- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコ「残念なお知らせ」

ノヴァーク・ジョコビッチ
欠場を発表したジョコビッチ
画像提供: ゲッティ イメージズ
男子テニスで世界ランク2位のN・ジョコビッチ(セルビア)は19日に自身のフェイスブックを更新し、22日から開幕するマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)を右肘の故障により欠場すると発表した。

「とても残念なお知らせを皆さんへ共有しなければいけない。ドクターから強く出場を反対されてしまった。なぜなら、ここ数カ月苦しめられている右肘の怪我が、この1週間でさらに悪化してしまった」と現状を説明したジョコビッチはマイアミ・オープンと相性が良く、2007・2011・2012・2014・2015・2016年にタイトルを獲得。

昨年は決勝で錦織圭を破り、3連覇と6度目の優勝を果たしていた。

ジョコビッチは「回復のために全力を尽くし、なるべく早くコートへ戻れるように出来る限りの治療を行う」と復帰へ意気込んだが「悲しいことに、マイアミでの連覇は出来なくなってしまった。皆さんと同じくらい今回の決断は自分にとってショックであるということを信じてもらいたい」と落胆した。

「マイアミでは信じられない成績を残していて、初めてマスターズ大会で優勝したのもマイアミだった。そこからランキングも世界の頂点へ上り始めていた」

「人々がスポーツで最も大きく最も辛い敗戦は対戦相手からではなく、怪我によるものだと言われている。幸いなことに、これまでのテニス人生はそれほど怪我をしてこなかったけど、そんな長年の肉体的な積み重ねが今になってあらわれたかもしれない」

19日まで開催されたBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)には4連覇と6度目の優勝を狙って出場したが、4回戦でN・キリオス(オーストラリア)にストレートで敗れた。この試合では1度もブレークチャンスを掴むことが出来なかった。

最後に「皆さんからの全ての愛情や応援には感謝している。自分を信じてくれてありがとう」と綴った。

前日には世界ランク1位のA・マレー(英国)も肘の怪我を理由に、マイアミ・オープンの欠場を表明していた。






■関連ニュース■ 

・錦織 ジョコより自身に危機感
・ジョコビッチ あわや失格処分
・ジョコビッチ 詳細明かさず
(2017年3月20日14時14分)

その他のニュース

7月21日

元世界1位 ズベレフのコーチに (17時01分)

逆転勝ちでツアー初4強 (15時38分)

第1シード 世界140位に敗れる (13時38分)

30本のエース放つも4強ならず (11時46分)

錦織ら 全米本戦出場者発表 (11時00分)

番狂わせ モンフィス初戦敗退 (8時10分)

2本のMPしのぎ逆転勝利 (7時12分)

7月20日

錦織 NBAスターと対面 (21時43分)

快進撃 二宮真琴の素顔に迫る (20時51分)

二宮真琴 快進撃の裏側明かす (17時32分)

錦織出場の大会にトップ2選手 (15時40分)

錦織 イベントにサプライズ登場 (10時59分)

全仏悲劇から復帰し8強 (10時02分)

世界4位コンタが東レ初参戦 (9時01分)

途中棄権 全仏OPの怪我響く (8時02分)

7月19日

伊達公子 逆転許し初戦敗退 (21時31分)

錦織 東京五輪へ意気込み (20時59分)

錦織「恥ずかしいの一言。笑」 (16時55分)

全米OP 賞金が過去最高額へ (15時59分)

プロ転向12年で通算200勝達成 (13時32分)

錦織 全米へ「しっかり準備」 (12時20分)

世界1位マレー 2年連続出場 (9時20分)

LLのチャンス活かし初戦突破 (8時26分)

今井慎太郎 初戦突破ならず (7時15分)

7月18日

39歳ハース 逆転許し初戦敗退 (22時06分)

全仏の悲劇から復帰へ (21時00分)

セリーナ 5年ぶりトップ10転落 (19時57分)

錦織14位後退 フェデラー確定 (16時56分)

伊藤竜馬 2回戦進出ならず (16時12分)

18歳が2時間半超の接戦制す (13時24分)

元1位 Vフェデラーを祝福 (10時55分)

第5シード、シモン初戦敗退 (10時26分)

準Vチリッチ「素晴らしい旅」 (9時02分)

プリスコバ 初の世界1位へ (7時58分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る





テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!