- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

西岡 大金星目前も一歩及ばず

男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)は15日、シングルス4回戦が行われ、世界ランク70位の西岡良仁は第3シードのS・ワウリンカ(スイス)に6-3, 3-6, 6-7 (4-7)の逆転で敗れた。大金星目前だったが、あと一歩及ばなかった。

>>錦織vsソック1ポイント速報<<

>>BNPパリバ対戦表<<

この日、四大大会を3度制している世界ランク3位のワウリンカから第1セットを先取する好スタートを切った西岡。第2セットはワウリンカに奪われセットカウント1−1に追いつかれるも、ファイナルセットは先にブレークに成功し、第10ゲームでサービング・フォー・ザ・マッチを迎える。

そのゲームでは15-30から32本のラリーを制して30-30に追いつき、勝利まであと2ポイントに迫ったが、ブレークバックを許してゲームカウント5−5とした。続く第11ゲームでは再び集中力を高めてワウリンカのサービスゲームを破り、第12ゲームで2度目のサービング・フォー・ザ・マッチのチャンスを掴む。

このゲームも30-30と勝利まで2ポイントとしたが、またもブレークバックをされ、タイブレークへ突入。ロブでワウリンカをベースラインに戻してドロップボレーを決めた西岡は観客を沸かせるプレーを披露したが、2時間13分で力尽きた。

トータルポイントは西岡の102に対し、ワウリンカは103と1ポイント差。アンフォースドエラーは西岡が29、ワウリンカは54だった。

今大会は予選で敗退したがラッキールーザーで本戦入りの幸運を活かした西岡は、2回戦で第19シードのI・カルロビッチ(クロアチア)、3回戦で第13シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)を破る快進撃でマスターズ初のベスト16進出を果たした。

今シーズンはアビエルト・メキシコ・テルセル(メキシコ/アカプルコ、ハード、ATP500)でR・ナダル(スペイン)と互角に打ち合うなどの活躍を見せている。

辛くも勝利したワウリンカは準々決勝で、第8シードのD・ティエムと第10シードのG・モンフィス(フランス)の勝者と対戦する。

同日に行われた4回戦では、第4シードの錦織圭が世界ランク60位のD・ヤング(アメリカ)に6-2, 6-4のストレートで勝利し、2年連続2度目のベスト8進出を果たした。準々決勝では、第17シードのJ・ソック(アメリカ)と対戦する。






■関連ニュース■ 

・西岡、錦織「超強かった」
・大逆転負けでラケット破壊
・西岡、驚異の追い上げで金星
(2017年3月16日15時57分)




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!