- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

次世代TOP ズベレフとキリオス

ニック・キリオス/アレクサンダー・ズベレフ
(手前から)ズベレフとキリオス
画像提供: ゲッティ イメージズ
男子プロテニス協会のATPは28日に公式サイトで、2017年のライバル関係特集として次世代男子テニス界の中心となるA・ズベレフ(ドイツ)N・キリオス(オーストラリア)の2人を取り上げた。

これまでの男子ツアーの歴史で、最大のライバル関係の1つとして語られているR・ナダル(スペイン)R・フェデラー(スイス)は2017年にも名勝負を繰り広げ、世界ランクのトップ2でシーズンを終了。しかし、今シーズンを振り返るとナダルとフェデラーら以外にも次世代を担うライバル関係があった。

20歳のズベレフと22歳のキリオスは、かつてトップジュニアとして名を広め、期待されていた。オールラウンダーでパワフルなテニスが持ち味のズベレフと、マジシャンのようなショットを披露するキリオスが顔を合わせるのは時間の問題だった。

初めての対戦したのは今年3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)3回戦で、キリオスがズベレフに1度もブレークチャンスを与えずに6-3, 6-4のストレートで一蹴した。

その後、キリオスは同大会の第2シードだったN・ジョコビッチ(セルビア)から今季2度目の勝利を飾ったが、フェデラーとの準々決勝を前に体調不良のため不戦敗で大会を終えた。

キリオスに敗れたズベレフは落胆を隠せず、これまでで最悪の試合だったと振り返った。翌週のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)準々決勝でもキリオスに敗戦を喫した。

その後、レベルを上げたズベレフは5月のBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)で自身初のマスターズ優勝を飾り、自己最高の世界ランク3位を記録する躍進を見せた。

次に両者が対戦したのは8月に行われたロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)3回戦。前週のシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)でズベレフは今季4度目のタイトルを獲得し、トップ10デビューを果たしたばかりだった。

試合は、勢いに乗るズベレフがキリオスを6-4, 6-3のストレートで下して初勝利をあげた。その後も勝ち進んだズベレフは、2007年のD・ナルバンディアン(アルゼンチン)以来となるビッグ4以外でシーズン2度以上マスターズを制覇した選手となった。

10月のチャイナ・オープン(中国/北京、ハード、ATP500)準決勝はキリオスがズベレフを6-3, 7-5のストレートで破った。

ズベレフもキリオスも現在成長途中で、高いポテンシャルを秘めている。ズベレフは目覚ましい成長ぶりを、Nitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)初出場と世界ランク4位でシーズンを終えて証明。一方のキリオスは2017年に優勝はなかったが、トップ5選手との6度の対戦のうち4勝する強さを見せた。






■関連ニュース■

・珍事 キリオス線審にタオル渡す
・錦織の棄権をキリオス擁護
・フェデラーに惜敗 キリオス落胆
(2017年11月29日11時38分)

その他のニュース

1月23日

ジョコ脱帽「信じられない」 (7時41分)

1月22日

快挙 韓国史上初の四大大会8強 (22時39分)

佐藤南帆 全豪Jr16強入り (22時11分)

大坂なおみ 女王敗れるも前向き (21時20分)

ジョコ 全豪OP4回戦敗退 (20時37分)

【1ポイント速報】ジョコvsチョン (20時36分)

金星 世界97位が四大大会初8強 (19時29分)

大坂破ったハレプ「嬉しい」 (19時05分)

田島組、市川組破り初戦突破 (17時15分)

ケルバー 大逆転で全豪8強入り (16時57分)

大坂なおみ 四大大会初8強ならず (16時31分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsハレプ (16時30分)

フェデラー 全豪3年連続8強 (15時39分)

快進撃 マクラクラン組が8強 (14時42分)

ベルディヒ 2年ぶり7度目の8強 (13時38分)

大坂なおみ 大一番へ最終調整 (13時01分)

全豪Jr 市川泰誠は逆転許す (12時40分)

錦織出場のCH大会 ATP特集 (11時39分)

エドモンド 四大大会初Vに自信 (11時01分)

青山修子、全豪複3回戦敗退 (10時42分)

【1ポイント速報】青山組 全豪OP複3回戦 (8時48分)

フェデラー、ズベレフへ金言 (7時50分)

1月21日

大坂なおみ 女王戦へ向け調整 (22時46分)

フェデラー 背中「問題ない」 (22時10分)

ディミトロフ 激闘制し全豪8強 (21時39分)

【1ポイント速報】ディミトロフvsキリオス (21時37分)

全豪Jr 永田3時間の死闘制す (17時47分)

王者ナダル 全豪2年連続8強 (17時19分)

全豪OP 2018年の賞金一覧 (16時43分)

ヒューイット組 相手棄権で8強 (15時36分)

チリッチ 逆転で8年ぶり8強 (14時47分)

ジョコ 韓国のチョンを警戒 (11時46分)

WTA最終戦 来年から中国開催 (10時33分)

ナダル 猛暑と平等性に見解 (9時19分)

錦織 復帰戦の組み合わせ発表 (6時15分)

1月20日

主審に怒り「仕事お粗末」 (22時25分)

全豪Jr 内藤祐希らが初戦突破 (22時13分)

全豪Jr 市川が勝利、田島は敗退 (21時35分)

フェデラー ガスケ破り16強へ (21時13分)

【1ポイント速報】全豪3回戦 (21時12分)

チョン初16強 ズベレフ撃破 (20時24分)

ジョコ 11度目の全豪16強 (19時54分)

シャラポワ 元女王対決で完敗 (19時17分)

大坂16強、日本勢18年ぶり (18時33分)

大坂なおみ 四大大会初16強 (16時35分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsバーティ (15時15分)

「死にかけた」辛くも16強へ (13時29分)

俳優フェレル 全豪で記者会見 (12時25分)

猛暑から一変の全豪 20度台へ (11時31分)

青山修子、全豪複で16強へ (10時55分)

ウィル・スミスが全豪OP観戦 (10時22分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!