- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

日本男子初の全豪複決勝ならず

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は11日目の25日、ダブルス準決勝が行われ、マクラクラン勉/ J・シュトルフ(ドイツ)組は第7シードのO・マラチ(オーストリア)/ M・パビッチ(クロアチア)組に6-4, 5-7, 6-7 (4-7)の逆転で敗れ、惜しくも四大大会初の決勝進出とはならなかった。

>>フェデラーvsチョン 1ポイント速報<<

>>全豪OP 男子対戦表<<

この日、第1セットを先取したマクラクラン/ シュトルフ組は第2セットを接戦の末に落とし、セットカウント1−1に追いつかれる。ファイナルセットも一進一退の攻防が続いたが、タイブレークの末に惜敗した。

マクラクラン/ シュトルフ組は1回戦で地元のT・コキナキス(オーストラリア)/ J・トンプソン(オーストラリア)組、2回戦で第9シードのF・ロペス(スペイン)/ M・ロペス(スペイン)組、3回戦でP・カレノ=ブスタ(スペイン)/ G・ガルシア=ロペス(スペイン)組、準々決勝で第1シードのL・クボット(ポーランド)/ M・メロ(ブラジル)組を次々と破る快進撃を見せていた。

全豪オープンのダブルスで日本男子が4強入りするのは史上初の快挙、四大大会では1955年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で優勝した宮城淳/ 加茂公成組以来63年ぶりだった。

昨年に国籍をニュージーランドから日本に変更したマクラクランは、同年9月の国別対抗戦 デビスカップ ワールドグループ入れ替え戦(プレーオフ)の日本代表に選出。内山靖崇とペアを組んだ楽天ジャパン・オープン(日本/東京、ハード、ATP500)では、日本人ペアで2005年の岩渕聡/ 鈴木貴男組以来12年ぶり史上2組目の優勝を成し遂げた。

一方、勝利したマラチ/ パビッチ組は決勝で、第6シードのB・ブライアン(アメリカ)/ M・ブライアン(アメリカ)組と第11シードのJ・S・キャバル(コロンビア)/ R・ファラ(コロンビア)組の勝者と対戦する。






■関連ニュース

・マクラクラン勉 国籍変更の理由
・主審に怒り「仕事お粗末」
・ユーチューバーが試合を妨害

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年1月25日13時42分)

オススメ記事
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!