月23日

「なおみは誇り」とバイン氏 (21時33分)

ティーム決勝 ワウリンカ敗退 (21時31分)

大坂 次戦ウィルス性疾患で棄権 (21時19分)

ジョコ敗れる レーバー杯 (17時45分)

錦織撃破166位「最大の成功」 (16時54分)

元女王、準V大坂を称賛 (15時44分)

大坂 脱帽「疲れ感じている」 (14時24分)

大坂 準V「来年頑張ります」 (12時55分)

大坂、完敗で凱旋Vならず (12時15分)

【1ポイント速報】大坂vsプリスコバ (11時00分)

錦織 166位にまさかの逆転負け (1時07分)

【1ポイント】錦織vsバッヒンガー (1時01分)

9月22日

フェデラー/ ジョコ組は惜敗 (20時05分)

日本勢初V快挙「うれしい」 (19時25分)

大坂戦へ闘志「勝機ある」 (18時51分)

大坂 凱旋Vへ自信「反省点ない」 (18時02分)

加藤/二宮組 日本勢初V快挙 (17時31分)

大坂 朝食はコンビニのおにぎり (16時01分)

大坂 決勝進出で地元初V王手 (15時44分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsジョルジ (14時34分)

決勝は大坂かジョルジとV争い (14時18分)

錦織「とてもタフな試合」制す (12時51分)

デニムに合うテニスウェアCP (12時39分)

錦織 準決勝は世界166位 (11時02分)

錦織、激闘制し辛勝で4強 (3時24分)

【1ポイント速報】錦織 準々決勝 (3時20分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!