- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

GS初の決勝「最高の気分」

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は8日、男子シングルス準決勝が行われ、第12シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)を逆転で破って四大大会初の決勝進出を果たした第28シードのK・アンダーソン(南アフリカ)が、試合後の会見で「心の奥底でいつかはチャンスが訪れると思っていた。目の前の試合だけに集中していた。すると、こうして決勝の舞台に立てていた。最高の気分」とコメントした。

>>ナダルvsアンダーソン 1ポイント速報<<

>>全米OP対戦表<<

現在31歳のアンダーソンは近年怪我に苦しみ、今年は1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)を欠場し、2月のメンフィス・オープン(アメリカ/メンフィス、ハード、ATP250)からシーズンをスタートさせていた。

「去年は特に難しかった。怪我から復帰したと思ったらまた怪我をしたり。とてもストレスがたまった。シーズンの終わりへ向けては臀部に怪我を負ってしまい、それが一番酷かったかも知れない。だから、今年の初めはオーストラリアではプレーできなかった」

「シーズンを始めると素晴らしい感触でボールが打てていたが、その成果が試合でなかなか表れなかった。クレーコート・シーズンで徐々に勝てるようになり、良い方向へ向かっていると感じられた。この大会へも、あまり先を考えずに1試合1試合しっかり戦っていた」

シーズン序盤は早期敗退が相次ぐも徐々に調子を上げていき、今大会前哨戦のシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)ではD・ティーム(オーストリア)らを破って準優勝を飾っていた。

怪我を乗り越え、この大舞台で初の決勝進出を果たした飛躍をアンダーソンは「メンタルは大きな要因になる」と分析。

「ほんの数ポイントで勝敗が分かれてしまう。メンタルがより強ければ、より良いプレーができる。トップ選手のプレーを見ていると、彼らは精神的に最高の選手であり、自分もそこに重きを置いて練習している。そして、より自分の能力を信頼するように努めているし、より辛抱強くなったと感じる」

初のグランドスラム・タイトルをかけ、決勝戦では第1シードのR・ナダル(スペイン)と対戦する。ナダルは同日の試合で第23シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)を破っての勝ち上がり。

アンダーソンとナダルは今回が5度目の対戦で、ナダルの4連勝中。






■関連ニュース■ 

・ナダル全米決勝へ デルポ撃破
・フェデラー落胆「辛いこと」
・ナダル苦言「うるさ過ぎた」
(2017年9月9日17時09分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!