- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

奈良くるみ 逆転で全仏初戦突破

奈良くるみ
逆転勝ちで初戦突破を果たした奈良
画像提供: tennis365.net
テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は28日、女子シングルス1回戦が行われ、世界ランク90位の奈良くるみがワイルドカードで出場の15歳 A・アニシモバ(アメリカ)に3-6, 7-5, 6-4の逆転で勝利し、4年連続の初戦突破を果たした。

>>錦織ら全仏OP対戦表<<

>>全仏OP女子対戦表<<

この日、力強いアニシモバのストロークに押された奈良は、1度もブレーク出来ずに第1セットを落とす。

続く第2セットでもアニシモバにリードを許した奈良だったが、第5ゲームでこの試合初のブレークに成功。その後はブレーク合戦となり、両者譲らず接戦となったが、第11ゲームで奈良がこのセット4度目のブレークに成功すると、続く第12ゲームでキープし、勝敗をファイナルセットへ持ち込む。

その後、ファイナルセットでは動きが鈍くなったアニシモバのミスを誘い、チャンスをものにした奈良が引き離し、勝利を手にした。

2回戦では、第10シードのV・ウィリアムズ(アメリカ)ワン・チャン(中国)の勝者と対戦する。

25歳の奈良は、過去の全仏オープンで2回戦進出が最高成績。グランドスラムでは、2013年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)と2014年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で3回戦へ進出している。

今年1月の全豪オープンでは、本戦へストレートインとなるも、1回戦でS・ボーゲル(スイス)に逆転負けを喫して2年連続の2回戦進出とはならなかった。

一方のアニシモバは現在ジュニアランキング4位の有望選手で、今大会はワイルドカードを獲得してグランドスラム初の本戦出場だった。

同日に行われた男子シングルス1回戦では、予選勝者のダニエル太郎J・ヤノヴィッツ(ポーランド)をストレートで下して2回戦へ進出。杉田祐一は第25シードのS・ジョンソン(アメリカ)と対戦する。






■関連ニュース■ 

・奈良 イケメンは「ゴンサレス」
・奈良 元1位ヒンギスに完勝
・奈良くるみ 笑顔で本戦入り
(2017年5月29日1時40分)

その他のニュース

6月29日

【告知】杉田vsアルトマイヤー (17時35分)

ゲームで「ワウリンカ負かす」 (17時03分)

全英女子 シード順発表 (15時22分)

昨年話題 本戦まであと1勝 (14時13分)

選手が持ち帰る全英タオル (12時46分)

伝説のDF 1日でテニスプロ引退 (11時03分)

大坂なおみ 元1位に2連敗 (8時05分)

添田豪 予選2回戦で力尽きる (7時04分)

杉田祐一 フェレール破り8強 (2時53分)

【1ポイント速報】全英予選 (2時51分)

【1ポイント速報】杉田vsフェレール (2時48分)

伊藤竜馬、全英予選決勝へ (0時45分)

6月28日

大前綾希子 全英予選2回戦へ (23時55分)

加藤未唯、全英予選2回戦へ (23時28分)

ジョコビッチ 芝初戦は白星 (20時34分)

【1ポイント速報】ジョコvsポスピシル (20時33分)

錦織ら全英シード順発表 (18時43分)

錦織 1つ下げ最終戦13位に (17時05分)

婚約発表 世界21位イズナー (15時04分)

ベルダスコ 大会初の8強 (13時01分)

伝説のDF デビュー戦は黒星 (11時12分)

侮辱発言に怒りのセリーナ (10時28分)

ジョコら全試合が雨天順延 (8時00分)

波乱 ティーム初戦で姿消す (7時02分)

【順延】ジョコvsポスピシル (1時23分)

【順延】添田、伊藤、加藤 (1時22分)

6月27日

ナダル 全仏偉業の裏側に迫る (18時58分)

錦織 ウィンブルドンへ到着 (17時04分)

日本勢女子2選手 全英本戦狙う (14時45分)

昨年話題のどん底コーチに注目 (11時44分)

杉田祐一 2回戦はフェレール (10時52分)

大坂なおみ、尾崎里紗に完勝 (8時17分)

添田 2時間半超えの激闘制す (7時14分)

6月26日

伊藤竜馬、全英予選2回戦へ (22時01分)

【1ポイント速報】守屋宏紀vsラコ (19時20分)

錦織ら 日本勢の世界ランク (17時19分)

全英予選 日本男子は5選手 (14時55分)

約7年ぶりにタイトル獲得 (13時19分)

袖山穂菜美、上伊倉破り優勝 (11時54分)

高木凌、下村亮太朗破りV (11時45分)

錦織9位変わらず 世界ランク (10時57分)

山田悠理、川原舞下し優勝 (10時41分)

清水盾伎が在原迅人を破りV (10時36分)

強盗事件乗り越え 通算20勝目 (9時18分)

大逆転勝利 35歳ロペスがV (8時01分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る





テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!