- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

本音「錦織と戦わなくて済む」

男子テニスツアーのメンフィス・オープン(アメリカ/メンフィス、ハード)は8日、シングルス1回戦が行われ、第5シードのD・クドラ(アメリカ)R・ラム(アメリカ)を6-4, 6-2のストレートで下し、2回戦進出を決めた。

>>メンフィス・オープン 対戦表<<

今大会に初めてシード選手としてATP大会へ出場しているクドラは、第1セットを先取すると第2セットの第1ゲームでラムのサービスをブレークしてストレートで勝利した。試合を通して5本のサービスエースを記録したクドラは1度もラムにブレークチャンスを与えず、わずか56分の快勝だった。

ウクライナ生まれだが、現在はアメリカ国籍を取得しアメリカ人として戦っている23歳のクドラは、2015年が飛躍のシーズンだった。ウィンブルドンで4回戦進出、アトランタ大会ではベスト4入りを果たした。

「シードがつくのは最高のこと。錦織圭(日本)のような選手と1回戦から戦わなくて済む。」とクドラは本音を打ち明けていた。

今大会に第1シードで出場している錦織は、大会史上初の4連覇を狙っている。

上位4シード選手は1回戦が免除されているため、2回戦から登場する錦織。その2回戦は現地10日に行われる。

世界ランク7位の錦織が今大会で優勝すると、1978・1979年、1983年・1984年にJ・コナーズ(アメリカ)が達成した4度の優勝に並ぶ。

錦織に続くシード選手は、第2シードがS・ジョンソン(アメリカ)、第3シードがD・ヤング(アメリカ)、第4シードがS・クエリー(アメリカ)となっている。

また、予選を勝ち抜いて本戦入りした西岡良仁(日本)は、この日に同じく予選を勝ち上がったJ・ドナルドソン(アメリカ)を6-3, 6-4のストレートで下して2回戦へ駒を進めた。20歳の西岡は日本期待の若手で、今年の初めに世界ランキングで自己最高位の116位を記録している。

(STATS - AP)






■関連ニュース■ 

・錦織「ずるい」 7選手を羨む
・ジョコ 錦織は「過去最高」
・錦織ジョコ並み 人気急上昇
(2016年2月9日20時26分)

その他のニュース

10月23日

WTAもう1つの最終戦が開幕 (12時21分)

23歳チョン ラオニッチ破る (11時38分)

ティーム ツォンガ破り2回戦へ (9時15分)

ズベレフ撃破「気分良い」 (8時25分)

10月22日

錦織8位 日本勢の世界ランク (16時36分)

最終戦ランク 錦織は今季終了 (15時12分)

ディミトロフ 勝利数300達成 (13時56分)

デ杯 日本代表メンバー発表 (11時17分)

フェデラー わずか52分で勝利 (10時50分)

錦織 右ひじ手術で今季終了へ (10時27分)

10月21日

今季初V 昨年覇者に快勝 (21時25分)

今季2勝目「重圧なかった」 (20時50分)

青山/ 柴原組 2週連続V (18時58分)

西岡 バーゼル本戦入りならず (17時49分)

ナダル 故郷マヨルカで結婚式 (17時00分)

ルブレフ 誕生日に地元でV (15時39分)

ティーム 初戦ツォンガと激突 (14時32分)

バイン氏 今季で関係解消へ (13時10分)

大坂3位 21日付の世界ランク (11時22分)

錦織 世界ランク8位へ浮上 (9時31分)

マレー復活「最大の勝利」 (8時40分)

20歳シャポバロフ 悲願の初V (7時30分)

元王者マレー復帰後ツアー初V (1時49分)

【1ポイント速報】マレーvsワウリンカ (1時41分)

10月20日

内山靖崇 寧波チャレンジャーV (17時56分)

杉田祐一 敗退も4強に手応え (17時39分)

10代ペアが今季2勝目 (14時52分)

ワウリンカ「自信ついた」 (14時52分)

杉田を撃破「大変だった」 (11時47分)

マレー ワウリンカとの決勝へ (11時42分)

WTA最終戦 最後の1人確定 (11時39分)

ルブレフ「とてつもなく幸せ」 (11時34分)

マレー決勝へ 復帰後初V王手 (2時37分)

杉田祐一 決勝進出ならず (2時01分)

【1ポイント速報】杉田vsシャポバロフ (1時58分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!