- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダル ズベレフは「将来1位」

男子テニスのBNPパリバ・オープン男子(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード)は16日、シングルス4回戦が行われ、第4シードのR・ナダル(スペイン)は世界ランク58位のA・ズベレフ(ドイツ)を6-7 (8-10), 6-0, 7-5の逆転で下してベスト8進出を果たした。試合後、ナダルは18歳のズベレフに対して「将来世界1位にも成り得る選手だ」と称賛した。

>>BNPパリバ・オープン対戦表<<

この試合、ナダルは第1セットをタイブレークの末に落とすも、続く第2セットではズベレフに1ゲームも与えずに取りセットカウント1−1に。第3セットではズベレフにマッチポイントを握られるも、諦めずにチャンスを掴んだナダルが怒涛の追い上げを見せ、逆転で勝利を手にした。

「コートで最後まで諦めなかった精神力には特に満足している。試合中、絶対に勝てると信じていた。厳しい状況に陥りながらも。」とナダルは苦しめられた試合での気持ちを明かしていた。

また、対戦したズベレフは将来世界1位にも成り得る選手だとナダルは語った。ここ最近の彼のプレーを見ても、そう感じさせるものだった。

マッチポイントを握るも敗れたズベレフに対し、ナダルは「彼(ズベレフ)は大きなチャンスを逃したと実感していると思う。」と語っていた。

さらに、今大会の第1シードであるN・ジョコビッチ(セルビア)はナダルの試合を観戦し、ズベレフに驚かされた。

ジョコビッチは「ズベレフはこのようにプレーし続ければ、とても明るい未来が待っている。」と述べていた。

勝利したナダルは今大会4度目の優勝へ向けて、準々決勝では第5シードの錦織圭と対戦する。錦織はこの日、第9シードのJ・イズナー(アメリカ)を1-6, 7-6 (7-2), 7-6 (7-5)で下しての勝ち上がり。

(STATS - AP)






■関連ニュース■ 

・元1位のお墨付き ズベレフ勝利
・18歳ズベレフ 元世界6位撃破
・本音「錦織と戦わなくて済む」
(2016年3月17日17時21分)




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!