- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

吉崎アナ 錦織の活躍が刺激に

吉崎仁康
インタビューに応じた吉崎仁康氏
画像提供: tennis365.net
テニスのグランドスラム実況やイベントなどで司会を務めるフリーアナウンサーの吉崎仁康氏が21日、tennis365.netの独占インタビューに応じ、今季の日本人選手の活躍について振り返った。

開口一番に「錦織選手はさらに世界のトップ選手に存在感を強烈に植えつけた1年だった」と男子テニスで世界ランク5位の錦織圭について語り始めた吉崎氏。

「錦織って四大大会のベスト8、4は当然くる選手、他の選手からすると対錦織で、名前で負けちゃうような存在になった」

今シーズン、錦織はリオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)で日本勢96年ぶりの銅メダルを獲得、全米オープンではA・マレー(英国)を下して2年ぶり2度目の準決勝進出を果たした。1年を通して大きな怪我もなく、J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)R・ナダル(スペイン)S・ワウリンカ(スイス)ら強敵から勝利を挙げるなど、好調なシーズンを送ったと言える。





しかし、裏を返すと来シーズン以降は今年以上の結果が求められるようになる。これについて吉崎氏も「ずっとトップ5にいるというのがあまり驚かなくなった。普通になった。それはすごいことだけど、これからは四大大会決勝、トップ3が求められる」と述べた。

「グランドスラム決勝の舞台には近いうちに立てると思います。これは運とタイミングが求められる。できれば第4シードがいい。第5シードだと準々決勝でマレー、N・ジョコビッチ(セルビア)に当たってしまうので。2年前に決勝にいった時は、自分のテニスができなくてM・チリッチ(クロアチア)に負けてしまった。その経験があるので、次に決勝へいった時は、自分のテニスができれば悲願のグランドスラム制覇ができる」と初の四大大会制覇に期待を寄せた。

西岡良仁ダニエル太郎杉田祐一ら錦織以外の選手についても「錦織選手がトップ10でやっているので、全体が引き上げられる。最近ランキングをみていると杉田選手、添田選手、伊藤竜馬選手が100位台前半に入ってきているので、うまくいくとトップ100に4、5人はいけると思う。錦織が世界の扉を開いて、みんなが刺激しあってという成果が出てくる」と分析した。

続いて、女子について話した吉崎氏は、特に期待を寄せる大坂なおみについて「2017年シーズン、四大大会ベスト8は普通にいくと思う。トップ20になって、四大大会ベスト8は夢ではないと思う。それくらいのポテンシャルがあるのに、まだ全部出していない状態。まだ成長過程」とコメント。

2016年に大坂は、全豪オープン(オーストラリア/ メルボルン、ハード、グランドスラム)、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム) のグランドスラム3大会で3回戦進出、9月の東レ パン パシフィック オープンテニス(東京/有明コロシアム、ハード、 WTAプレミア)では自身初のWTAツアー決勝進出を果たした。さらに10月には日本人初となるWTAニューカマー・オブ・ザ・イヤー(最優秀新人賞)を受賞した。





日本男子テニス界と同様に、1人の活躍が他の選手にとって刺激になると吉崎氏。

「それに刺激されて土居美咲選手、奈良くるみ選手、日比野菜緒選手、尾崎里紗選手もトップ100入り、全豪ストレートインを決めた。女子も5、6人トップ100入って、男女で10人以上がトップ100入りする(可能性がある)」と語った。

最後に「早速、2017年の全豪オープンで日本旋風がまき起きても、おかしくないと思う」と締めくくった。






■関連ニュース■ 

・錦織ら全豪ストレートイン
・錦織 羽生結弦ら抑え1位に
・大坂なおみ「トップ20を」
(2016年12月24日19時33分)

その他のニュース

2月20日

フェデラー 右ひざを手術 (21時53分)

ジョコがファンと路上テニス (17時52分)

ハレプ MP凌ぎ逆転で8強へ (16時58分)

16歳アルカラス 8強ならず (15時48分)

二宮真琴組 惜敗で8強ならず (14時54分)

MP2本凌ぎ逆転で激闘制す (13時44分)

綿貫陽介 CH辛勝で3回戦へ (12時23分)

西岡良仁8強 完勝は「救い」 (11時33分)

快勝で8強入り 連覇へ前進 (10時50分)

西岡 準々決勝は18歳ナカシマ (8時50分)

西岡良仁 圧勝で5年ぶりの8強へ (5時29分)

2月19日

ウィルス影響 中国がデ杯欠場 (18時09分)

前週V 青山/柴原組は初戦敗退 (16時47分)

18歳シナー、メドヴェデフ戦へ (15時11分)

勝利で涙のソック「過酷だった」 (13時32分)

全豪女王が初戦敗退「失望」 (12時38分)

341位に苦戦もティーム勝利 (11時37分)

キリオス 手首負傷で棄権 (10時52分)

【中止】キリオスvsポール (9時21分)

2月18日

16歳新星、深夜3時の激闘制す (18時56分)

クレーで初のチャレンジ導入 (16時55分)

ガスケ撃破 21歳が熱戦制す (16時46分)

韓国クォン 逆転で初戦突破 (16時00分)

ナカシマ、ツアー本戦初勝利 (15時09分)

主審に激怒、荒れた試合展開に (12時26分)

二宮組 ハレプ組破り初戦突破 (11時45分)

元世界1位 現役復帰戦は黒星 (11時40分)

錦織30位 綿貫ジャンプアップ (11時02分)

西岡良仁 3年ぶりに初戦突破 (10時05分)

【1ポイント速報】西岡vsミルマン (8時10分)

内山 デルレイビーチ初戦敗退 (8時00分)

2月17日

膝の痛みでサングレン欠場へ (19時05分)

ティーム全豪は「地獄の2週間」 (18時05分)

チチパス 今季初Vと連覇狙う (17時02分)

青山/ 柴原V キャリア3勝目 (16時57分)

初Vエドモンド「大きな意味」 (15時13分)

完勝で2連覇「本当に幸せ」 (14時20分)

大坂なおみ 変わらず10位 (11時14分)

錦織 世界ランク30位へ後退 (9時26分)

綿貫陽介 決勝で敗れ準V (6時36分)

モンフィス連覇 2週連続V (6時14分)

21歳ルードがツアー初V (5時54分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!