- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 肘を気にする、4強逃す

錦織圭
大会初4強とはならなかった錦織
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)は17日、シングルス準々決勝が行われ、第4シードの錦織圭はファイナルセットの第3ゲームでサービスキープした時に右肘を気にする様子が見られた。その後はトレーナーを呼ばず試合を続けたが、第17シードのJ・ソック(アメリカ)に3-6, 6-2, 2-6のフルセットで敗れて大会初のベスト4進出とはならなかった。

>>BNPパリバ対戦表<<

この試合、序盤からミスを重ねてしまい流れに乗ることが出来ない錦織は、第2ゲームでいきなりブレークを許すと、その後もソックのサービスゲームを攻略することができず第1セットを落とす。

第2セットは徐々に調子を上げ、得意のストロークで試合の主導権を握る。ファーストサービスが入った時には87パーセントの確率でポイントを獲得し、ソックに1度もブレークチャンスを与えず、セットカウント1−1に追いついた。

ファイナルセットはネットプレーなど序盤から果敢に攻めたが、これを冷静に対処したソックに第1ゲームでブレークされてしまう。依然として試合の流れを掴めない錦織は、第5ゲームで再びブレークを許すと最後はリターンをネットにかけ、1時間48分で試合に終止符が打たれた。

今大会は第1シードのA・マレー(英国)、第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)らシード勢が早期敗退しており、錦織のマスターズ初優勝に追い風が吹いていたが、準々決勝で力尽きた。

今後は、22日に開幕するマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)に出場する予定。昨年のマイアミ・オープンでは決勝進出を果たしたが、ジョコビッチに敗れて惜しくも準優勝に終わった。

一方、マスターズ初のベスト4進出を果たした24歳のソックは、準決勝で第9シードのR・フェデラー(スイス)と対戦する。フェデラーは第15シードのN・キリオス(オーストラリア)が食中毒で棄権したため、労せず準々決勝に駒を進めた。






■関連ニュース■ 

・錦織 ジョコより自身に危機感
・錦織 会見遅れ「メシ食ってた」
・ラケット破壊のジョコ敗退
(2017年3月18日10時35分)

その他のニュース

7月21日

元世界1位 ズベレフのコーチに (17時01分)

逆転勝ちでツアー初4強 (15時38分)

第1シード 世界140位に敗れる (13時38分)

30本のエース放つも4強ならず (11時46分)

錦織ら 全米本戦出場者発表 (11時00分)

番狂わせ モンフィス初戦敗退 (8時10分)

2本のMPしのぎ逆転勝利 (7時12分)

7月20日

錦織 NBAスターと対面 (21時43分)

快進撃 二宮真琴の素顔に迫る (20時51分)

二宮真琴 快進撃の裏側明かす (17時32分)

錦織出場の大会にトップ2選手 (15時40分)

錦織 イベントにサプライズ登場 (10時59分)

全仏悲劇から復帰し8強 (10時02分)

世界4位コンタが東レ初参戦 (9時01分)

途中棄権 全仏OPの怪我響く (8時02分)

7月19日

伊達公子 逆転許し初戦敗退 (21時31分)

錦織 東京五輪へ意気込み (20時59分)

錦織「恥ずかしいの一言。笑」 (16時55分)

全米OP 賞金が過去最高額へ (15時59分)

プロ転向12年で通算200勝達成 (13時32分)

錦織 全米へ「しっかり準備」 (12時20分)

世界1位マレー 2年連続出場 (9時20分)

LLのチャンス活かし初戦突破 (8時26分)

今井慎太郎 初戦突破ならず (7時15分)

7月18日

39歳ハース 逆転許し初戦敗退 (22時06分)

全仏の悲劇から復帰へ (21時00分)

セリーナ 5年ぶりトップ10転落 (19時57分)

錦織14位後退 フェデラー確定 (16時56分)

伊藤竜馬 2回戦進出ならず (16時12分)

18歳が2時間半超の接戦制す (13時24分)

元1位 Vフェデラーを祝福 (10時55分)

第5シード、シモン初戦敗退 (10時26分)

準Vチリッチ「素晴らしい旅」 (9時02分)

プリスコバ 初の世界1位へ (7時58分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る





テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!