- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコビッチ 詳細明かさず

ノヴァーク・ジョコビッチ
全米会場で練習するジョコビッチ
画像提供: tennis365.net
テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は26日、男子シングルスに第1シードで出場するN・ジョコビッチ(セルビア)は、リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)直前に左手首を負傷していたことを公にした。

右利きのジョコビッチはバックハンドを両手で打つため、左手首は重要な役割。26日の会見では、連覇を目指す全米オープンが始まるまでに「100パーセントの状態に、かなり近付いている」と現状を語った。

12度グランドスラムを制しているジョコビッチは、今年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)の早期敗退は、怪我などの肉体的な要因が理由ではなかったと言う。

しかし「他のことを乗り越えなければならなかった」としか語らず、既に解決はしているとしながら、詳細を明かすことはなかった。

ウィンブルドンは3回戦で、当時世界ランク41位のS・クエリー(アメリカ)にまさかの敗戦を喫した。

現状を問われたジョコビッチは「まだ100パーセントとは言えない」と詳細を語らなかった。

リオデジャネイロ・オリンピックは初戦で、2009年の全米オープン覇者であるJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)に敗退。デル=ポトロは度重なる手首の怪我で大きくランキングを下げていた。

その後、初めて手首の怪我を公にしたジョコビッチは、全米オープン前哨戦であるW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)を欠場した。

全米オープンの1回戦では、2013年のウィンブルドンで4強入りしたJ・ヤノヴィッツ(ポーランド)と対戦する。

ヤノヴィッツはかつて世界ランク14位を記録したが、その後はスランプに陥った。現在は、世界ランク228位ながら、怪我などでツアー離脱した選手に適応されるプロテクト・ランキングを用いてのエントリーしている。

ジョコビッチは順当に勝ち上がると、準決勝で第4シードのR・ナダル(スペイン)と対戦する。ボトムハーフでは、第2シードのA・マレー(英国)と第3シードのS・ワウリンカ(スイス)が準決勝で顔を合わせる組み合わせ。

リオデジャネイロ・オリンピックで銀メダルを獲得したデル=ポトロは初戦を突破すると、2回戦で第19シードのS・ジョンソン(アメリカ)と対戦する。デル=ポトロは主催者推薦を受けての出場。

(STATS - AP)






■関連ニュース■ 

・錦織に惜敗ナダル 主審に抗議
・ナダル「錦織対策」貫き4強
・棄権ナダル「フォア打てない」
(2016年8月27日14時54分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!