- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

スタン、ジョコへ「君のお陰」

ノヴァーク・ジョコビッチ/スタン・ワウリンカ
(左から)ワウリンカとジョコビッチ
画像提供: tennis365.net
テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は11日、男子シングルス決勝戦が行われ、第3シードのS・ワウリンカ(スイス)が第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)を6-7 (1-7), 6-4, 7-5, 6-3の逆転で下し、大会初優勝と同時に四大大会3度目のタイトルを獲得した。

>>全米オープン対戦表<<

今大会、ここまでの勝ち上がりで見せた人差し指でこめかみを押さえる仕草を、この日の決勝戦で何度も見せた31歳のワウリンカは、1970年に35歳で優勝したK・ローズウォール(オーストラリア)以来となる最年長でのチャンピオンとなった。

決勝までの6試合、ワウリンカの試合時間はジョコビッチのほぼ倍で、ワウリンカの約18時間に対してジョコビッチは約9時間だった。

「この2週間、本当に多くのプレーをしてきた。今は脱け殻になっている」と優勝スピーチで語っていた。

第2セットも第3セットも、最後のゲームでブレークしてセットを取ったワウリンカ。この日はジョコビッチに握られた17度のブレークポイントを14度もしのぐ粘り強さを見せた。

第4セットでジョコビッチは、コートチェンジではないが、チェアへ戻るとトレーナーを要求。シューズと靴下を脱ぎ、つま先のマメの処置を受けていた。それに不満のワウリンカへ、ジョコビッチはその後に謝罪する一幕もあった。

対戦成績はワウリンカから5勝19敗。しかし、グランドスラム優勝の時はいずれもジョコビッチを退けていた。2014年の全豪オープン準々決勝、2015年の全仏オープン決勝戦、そして今回の全米オープン決勝戦で勝利を手にした。

ジョコビッチはワウリンカを「大舞台の選手」と称していた。そんなワウリンカは、これまでは同胞で親交の厚いR・フェデラー(スイス)の偉大さの影に隠れていることが多かった。ワウリンカは28歳にして、自身35度目の出場となったグランドスラムで初めて準決勝進出を果たしていた。

そんなワウリンカも、今では決勝戦で11大会連続で勝利を飾るまでになり、グランドスラムの決勝戦では3勝0敗。

ワウリンカは特に大きな大会で勝ち上がると、調子を上げるプレーを見せている。今大会でも1週目で敗退する危機に直面していた。

3回戦ではD・エヴァンス(英国)にマッチポイントを握られていたが、それを切り抜けるとフルセットで辛うじて勝利を飾っていた。

ワウリンカは表彰式で、ジョコビッチに対して「素晴らしいチャンピオンであり、素晴らしい人間でもある。君のお陰で今ここにいるし、今の自分がある。もう何年もお互いのことを知っているし、何年も練習する機会に恵まれた。そして大きな舞台で何度も戦うことが出来た」とコメント。

それに応えるようにジョコビッチはワウリンカの肩に腕を回し、この日の勝者を称賛する姿勢を見せた。

(STATS - AP)






■関連ニュース■ 

・ジョコ戦のモンフィスに非難
・錦織破ったスタン 逆転時の心境
・涙デルポ「一生忘れない」
(2016年9月12日22時48分)

その他のニュース

7月20日

ガスケ 激闘の末に4強ならず (10時48分)

イズナー 逆転で5度目の4強 (10時08分)

7月19日

全米賞金GS史上最高額に (15時19分)

第1シードは2回戦で敗退 (12時31分)

世界121位に苦戦もガスケ8強 (11時15分)

ニューポートは雨で順延 (11時00分)

地元チョリッチは初戦敗退 (7時08分)

7月18日

ジョコ 初Vハレプを称賛 (21時56分)

元世界4位ガルシア 8強逃す (21時40分)

「毎試合良くなっている」 (20時52分)

フォニーニ 体調不良で途中棄権 (19時57分)

HEAD GRAVITY販売 (17時30分)

大坂ら 全米OP出場予定選手 (17時01分)

好調の21歳アンベール 8強へ (15時59分)

内山 綿貫破りCH初戦突破 (15時09分)

松井俊英が現役最年長ランクイン (12時39分)

ティームら ハンブルグ出場一覧 (11時06分)

同国対決制し8強 ベルダスコ撃破 (9時11分)

イズナー 25本エースで初戦突破 (7時36分)

7月17日

ゲルゲス 手首負傷で途中棄権 (21時29分)

3時間の死闘の末に逆転勝ち (20時19分)

大坂なおみ「自分が幸運」 (18時58分)

守屋、綿貫がCH初戦突破 (17時09分)

ダニエル太郎 初の2回戦ならず (15時44分)

「とても興奮」シード撃破で16強 (13時13分)

大坂 最終戦ランク6位に後退 (11時12分)

イズナー「長い間動けなかった」 (9時25分)

23歳ジャリー 初戦突破で16強 (7時53分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!