- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

内山靖崇、日本に貴重な勝利

男子テニスの国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ1回戦 日本対フランス(日本/東京、ハード)は最終日の5日、シングルス第2試合で内山靖崇が気迫あるプレーを見せ、貴重な1勝をあげて幕が下りた。

>>デ杯 WG対戦表<<

初日にダニエル太郎西岡良仁、2日目には杉田祐一/ 内山組が敗れ、日本は最終日のシングルス2試合を残して1回戦敗退が決定していた。

そして、最終日のシングルス第1試合で西岡はN・マウー(フランス)と対戦したが、左腕の負傷により途中棄権を余儀なくされた。

この重い空気を打ち破ったのが内山だった。日本の敗退は決まっていたが、この日サービスが好調の内山はPH・エルベール(フランス)に対し、第1セットでファーストサービスが入った時に80パーセント、セカンドサービスの時には100パーセントの確率でポイントを獲得。

その勢いは第2セットに入っても衰えず、試合を通してエルベールに1度もブレークチャンスを与えず、見事勝利を手にした。

内山は自身のツイッターで「チームの敗戦は本当に悔しかったですが、最後にシングルスに出るチャンスを貰って勝てて良かったです」と手応えを得ていた。

エースの錦織圭が欠場、さらにR・ガスケ(フランス)ら強豪のフランスに1勝4敗と課題を残した日本は、9月のプレーオフ(入れ替え戦)でワールドグループ残留をかけて戦う。

日本とフランスの組み合わせは、以下の通り。

【大会1日目】
・シングルス第1試合:ダニエル太郎 2-6, 3-6, 2-6 R・ガスケ
・シングルス第2試合:西岡良仁 3-6, 3-6, 4-6 G・シモン(フランス)

【大会2日目】
・ダブルス第1試合:杉田祐一/ 内山靖崇 3-6, 4-6, 4-6 PH・エルベール/ N・マウー

【大会3日目】
・シングルス第1試合:西岡良仁 1-6, 1-1 ret N・マウー
・シングルス第2試合:内山靖崇 6-4, 6-4 PH・エルベール

デビスカップは、初日に各国1位の選手と2位の選手によるシングルスをそれぞれ行う。2日目にダブルス1試合、最終日の3日目は両国1位と2位同士のシングルス2試合の合計5試合が行われ、3勝した国が勝利する。






■関連ニュース■ 

・内山靖崇 第1シード撃破
・西岡、錦織「超強かった」
・ダニエル太郎 中国で事故に遭う
(2017年2月5日20時47分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!