- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】セリーナ優勝 偉業達成

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は28日、女子シングルス決勝戦が行われ、第2シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)が姉である第13シードのV・ウィリアムズ(アメリカ)を6-4, 6-4のストレートで下して2年ぶり7度目の優勝を果たした。さらに、S・グラフ(ドイツ)を抜く四大大会史上最多23勝目の偉業を成し遂げると同時に、世界ランク1位返り咲きが確定した。

>>フェデラーvsナダル 1ポイント速報<<

>>全豪OP 対戦表<<

この試合、第1セットの第1ゲームから早くもセリーナのブレークで始まるが、すぐにヴィーナスにブレークバックを許す。第3ゲームではセリーナがラケットを折る場面も見られたが、鋭いフォアハンドウィナーを決めるなどで第1セットを先取。

その後、第2セットでは両者サービスキープが続く中、第7ゲームでブレークに成功し、ヴィーナスの反撃を許さず勝利を手にした。

35歳のセリーナは、今大会1回戦でB・ベンチッチ(スイス)、2回戦でL・サファロバ(チェコ共和国)、3回戦でN・ギブズ(アメリカ)、4回戦で第16シードのB・ストリツォワ(チェコ共和国)、準々決勝で第9シードのJ・コンタ(英国)、準決勝でM・ルチッチ=バーロニ(クロアチア)をいずれもストレートで下しての勝ち上がりだった。

また今大会で優勝したことにより、セリーナは大会後に発表される世界ランキングでA・ケルバー(ドイツ)を抜き、世界ランク1位へ浮上することが決まった。

一方、惜しくも準優勝となった姉のヴィーナスは、全豪オープン初優勝とはならなかった。

今大会は1セットも落とすことなく4強入りし、準決勝で25歳のC・バンデウェイ(アメリカ)を6-7 (3-7), 6-2, 6-3の逆転で下して14年ぶり2度目の決勝へ駒を進めていた。






■関連ニュース■ 

・セリーナ 元天才少女下しV王手
・セリーナ 世界1位から転落
・セリーナ敗退でチケット暴落
(2017年1月28日19時01分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!