- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】セリーナ優勝 偉業達成

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は28日、女子シングルス決勝戦が行われ、第2シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)が姉である第13シードのV・ウィリアムズ(アメリカ)を6-4, 6-4のストレートで下して2年ぶり7度目の優勝を果たした。さらに、S・グラフ(ドイツ)を抜く四大大会史上最多23勝目の偉業を成し遂げると同時に、世界ランク1位返り咲きが確定した。

>>フェデラーvsナダル 1ポイント速報<<

>>全豪OP 対戦表<<

この試合、第1セットの第1ゲームから早くもセリーナのブレークで始まるが、すぐにヴィーナスにブレークバックを許す。第3ゲームではセリーナがラケットを折る場面も見られたが、鋭いフォアハンドウィナーを決めるなどで第1セットを先取。

その後、第2セットでは両者サービスキープが続く中、第7ゲームでブレークに成功し、ヴィーナスの反撃を許さず勝利を手にした。

35歳のセリーナは、今大会1回戦でB・ベンチッチ(スイス)、2回戦でL・サファロバ(チェコ共和国)、3回戦でN・ギブズ(アメリカ)、4回戦で第16シードのB・ストリツォワ(チェコ共和国)、準々決勝で第9シードのJ・コンタ(英国)、準決勝でM・ルチッチ=バーロニ(クロアチア)をいずれもストレートで下しての勝ち上がりだった。

また今大会で優勝したことにより、セリーナは大会後に発表される世界ランキングでA・ケルバー(ドイツ)を抜き、世界ランク1位へ浮上することが決まった。

一方、惜しくも準優勝となった姉のヴィーナスは、全豪オープン初優勝とはならなかった。

今大会は1セットも落とすことなく4強入りし、準決勝で25歳のC・バンデウェイ(アメリカ)を6-7 (3-7), 6-2, 6-3の逆転で下して14年ぶり2度目の決勝へ駒を進めていた。






■関連ニュース■ 

・セリーナ 元天才少女下しV王手
・セリーナ 世界1位から転落
・セリーナ敗退でチケット暴落
(2017年1月28日19時01分)

その他のニュース

11月17日

【告知】ティームvsチチパス (20時02分)

フェデラー「今シーズン満足」 (16時59分)

チチパス決勝へ「夢が叶った」 (15時28分)

元世界4位ベルディヒ引退 (11時09分)

フェデラー「素晴らしい選手」 (10時05分)

ティーム 最終戦初の決勝へ (7時30分)

フェデラー 決勝進出ならず (1時19分)

【1ポイント速報】ATP最終戦の準決勝 (1時00分)

11月16日

ジョコとナダルの敗退に驚き (15時36分)

雄叫びズベレフ 決勝T進出 (13時01分)

ナダル「苦労たくさんあった」 (12時05分)

ナダル「できる限り全てやった」 (11時44分)

ナダル 2勝1敗で予選敗退 (7時59分)

11月15日

【1ポイント速報】ATP最終戦 予選RR (19時33分)

日比野と奈良は4強ならず (19時28分)

ブライアン兄弟 全米で引退 (18時49分)

ティーム破り最終戦初勝利 (16時48分)

フェデラー「戦術明確だった」 (12時16分)

ジョコ、フェデラーに脱帽 (11時10分)

ナダル 最年長の年間最終1位 (10時39分)

フェデラー「完璧に機能」 (7時26分)

フェデラー決勝Tへ ジョコ撃破 (6時46分)

11月14日

奈良ら安藤証券OP8強へ (20時40分)

松田絵理香 全豪JrWC獲得 (20時08分)

「ほぼ負け」からナダル勝利 (12時16分)

「本当に悪かった」とズベレフ (11時31分)

チチパス圧勝、決勝Tへ進出 (10時48分)

ナダル 崖っぷちから大逆転勝利 (7時16分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!