- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダル苦言「うるさ過ぎた」

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は29日、男子シングルス1回戦が行われ、世界ランク85位のD・ラヨビッチ(セルビア)を7-6 (8-6), 6-2, 6-2のストレートで下して初戦突破を果たした第1シードのR・ナダル(スペイン)が、屋根が閉められたセンターコートでの戦いにについて「正直なところ、ちょっとうるさ過ぎた」と、会見で明かした。

>>全米OP対戦表<<

この日、雨による悪天候でほとんどの試合が順延となり、開閉式の屋根が装備されているセンターコートのアーサー・アッシュ・スタジアムのみ試合が行われた。

会見でナダルは「エネルギーと観客からの声援は本当に大きかった。それを楽しんでいたし、この大会やコートには忘れられない思い出がある。エネルギーが他の大会とは違うから。同時に、屋根の下ではうるさ過ぎたのは事実。相手がボールを打ってもその音が聞こえなかった」と、苦言を呈した。

試合については「序盤は難しかった。多少の緊張があった。毎日高いレベルで練習をしていたが、今日はそのレベルのプレーが出せなかった。でも大切なのは勝てたということ。また次の試合まで1日練習ができる。そしてより良いプレーをするチャンスがまたある。初戦というのは緊張するものだから、勝てたことが重要。これから更にプレーのレベルを上げたい」と次戦へ意気込みを語っていた。

「今年はここまでとても満足しているし、今はシーズン最後の最も大切な大会にいる。そこで最高のプレーをすることに興奮している」と話したナダルは、続く2回戦で世界ランク121位のダニエル太郎とワイルドカードで出場のT・ポール(アメリカ)の勝者と対戦する。






■関連ニュース■ 

・ナダル「本当に申し訳ない」
・ナダル戦で疑惑の大誤審
・ナダル ズベレフは「将来1位」
(2017年8月30日22時36分)

その他のニュース

7月20日

ガスケ 激闘の末に4強ならず (10時48分)

イズナー 逆転で5度目の4強 (10時08分)

7月19日

全米賞金GS史上最高額に (15時19分)

第1シードは2回戦で敗退 (12時31分)

世界121位に苦戦もガスケ8強 (11時15分)

ニューポートは雨で順延 (11時00分)

地元チョリッチは初戦敗退 (7時08分)

7月18日

ジョコ 初Vハレプを称賛 (21時56分)

元世界4位ガルシア 8強逃す (21時40分)

「毎試合良くなっている」 (20時52分)

フォニーニ 体調不良で途中棄権 (19時57分)

HEAD GRAVITY販売 (17時30分)

大坂ら 全米OP出場予定選手 (17時01分)

好調の21歳アンベール 8強へ (15時59分)

内山 綿貫破りCH初戦突破 (15時09分)

松井俊英が現役最年長ランクイン (12時39分)

ティームら ハンブルグ出場一覧 (11時06分)

同国対決制し8強 ベルダスコ撃破 (9時11分)

イズナー 25本エースで初戦突破 (7時36分)

7月17日

ゲルゲス 手首負傷で途中棄権 (21時29分)

3時間の死闘の末に逆転勝ち (20時19分)

大坂なおみ「自分が幸運」 (18時58分)

守屋、綿貫がCH初戦突破 (17時09分)

ダニエル太郎 初の2回戦ならず (15時44分)

「とても興奮」シード撃破で16強 (13時13分)

大坂 最終戦ランク6位に後退 (11時12分)

イズナー「長い間動けなかった」 (9時25分)

23歳ジャリー 初戦突破で16強 (7時53分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!