- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダルとフェデラーの復活か

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で、近年の男子テニス界を支配している第1シードのA・マレー(英国)と第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が早期敗退する大波乱が起き、既に大会から姿を消した。そんな中、第9シードのR・ナダル(スペイン)と第17シードのR・フェデラー(スイス)の元王者2人が、かつての輝きを取り戻してきている。

>>フェデラーvsワウリンカ 1ポイント速報<<

>>全豪OP 対戦表<<

大会4日目の19日に誰も予想していなかった大波乱が起きた。

3連覇と7度目の優勝を狙っていたジョコビッチが世界ランク117位のD・イストミン(ウズベキスタン)に、まさかの敗戦。

ジョコビッチが全豪オープンで3回戦を前に敗れるのは、初戦敗退を喫した2006年以来11年ぶり。四大大会の2回戦敗退は、M・サフィン(ロシア)に敗れた2008年のウインブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)以来9年ぶりの波乱となった。

大番狂わせは、これだけに終わらなかった。大会7日目の22日、次は王者マレーがノーシードから勝ち上がって来た世界ランク50位のM・ズベレフ(ドイツ)のネットプレーに屈し、4回戦敗退。

マレーが全豪オープンでベスト8を前に敗退するのは2009年以来8年ぶり。さらに四大大会でノーシードの選手に敗れるのは、2008年の全豪オープンで当時世界ランク38位だったJW・ツォンガ(フランス)に敗れた時以来、9年ぶりだった。

2015・2016年の全豪オープン・ファイナリストである2人が消えた今、ベスト4に残ったのは、これまで男子テニス界の黄金時代を築いてきたナダルとフェデラー、さらに2014年覇者で第4シードのS・ワウリンカ(スイス)、復活の兆しを見せる第15シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)の4人。

もしナダルとフェデラーが決勝進出を果たすと、両者が対戦するは2015年のスイス・インドア(スイス/バーゼル、室内ハード、ATP500)決勝以来。これまでは34度対戦し、ナダルが23勝11敗と勝ち越している。

2009年の全豪王者であるナダルは準々決勝で、世界1位に君臨していた時を彷彿とさせるパッシングショットなどを決めて第3シードのM・ラオニッチ(カナダ)をストレートで振り切り、四大大会で2014年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)以来となる4強入りを果たした。

膝の怪我から復帰し、四大大会歴代最多17勝を誇るフェデラーは、3回戦で第10シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)に快勝、4回戦では第5シードの錦織圭をフルセットで撃破。準々決勝ではマレーを破ったズベレフにストレート勝ちし、2年連続13度目のベスト4進出を決めた。

黄金時代の再来を予感させるナダルはディミトロフ、フェデラーはワウリンカと準決勝で対戦する。






■関連ニュース■ 

・フェデラーとワウリンカの関係
・フェデラー「圭は素晴らしい」
・フェデラー 錦織絶賛「素早い」
(2017年1月26日11時07分)

その他のニュース

7月20日

ブシャール 接戦制し8強 (13時24分)

連覇狙うルブレフ 8強入り (12時25分)

結婚発表 世界9位プリスコバ (11時04分)

フェレール 連覇の夢消える (7時38分)

7月19日

地元V狙うブザルネスク8強 (23時25分)

テニスが変わるレッスンとは (19時07分)

ジョコ時代終焉払拭の復活V (15時45分)

チェッキナートは辛勝で8強 (14時00分)

ジョコ復活記念キャンペーン (12時30分)

839位マレー 次戦はシティOP (11時43分)

シード勢 早期敗退が相次ぐ (10時52分)

7月18日

シュワルツマン 初戦敗退 (22時22分)

東レ2018にトップ10から3選手 (19時48分)

連覇狙うフェレール 初戦突破 (19時32分)

全米OP 賞金総額59億円に (18時34分)

錦織 チャンとエキシビション出場 (17時51分)

NextGen最終戦ランキング (16時05分)

ベルダスコ 3年連続の2回戦へ (14時00分)

最終戦ランク 錦織トップ10へ (11時01分)

アンダーソン 自己最高位更新 (10時01分)

7月17日

メイヤー 2年連続初戦敗退 (19時11分)

土居美咲 ホノルル複でV (18時34分)

藤原里華、複でブシャール撃破 (17時28分)

ダニエル 逆転で敗れ初戦敗退 (16時21分)

守屋宏紀 CH初戦突破ならず (14時00分)

セリーナ 153位のランクアップ (11時00分)

大坂18位 日本勢世界ランク (10時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!